映画:スティーヴンキング痩せゆく男

「スティーヴンキング痩せゆく男」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

スティーヴン・キング 痩せゆく男の紹介:太った弁護士がジプシーの老婆を事故死させたことで痩せる呪いをかけられる、1996年公開のアメリカのホラー映画。原作はホラーの帝王S・キングの同名小説で、キング自身も薬局店主役で出演。監督は「フライトナイト」「チャイルド・プレイ」のトム・ホランド。共同脚本は「ビートルジュース」「フロム・ザ・ダークサイド」のマイケル・マクダウェル。135㎏の肥満体を57㎏の痩身に落とす特殊メイクは「ドラキュラ」「ミセス・ダウト」で2回のアカデミー賞を獲得したグレッグ・キャノン。ゲスな主人公が落ちていく様が小気味いいというブラックな佳作です。

あらすじ動画

スティーヴンキング痩せゆく男の主な出演者

ビリー・ハレック(ロバート・ジョン・バーク)、その妻ハイディ(ルシンダ・ジェニー)、その娘リンダ(ベサニー・ジョイ・レンツ)、ジネリ(ジョー・マンテーニャ)、レムキ(マイケル・コンスタンティン)、その娘老女スザナ(イルマ・セント・ポール)、その曾孫ジーナ(カリ・ウーラー)、マイク医師(サム・フリード)、ケアリー判事(ジョン・ホートン)、その妻リーダ(エリザベス・フランツ)、ホープリー署長(ダニエル・フォン・バーゲン)、薬局店主(スティーブン・キング)など。

スティーヴンキング痩せゆく男のネタバレあらすじ

【起】– スティーヴンキング痩せゆく男のあらすじ1

霧の煙る早朝、フェアヴューの町にジプシーのキャラバンが到着します。

それを自宅の窓から苦々しく見つめるのは、悪徳弁護士のビリー・ハレック。彼は135㎏の巨漢で、若く甲斐甲斐しい妻ハイディの協力でダイエット中ですが、大食いを治す気もなく効果もありません。先日もマフィアのボスジネリを無実にしたばかりの彼を、10代の一人娘リンダも皮肉りますが家庭は円満です。

町の事務所の前では、ジプシーたちが的当てやジャグリングで人を呼び”ジプシー・カーニバル”の宣伝していました。事務所はジネリの勝訴に浮かれ、彼は同僚カークと若く美しいジプシー女のスカートをめくれよとふざけニヤつきます。

早退した彼は車に行く途中、ジプシーを毛嫌いしているケアリー判事に掴まり、奴らは性病や犯罪の温床、売春の元凶と愚痴を聞かされます。その前で彼らはホープリー署長に蹴散らされています。ビリーは、あのジプシー女にゲスな会話を見透かされ、手ひどくからかわれ唾を吐かれますが、その後、ジネリのクルーザーでたらふく食い、借りは必ず返すと言われ大満足します。

その夜の祝賀パーティーで、ビリーはしこたま飲み食いするのをハイディに諌められ、酒酔い運転のまま家に車を走らせます。車中でへそを曲げたビリーの機嫌を取るためハイディは運転しているビリーにオーラルサービスを始めます。

一方、老齢の娘スザナと薬局を訪れたジプシーの頭レムキが、じろじろ見る店主を怒鳴っている隙に娘が外に出ます。が、運悪くそこにビリーの車が通りがかり、サービスに夢中のビリーが目をつぶった瞬間、撥ねられ、死亡します。

翌日の審判はケアリー判事が審議官で、薬局店主はスザナが万引きをして逃走した、ホープリー署長はビリーは全くの素面だったと偽証し、ビリーは即日無罪となります。

が、裁判所の入口で突然レムキがビリーの前に現れ、彼の頬を撫で「痩せてゆく」と呟きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スティーヴンキング痩せゆく男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×