映画:スティーブンキングのキャッツアイ

「スティーブンキングのキャッツアイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スティーブン・キングのキャッツ・アイの紹介:スティーヴン・キングの短編の映画化作品で、1匹の野良猫が謎の少女に導かれ3つの怖い話を巡るという1985年アメリカのホラー映画。監督は「クジョー」のルイス・ティーグ。脚本は原作者のS・キングで、最終話は本作の主演であり、この前年にヒットした「炎の少女チャーリー」でも主演を勤めたドリュー・バリモアのための書き下ろし。「ヴィデオドローム」のジェームズ・ウッズ、「デューン/砂の惑星」のケネス・マクミランなどが出演している。

あらすじ動画

スティーブンキングのキャッツアイの主な出演者

謎の少女=アマンダ(ドリュー・バリモア)、ディック(ジェームズ・ウッズ)、Dr.ヴィニー(アラン・キング)、クレスナー(ケネス・マクミラン)、ジャーニー・ノリス(ロバート・ヘイズ)、アマンダの母親サリー(キャンディ・クラーク)、アマンダの父親ヒュー(ジェームズ・ノートン)、ディックの妻シンディ(メアリー・ダルシー)など。

スティーブンキングのキャッツアイのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1980年代のNY。1匹の野良猫が、謎の少女から「助けて!」というメッセージを受け、彼女を探す旅に出るが、禁煙挫折者救済会社の手下に捕まり電気室に入れられる。その会社は、禁煙希望者に監視をつけて脅迫し矯正させる組織で、軽い気持ちで来院したディックはDr.ヴィニーの監視下に置かれ、まずは電気室で跳ねまわるその猫を見せられ、吸えば君の家族を同じ目に遭わせると脅されるが…。②その会社から命からがら逃げだした猫は、アトランティックシティのカジノでギャンブル好きの大富豪クレスナーに拾われる。彼は妻がテニス選手のノリスとの駆け落ちを企てている事を知り、ノリスをその自宅=高層マンションのペントハウスに拉致して脅迫し、ある賭けを迫るが…。③猫はその連中からも逃げ、ついにノースカロライナの森で両親と幸せに暮らしていた少女=アマンダを見つけるが、彼女はある怪物につけ狙われていた。それにいち早く気づいた猫は、彼女を守るべく果敢に立ち向かうが…。

【起】– スティーブンキングのキャッツアイのあらすじ1

スティーブンキングのキャッツアイのシーン1

画像引用元:YouTube / スティーブンキングのキャッツアイトレーラー映像

キジトラの野良猫が町中を散歩中、血だらけで薄汚れたセントバーナードに追いかけられて道に飛び出し、真赤なプリムス・フューリーに撥ねられそうになります。その車のトランクには「私はクリスティーン」「ロックンロールは死なず!」のステッカーが貼られています。

猫はなんとか荷積み中のトラックの荷台に潜り込んで犬をやり過ごしますが、運転手は気づかず走り出します。

着いた先は大都会ニューヨーク。猫は見慣れぬ都会に戸惑いますが、マネキンの少女に「助けて!狙われてるの!私を探して!そいつを探してやっつけて!」と言われたところで、”Quitters,inc(禁煙挫折者救済会社)”の男ジャンクに捕まり連れ去られます。

“Quitters,inc(禁煙挫折者救済会社)”とは、挫折しがちな禁煙希望者を禁煙させるための医療施設で、会社員のディック・モリソンも友人に勧められ、軽い気持ちでオフィスにやって来た一人でした。

けれど先客の男はさめざめと泣いていて、診察室からボロボロになって出て来た妻に駆け寄りますが、なぜかバックで殴られ「僕は16の時から吸ってた…禁煙は難しい」とこぼして出て行ったのです。

それを見たディックはゾッとして出て行こうとしますが、後の祭りでした。

「人生が変わりますよ」…勧めた友人も、彼を強引に診察室に連れ込んだDr.ヴィニーも、穏やかな笑顔で宗教勧誘のように囁き、問答無用の治療が始まります。

ヴィニーはまず扉をロックし、タバコを出させて叩き潰し、壁のカーテンを開けます。そこはガラス張りの実験室のような部屋で、先ほどの猫が入れられており、ヴィニーがスイッチを入れると床に電流が流れ、猫が狂ったように跳ね回る仕掛けの”電気室”だったのです。

