映画:スリザー

「スリザー」のネタバレあらすじと結末

スリザーの紹介:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督が、2006年に監督した、コメディタッチのSFホラー作品。とあるアメリカの田舎町に突如飛来した、ナメクジのような地球外生命体により、町の人々が次々と肉体を乗っ取られ、そこから巻き起こる恐るべき侵略をコメディタッチを交えて描く。

あらすじ動画

スリザーの主な出演者

ビル・パーディ(ネイサン・フィリオン)、スターラ・グラント(エリザベス・バンクス)、グラント・グラント(マイケル・ルーカー)、ジャック・マクレディ町長(グレッグ・ヘンリー)、ブレンダ・グティエレス(ブレンダ・ジェームズ)、カイリー・ストラットマイヤー(タニア・ソルニア)、シェルビー(ジェナ・フィッシャー)

スリザーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- スリザーのあらすじ1

スリザーのシーン1 毎年恒例の、町の名物「鹿狩り」の季節を迎えて賑わう、アメリカの平和な田舎町。地元の名士・グラントは、ある夜森の中で卵のような不思議な物体を発見します。それは地球外から飛来して来た物体で、グラントが近づくと、針のようなものを吹き出し、それはグラントの体に突き刺さります。針はグラントの体の中を進み、脳を乗っ取ってしまいます。外見上は今までと変わらぬグラントでしたが、中身は地球外生命体に乗っ取られていました。その日からグラントは生肉を買い漁り、家の地下に密かに貯蔵し、妻にわからぬよう鍵をかけます。更には自分に好意を持つ人妻のブレンダを呼び出し、彼女の体内に地球外生命の種を植え込んでしまいます。地元の高校で先生をしている、グラントの妻・スターラは、そんなグラントの行動に不審を抱き始め、幼馴染でもある地元の警察署長・ビルに相談します。以前からスターラに恋心を抱いていたビルは、何かあったら連絡をしてくれとスターラに伝えます。その頃ビルを始め警察署では、町の農家で次々と家畜が襲われる被害が続出し、その犯人探しと、また行方不明になっているブレンダの捜索もしていました。そして街中がお祭り騒ぎになる、鹿狩り解禁のお祝いの夜。スターラは、深夜帰宅したグラントの顔がボコボコにはれ上がっているのを見て驚愕します。地球外生命の影響が、徐々にグラントの外見にも影響を及ぼし始めていたのです。

【承】- スリザーのあらすじ2

スリザーのシーン2 グラントの外見は日を追うごとに、ますます醜く、酷くなっていきます。そんなグラントが心配になり、スターラは鍵のかかっていた地下室のドアをこじ開け、中へ入っていきます。そこは異臭に満ちていて、獣の死骸が幾つもぶら下がっていました。グラントはおかしくなってしまったと、ビルに連絡しようとするスターラ。するとそこへグラントが戻って来ます。しかしもはやグラントは、人間の形を留めていませんでした。スターラが逃げようとすると、腕をイカの触手のように伸ばして捕らえようとします。地球外生命は、初めて出会った地球の女性であるスターラに、心惹かれていたのでした。スターラの通報で駆けつけたビルと警察署の面々も、グラントの姿を見て愕然とします。そのまま逃げ去ったグラントを捕らえるため、翌日から警察官と町の有志による捜索隊が結成されます。そして、次々に襲われる農家の場所から、次に襲われると思われる場所を推察、皆はそこでグラントを待ち伏せします。夜になり現れたグラントは、もはや怪物と化していました。それでもスターラは必死にグラントを説得しようとしますが、グラントには通じません。捜索隊の一人を殺したグラントは、森の中へと逃げ去ってしまいます。

