「スタング人喰い巨大蜂の襲来」のネタバレあらすじと結末の感想

スタング 人喰い巨大蜂の襲来の紹介:2015年製作のアメリカ映画。「武器人間」の制作会社・XYZ FILMSが手掛けたパニックホラー。ホームパーティーが巨大スズメバチの大群に襲われ地獄と化す。出演は「タイムシャッフル」のマット・オリアリー、「IQ スプレマシー」のランス・ヘンリクセン。監督は、本作が初の長編監督作品となるベニ・ディエズ。

予告動画

スタング人喰い巨大蜂の襲来の主な出演者

ポール(マット・オリアリー)、シドニー・パーチ(クリフトン・コリンズ・JR)、カルザース市長(ランス・ヘンリクセン)、ジュリア(ジェシカ・クック)、フローラ(セシリア・ピラド)、パーチ夫人(イブ・スラトナー)、ラリー(ダニエル・リッゾ)

スタング人喰い巨大蜂の襲来のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ケータリングサービスの仕事をするポールは、同じ職場の経営者・ジュリアのことが好きだが、異性としてなかなか認めてもらえない。パーティーの設営を頼まれて行った2人は、屋敷で巨大化したハチに襲われる。 ②ポールはライフガードの経験を生かして奮闘するも、巨大女王蜂に攻撃されて深手を負う。ジュリアが善戦して館に巣食ったハチを全滅させるが、ハチはウシに寄生して巨大ウシバチができていた。

【起】- スタング人喰い巨大蜂の襲来のあらすじ1

アメリカ、針葉樹が多く茂るエリア。
ミツバチをクロアナバチ(体長2~3cm、土の中に巣を作り、獲物に毒針で麻酔をかけ捕獲して巣に引き込み、これに産卵するという珍しい生態を持つ。孵化後は獲物が幼虫の食料となる)が飛び、ミツバチを刺しました。
そのハチは山の中の屋敷の庭にある巣に、ミツバチを連れて行きます。
…〝カントリー・ケータリング〟の白いバンを運転する若い男性・ポールは、助手席に座る若い女性経営者・ジュリアのことが好きです。ところがジュリアはポールを恋愛対象として見てくれません。
ポールは必死でアタックしますが、父を亡くして仕事を継いだばかりのジュリアは仕事のことで頭がいっぱいで、ポールを適度にいなしてリストチェックの仕事をします。
ポールとジュリアは草原の奥にある、広大な屋敷に行きました。その館はパーチ家のもので、同じ市内の親族や友人たちを招いて、年に1度パーティーをするのです。ポールとジュリアはそのパーティーの会場設営のために呼ばれていました。
ジュリアは屋敷の使用人の中年女性・フローラと懇意にしており、今回の仕事もフローラに紹介してもらいました。早速、ポールは広い庭にテーブルや椅子を並べる準備をします。
パーティーのスタッフには、ほかにオルガン担当の黒髪男性・ラリーがいました。またポールは屋敷の息子シドニー・パーチとも会います。シドニーは猫背の眼鏡をかけた長髪男性でした。
ポールは会場に大きなハチを見つけ、よけて転倒して右ひざを怪我しました。ジュリアにハチのことを報告して「アレルギーの人がいたらいけない」と警戒を促しますが、ジュリアはスルーします。
そのハチは、シドニーが作った特殊な肥料で巨大化していました。さらにミツバチを餌にして孵化したハチはもっと巨大化します。
夜になり、パーティーが始まりました。招待客は何十人もおり、賑やかな雰囲気を醸し出しています。
カルザース市長が料理を気に入り、ジュリアに名刺をくれと頼みました。来月、再出馬パーティーを開くから、その時にはぜひ頼むとジュリアに言います。
ジュリアは認められて光栄に思いました。豚料理を手に持ったカルザース市長は、次の瞬間それを奪われたのですが気づきません。奪ったのは巨大化したハチでした。
初老のおしゃれな女性・パーチ夫人に促され、息子のシドニーが参加者に挨拶します。パーティーはシドニーの亡き父のために毎年開くものでした。
そのあいさつの最中に、人々をハチが襲い始めます。