ディックは「正気の沙汰じゃない!死んじゃうぞ!」と怒鳴って止めますが、ヴィニーはどこ吹く風で「ここは肺ガンで死んだ創立者の税金対策のための会社だが、人助けが目的だ。君に1ヶ月24時間監視を付け、君がタバコを吸ったら君の妻が、2度目は娘のアリシアが電気室に入れられ、あの猫のように踊るのを見る事になる。3度目には奥さんをレイプさせるが、それでも2%の顧客が止め切れない。その時は諦めるしかない」と懐に入れた銃を見せたのです。

ディックは帰宅後も呆然としたままで、若く美しい妻シンディにも打ち明けられず「君とアリシアのために絶対タバコを止める」と言っただけで終わります。

早くもその夜、彼はこっそり起き出して書斎にあった買い置きのタバコを吸おうとしますが、クローゼットの中に見覚えの無い長靴があったため、何とか吸わずにやり過ごします。翌朝、長靴は消え、足跡が付いているのを見た彼は、自分が異常な監視下に置かれていると確信します。

彼は寄宿制の特殊学校にいる10歳の娘アリシアの無事を確かめに行きますが、ニヤつきながら現れたヴィニーに「お前らは人の家に勝手に侵入するのか!だが俺は断じて吸ってないぞ!」と怒鳴りつけます。

ヴィニーは「もし吸ってたら、君は今頃奥さんが電気室で踊るのを見てただろうよ。今時珍しいが君は妻子を愛してる。君ならできる。監視は続けるぞ」と笑っただけでした。

禁煙開始から2週間。ディックは紫煙が立ち込めるパーティでは幻覚を見たりもしますが、なんとか禁煙を続けていました。

けれど跳ね橋の渋滞に巻き込まれてイラつき、ダッシュボードのタバコを見つけてこっそり吸ってしまいます。すると隣の車で恋人とキスしていたはずの男が彼を見つめ、走り去っていったのです。それは以前、猫を浚ったあの会社の男ジャンクでした。

彼は慌てて帰宅しますが、シンディは拉致された後で、ヴィニーから「5時に会社に来い」と電話があります。

ディックは会社に着くなりジャンクに殴りかかり、電気室に閉じ込められていたシンディを救おうと暴れますが、銃を向けられ押え込まれます。その騒ぎの最中、猫は隙を見て外へと逃げ出します。

「1回目だから手加減してやる。注射くらいの痛みだ。死にはしない」…ディックは諦め、電気で髪が逆立ったシンディは絶叫して跳ねまわり、ヴィニーは時間を計っていましたが、ジャンクは愉快そうに笑っていました。

数分間の拷問が終わるとシンディは泣きながら倒れ込み、ヴィニーはそっとディックの肩に手を置き「奥さんに詳しく説明してやれ」と言います。

ディックは待合室であの先客の男のように頭を抱え、出てきたシンディを抱きしめ事情を打ち明けます。それをモニターで見ていたヴィニーは「30秒後、妻は夫に抱きつくか、ビンタして出て行くかのどっちかだ」と言い、ジャンクはビンタに10ドル賭け、ヴィニーはまんまと10ドルせしめます。

半年後。ディックは見事禁煙に成功しますが、禁煙後の肥満を防ぐため、相変わらずあの会社に通い、ダイエットに励んでいました。

彼とヴィニーは軽口を言い合う仲になり、ヴィニーは、「ダイエットの禁を破ったら火炎放射器の男が来るのか?」と笑うディックに「なぁに、今度は奥さんの小指を切るだけさ」と笑っていました。

その夜ディックは、彼にあの会社を勧めた友人夫妻を招いて、”禁煙成功祝賀パーティ”を開きます。

彼もシンディも友人も満面の笑顔でしたが、なぜか同僚の妻だけはぎこちない笑顔でグラスを合わせていました。

ディックは、その手の小指が欠けている事に気づいて、ゾッとします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スティーブンキングのキャッツアイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