映画:ストレイ悲しみの化身

「ストレイ悲しみの化身」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ストレイ 悲しみの化身の紹介:2020年2月7日公開のロシア映画。「裁かれるは善人のみ」のE・リャドワ、「サリュート7」のV・ウドヴィチェンコフ主演のホラー。最愛の息子が行方不明になった夫婦が、孤児院から少年を養子に迎える。妻は愛情を注ぐが、少年は次第に本物の息子に似てきて、やがて幸せは恐怖へと変化する。「未体験ゾーンの映画たち2020」にて上映。

あらすじ動画

ストレイ悲しみの化身の主な出演者

ポリーナ・イゴール(エレナ・リャードフ)、ウラジミロヴィチ・イゴール(ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ)、ストレイ&ヴァーニャ(セバスチャン・ブガーエフ)、ヴァーニャ(イェン・ラノフ)、セルゲイ・ヴィクトル(エフゲニー・ツィガノフ)、ターニャ(アンナ・ウコロワ)、シスター・イシドラ(ローザ・カイルリーナ)

ストレイ悲しみの化身のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イゴール夫妻の息子・ヴァーニャは行方不明、ある日施設で見つかった獣のような少年を妻は引き取りたがる。少年はヴァーニャそっくりに変貌していく。 ②「それ」は性別年齢容姿を変幻自在に変えられる怪物。相手の人間が欲する存在に変化して守られようとする。正体を見抜いた夫・ウラジミロヴィチは一度は手放すが、誘惑に負けて森深くでともに生活。

【起】– ストレイ悲しみの化身のあらすじ1

ストレイ悲しみの化身のシーン1

画像引用元:YouTube / ストレイ悲しみの化身トレーラー映像

ロシア・モスクワ。

夫・ウラジミロヴィチと妻・ポリーナの間には、ヴァーニャという息子が生まれていました。

ヴァーニャはイゴール夫妻の愛情を受けて、すくすくと育ちます。

ウラジミロヴィチは外科医で、ポリーナは教師でした。

夫妻はモスクワの高層マンションに住んでおり、豊かな暮らしをしています。

2016年。

ある日、6歳に成長した息子・ヴァーニャが、外へ遊びに行くと言いました。

夫妻は6時までに戻ってくるように言い聞かせて、送り出します。

ところがそれきり、ヴァーニャは戻ってきませんでした。

警察から知らせを受けたウラジミロヴィチは、遺体の身元確認に行きます。

いなくなったヴァーニャと同じくらいの年齢の、子どもの遺体です。

遺体の損傷が激しく、顔が砕けていて判別がつきませんでした。

ヴァーニャと一致するところがあるのですが、ウラジミロヴィチは息子の死を認めたくありません。

そのせいでウラジミロヴィチは、違うと否定しました…。

〔3年後〕

2019年9月。

ヴァーニャが行方不明になって、3年が経過しました。

妻のポリーナの悲しみが癒えないので、ウラジミロヴィチは車に乗って、モスクワからはるばる田舎の孤児院の施設へ見に行きます。

施設の横には、廃墟となった建物がありました。通りかかったポリーナは、興味を持ちます。

施設には、たくさんの乳幼児がいました。

しかしポリーナの目は泳いでおり、彼らに興味を抱いていないようです。

気持ちの整理がついていないポリーナは、中座して隣の廃墟へ行きました。

何かの気配に気づいたポリーナが建物の奥へ行くと、右目を撃ち抜いて死んでいる守衛の遺体があります。

横で物音がしたので、ポリーナは右手を見ます。

暗がりには、なにかがいるようなのですが、はっきりとは見えませんでした。

奥へ行こうとしたポリーナは、倒れている守衛が咳き込んだので、注意が守衛のほうへ向きます。

(自殺した直後か、はたまた悪魔的ななにかがそうさせたのかは、不明)

通報を受けて警察が現場検証に来ました。

死んだ男性は孤児院の守衛で、自殺だと分かります。

ポリーナと、施設の修道女シスター・イシビラが事情聴取されます。

守衛の男性は、子どもと暮らしていたようだという噂がありますが、シスター・イシドラは「分からない」と答えました。

施設の子どもたちのあいだでは、「死者が墓からよみがえる」という都市伝説があるそうです。

シスター・イシドラは、警察官に聞かれるまま答えました。

施設の子が集まった場所へ行ったポリーナは、そこでいじめられている幼い少年を見つけました。

少年は施設の子ではなく、廃墟で見つけられたようです。

がりがりにやせて毛髪もなく、少年は不気味な容貌でした。

少年を見た他の子どもたちは、口々に「悪魔」と呼びます。

助けに行ったポリーナが近寄ると、少年はポリーナに抱きついてきました。

発見されたその少年は、身元が分からないということで、モスクワの養護施設に送られることになります。

しかしポリーナは、少年が気になりました。

言葉もろくに話さず、見た目も獣のようで暴れる少年は、トラウマを持っているだろうと警察に言われますが、ポリーナは引き取りたいと食い下がっていました。

ポリーナにシスター・イシドラが「連れていってはダメ」と注意します。

守衛の遺体を積み込んだ警察は、その子をパトカーに乗せ、施設へ送るつもりでした。

しかし出発後、子どもは車内から忽然と姿を消します。

ポリーナとウラジミロヴィチは、帰宅しようとしました。

車で帰途についているとき、ポリーナが車を止めてくれと言いました。

車の外には、子どもがいました。

ポリーナは子どもを抱えて、連れ帰ると言います。

その日、ウラジミロヴィチとポリーナは子どもを連れて、近くの別荘へ泊まりました。

その別荘は、ウラジミロヴィチの祖父の所有の屋敷です。

連れてきたものの、ウラジミロヴィチは子どもを保護しているつもりでした。

きちんと警察に引き渡すつもりで、ポリーナにもそう説得します。

しかしポリーナは、わが子にしたいと主張しました。

屋敷には飼い猫のティホンがいます。子どもは、猫を見て嫌がりました。

子どもが虎のぬいぐるみに興味を持ったのを見て、ポリーナは喜びます。

自分の息子・ヴァーニャも虎が好きだったからです。

ポリーナはその子を、息子と同じ「ヴァーニャ」と呼びました。

「ほかの名前にしろ」とウラジミロヴィチが注意しますが、ポリーナは聞き入れませんでした。

翌日。

ウラジミロヴィチが台所へ行くと、少年が生肉を咥えて机の下に隠れていました。冷蔵庫から肉を取り出したようです。

肉を取り上げようとすると、少年は吠えてウラジミロヴィチに攻撃を仕掛けてきました。まるでケモノのようです。

それでもポリーナは、少年のことが気に入ったようでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ストレイ悲しみの化身」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×