【承】- スタング人喰い巨大蜂の襲来のあらすじ2

ハチが大きすぎたので、最初はそれと分かりづらい状態でした。ポールがテーブルの上に止まった黒いハチを皿で叩くと、ハチは死にましたがねばーっとした粘液が皿につきます。
何かに刺されたと言った男性が、倒れて暴れ出しました。アナフィラキシーショックかとみんなは男性を取り巻きますが、何も動きません。ポールが「救急車の手配を頼む」と言うと、白いテーブルクロスで即席の担架を作って男性を包み、運ぼうとします。
その次の瞬間、庭にあった穴から大量のハチが出てきて、人々を一斉に襲い始めました。人々はパニックに陥り、誰も救急車を呼べません。ポールがみんなに「早く家の中へ避難しろ」と言うと、慌てて移動しました。
ポールに色仕掛けをした金髪の女性が、左目を刺されました。慌てて叩きつぶしますが、粘液がついて悲鳴を上げます。軟派な産婦人科医の男性も刺されました。
そのうち最初に刺された男性が変化し始めます。顔がぶくぶくと腫れていたのでアナフィラキシーショックだと思ったのですが、違っていました。男性の中から、巨大なハチが出てきます。
ハチは人間に卵を生みつけたのでした。その結果、人間よりも大きなハチが、人間の体内で孵り芋虫を経て、羽化して人間の中から出てきます。
ポールはジュリアを白いテーブルクロスでかばいます。
左目を刺された女性の口から二本の触角が出てきて、そのまま女性を割って大きなハチが出てきました。
目の前で女性から巨大なハチが出てくるのを見たポールとジュリアは、驚きます。この時、ポールはポケットから車のキーを庭に落としたのですが、気づきませんでした。
巨大バチがポールを襲い始め、ジュリアがハチにテーブルクロスをかけて蹴ります。
館の入り口にいた使用人・フローラが巨大バチに襲われそうになりましたが、パーチ家の白い犬・パーシーの吠え声でハチの気がそれ、助かりました。ハチはパーシーを追っていきます。
キッチンに避難できた人数はわずかでした。パーチ夫人と息子・シドニー、カルザース市長と使用人・フローラ、ポールとジュリアです。
ポールは助けを呼ぼうとしますが、携帯電話は圏外でした。家の固定電話は書斎にあります。
救急車を呼びたいので、ポールとジュリアは電話のある書斎までシドニーに案内してもらいました。
ところが…電話をかけても繋がりません。外を見ると巨大化したハチが電柱を倒し、電話線が切れていました。
オルガン演奏者のラリーが窓ガラス越しに現れ、入れてくれとガラスを叩きます。ラリーは巨大バチに追われていました。

【転】- スタング人喰い巨大蜂の襲来のあらすじ3

一瞬ポールとジュリアがためらっているうちに、ラリーは挟みうちにされて刺されて死にます。
キッチンから悲鳴がしたので急いで戻ると、ひそかに刺されていたようで、パーチ夫人が超巨大女王蜂に変身しているところでした。ポールたちは部屋の人を避難させますが、使用人のフローラがドア越しに左目を刺されます。
続けてポールがドア越しに首根っこを押さえつけられますが、ジュリアが包丁を差し込んで助けました。シドニーは「殺人バチだ」と言います。
ハチは瞬く間に増えて館の中にもなだれこみました。シドニーの案内で、地下室へ移動します。
ポールとジュリアとシドニーとカルザース市長だけになりました。地下室にはワイン蔵があり、飲みたいと言った市長にポールは靴を使ってワインを開け(これでワインオープナーがなくてもワインのコルクを抜ける)渡します(開け方:靴の底にボトルの底を重ね、壁に激しく叩きつける、そうすると衝撃が伝わってコルクが抜ける)。
市長はなぜ機敏に行動できるのか質問し、ライフガードの経験があるとポールは答えました。
ポールは市長にジュリアへの恋愛悩み相談をし、市長は慰めます。ジュリアも来て1本のワインを3人で回し飲みしました。ポールはジュリアに「ハチが好きな映画は?」というクイズを出します。
その頃シドニーは両親への恨みごとばかり言っていました。猫背の発達障害があるシドニーは両親から嫌われて、昔から公の場から隠され、父の死後やっと最近になってパーティーなどに参加できるようになったとぶつぶつ言います。
そのシドニーは、ひそかに肩を刺されていました。左肩の静脈が浮き出て、肩のところが動きます。
なぜハチが巨大化したのかという話題になり、シドニーが「突然変異だ」と言いました。シドニーは庭園用に特別な肥料を作ったのだそうです。
市販の肥料に、父の会社で余った成長ホルモンを混ぜたらしく、それでハチが急激に発達したのだろうと言いました。
ポールは車で逃げようと考えますが、ポケットにキーがないことに気づきます。庭に落とした可能性が高いと思い、ポールは探しに行くと言い出すと、先ほどのクイズの答え(ハチが好きな映画)は「B級映画(ハチ=Beeだから)」と言って裏庭に出ます。
庭に落ちていたアイスピックを武器として持ち、テーブルに隠れながらポールは探し始めました。鍵を見つけますが、拾った先に白い犬・パーシーの姿があります。