【転】- スリザーのあらすじ3

スリザーのシーン3 グラントを追って森の中へ入った捜索隊は、怪しいロッジを発見します。異臭を放つそのロッジの中にいたのは、ロッジの部屋いっぱいになるくらいに体が膨張したブレンダでした。そのブレンダの体が弾けると、中からナメクジのような生き物の大群が現れます。グラントが、捜索隊をこの生き物の餌食にしようと罠を仕掛けていたのでした。ナメクジは警官たちの口の中から体内に入り込み、彼らの意識を乗っ取ってしまいます。ビルとスターラは必死に難を逃れ、その場を逃げ出します。ナメクジ状の生き物は更に森を出て、町全体に広がっていました。スターラの生徒である女子高生・カイリーも家族を襲われてしまいましたが、カイリーだけはなんとか逃げ延び、町まで逃げて来たビルとスターラと合流します。せっかくの鹿狩りの季節が大変なことになったと憤る町の市長と一緒に、ビルたちは町を脱出しようとしますが、ナメクジ生物に操られた人々に襲われ、スターラと市長が捕まってしまいます。その場を逃れたビルとカイリーは警察署へ向かい、武器を調達してスターラの救出に行くことを決意します。

【結】- スリザーのあらすじ4

スリザーのシーン2 もはや町の住人ほとんどがナメクジ生物に乗っ取られてしまい、捕らわれた市長もすでにその餌食となり。そしてそのナメクジ生物たちは、グラントを乗っ取った地球外生物の命令により、動いていたのでした。一度はナメクジに乗っ取られそうになったカイリーが、その時脳裏に浮かんだかすかな記憶を覚えていて、ナメクジたちのボスはグラントだから、グラントを殺せばみんな元に戻るかもしれないとビルに告げます。グラントを乗っ取った地球外生物は、自宅に連れ戻したスターラを我が物にしようとしますが、スターラはそれを受け入れる振りをして、隠し持った刃物でグラントを突き刺します。怒ったグラントはスターラを突き飛ばし、止めを刺そうとしますが、そこへビルが乗り込んで行きます。しかし、持っていた拳銃は弾き飛ばされ、警察署から持ち出した手榴弾は惜しくも不発に終わり、グラントの長い触手によりビルも捕まってしまいます。更に、ブレンダを襲った地球外生物が自分の種を相手に植え込む触手が、ビルの腹に突き刺さります。ビルは苦しみながらも、自分の体液を吸い取ろうとするその触手を引き抜き、ガスボンベの口へと差し込みます。触手はそのままガスを吸い込み、グラントの体が見る見る膨張し始めます。そこでビルは、弾き飛ばされた拳銃がスターラの足元にあることに気付き、スターラに叫びます。「スターラ、撃つんだ!」スターラが放った銃弾は、グラントに命中。グラントの体は爆発を起こし、吹き飛びました。そして、ナメクジ生物に乗っ取られていた町の人々も皆、気を失ったように倒れていくのでした。

みんなの感想

ライターの感想

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でハリウッドメジャー大作に大抜擢されたジェームズ・ガン監督が、その8年前に監督した作品ですが、すでにこの時点でジェームズ・ガンらしさが存分に発揮されています。「スリザー」の前は、知る人ぞ知るマニアックな映画好きご用達の「トロマ映画社」で鍛えられ、この作品でその才能が開花したと言えるでしょう。2006年に作られたSFホラーなので、もちろんCGなども駆使していますが、映像から感じるテイストは、初期スプラッタブームが盛り上がった1980年代の作品、例えば「死霊のしたたり」などを思い出させるような味わいで、当時の映画が大好きな世代にとっては非常に感慨深いです!また、基本的に地球外生命に人間が乗っ取られるという筋書きで、ところどころグロい描写も交えながら、随所にギャグを挟みこんで来て(納屋いっぱいに膨張した人妻ブレンダの描写といったら、もう!)軽妙に物語を運んで行くのは、「ギャラクシー~」以前から備わっていた「ジェームズ・ガンらしさ」と言えるでしょう。「ガーディアンズ~」の新作がジェームズ・ガンの手を離れてしまった今だからこそ、もう一度じっくりと見返したくなる作品です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「スリザー」の商品はこちら