【結】- スタング人喰い巨大蜂の襲来のあらすじ4

パーシーも刺されており、人間のよりは少し小さいものの、やはり大きくなったハチと遭遇しました。襲いかかられたポールはアイスピックを何度も刺して退治します。
ところがこの戦闘の声を聞いて、周囲のハチが集まってきました。ポールはダッシュで地下室に戻ります。
地下室ではシドニーがハチと身体を共有していました。左肩からハチの頭部が生えたシドニーは巨大女王蜂の味方になり、ポール、ジュリア、カルザース市長にハチの卵をうみつけようと考えます。
1階の邸内に移動した3人は扉を開けようとしますが、市長が暖炉に引き込まれて刺されました。市長はシャベルで応戦しつつ、ポールとジュリアを逃がして消火器をハチに入れ、粉じん爆発させます。
外に出た2人は樹木に隠れながら移動しますが、巨大女王蜂が飛来してポールの肩を刺しました。刺しましたが、針は貫通したので毒や卵は入りません。ジュリアはイスの足でぐさぐさ刺しますが、女王蜂は大きいので歯が立ちません。ジュリアは弾き飛ばされて気絶し、ポールは意識がもうろうとしました。
朝になります。館にはハチの巣が着々とできていました。シドニーが女王蜂の生んだ芋虫を持ってきて、ポールに寄生させようとします。
シドニーの姿を見てレンガの横に隠れたジュリアは、電気ドリルでシドニーを攻撃して倒しました。女王蜂にもドリルで威嚇すると、ポールの拘束を解いて芋虫を人質にして逃亡します。
ジュリアは逃亡する途中でガス管を切り、ガス漏れを起こします。芋虫も捨ててポールを車に乗せると、パーティーで使う予定だった固形燃料(食料を温めるつもりだった)に火をともし、固形燃料をたくさん置いてある場所に投げました。
大爆発が起き、館は炎上して巨大バチは全滅します。
巨大女王蜂が火だるまの状態で車を追ってきました。ジュリアは肘鉄で落としますが、女王蜂は車の上に乗ります。急ブレーキをかけて落としますが、女王蜂はボンネットにしがみついていました。
そのまま窓ガラスを突き破る女王蜂の頭部を掴むと、ジュリアはアクセルを踏みます。車は道路わきの樹木に衝突し、女王蜂は今度こそ息絶えました。
救急隊と警察がやってきます。ポールとジュリアは救急車に乗せられ、手当てを受けました。どちらからともなくキスを交わし、そのまま倒れ込みます。
聴取をしようとやってきた隊員がそれを見て、気を利かせて救急車の後方扉を閉めました。
若い警官がおっかなびっくり、車両の前方の巨大女王蜂に近づいた時、上から牛の頭が落ちてきます…。
…ポールとジュリアは外の騒ぎを聞き、救急車の扉を開けました。すると、牛に寄生して巨大化したハチ(ホルスタイン柄になっている)が大量発生し、空を飛んでいくところでした。

みんなの感想

ライターの感想

少しだけ『エイリアン』っぽい香りがする。
B級映画にしては良くできているほうだと思う。サービス精神も旺盛で、これぞとばかりによく見せてくれ、最後までオチをつけてくれる。
その前段階で小型犬に寄生したバージョンを見ているので「もしや」と思ったら。でも、ホルスタイン柄のハチって面白かった。
予告動画でやたらハチが赤いのは、人間の身体をつきやぶって出て来ているから「人肉がまじりーの」バージョン。
巨大女王蜂、迫力ある。展開としては古いパニック映画なんだけど、それを上手に演出してた。
ちなみに…虫が嫌いな私には、最後まで鳥肌ものの一品でした…夢に出てきそう。

映画の感想を投稿する

映画「スタング人喰い巨大蜂の襲来」の商品はこちら