映画:スレンダーマン奴を見たら終わり

「スレンダーマン奴を見たら終わり」のネタバレあらすじと結末

スレンダーマン 奴を見たら、終わりの紹介:2018年公開のアメリカ映画。ヴィクター・サージが2009年にネット上に投稿したキャラクター、スレンダーマンを題材にしたホラー映画。スレンダーマンという怪物の言い伝えがなされる街で、目撃者がひとりまたひとりと消えていく…。

あらすじ動画

スレンダーマン奴を見たら終わりの主な出演者

レン(ジョーイ・キング)、ヘイリー(ジュリア・ゴルダニ・テレス)、クロエ(ジャズ・シンクレア)、ケイティ(アナリース・バッソ)、ゾーイ(タリタ・ベイトマン)、トム(アレックス・フィッツァラン)、Mr.ジェンセン(ケヴィン・チャップマン)、スレンダーマン(ハビエル・ボテット)

スレンダーマン奴を見たら終わりのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ハリー、ケイティ、レン、クロエたち女子高校生はネットで話題のスレンダーマンを呼び出す動画を見た。1週間後、ケイティが姿を消し、ハリーたちはケイティを取り戻す方法を模索。大事なものを捧げるとケイティを取り戻せると知り、儀式を行なう。 ②宝物を捧げても意味はなく、スレンダーマンの目的は彼女たち自身だった。クロエ、レン、ハリーはスレンダーマンに連れ去られ、ハリーの妹・リジーはそれを知る。

【起】- スレンダーマン奴を見たら終わりのあらすじ1

スレンダーマン奴を見たら終わりのシーン1 アメリカ・マサチューセッツ州の、とある小さな町。

女子高校生のハリーは、仲間の女子生徒と仲良く遊んでいます。
ハリーには妹・リジーがいました。姉妹の仲は良好です。
ハリーたちはある日の夜、仲間のケイティ・ジェンセン宅に集まりました。
ケイティの家では、酔っぱらった父がソファで眠っています。


・ハリー…金髪の女子高校生。妹・リジーも金髪。
・ケイティ…茶色の髪の女子高校生。父が酒浸り。ケイティ宅に集まった。
・レン…黒髪の女子高校生。
・クロエ…黒髪、アフロ風の女子高校生。


ケイティの家に集まった4人は、おしゃべりに興じます。
そのうちに、話題は同じクラスメイトの男子たち、トムのことになりました。
同じ日に、男子生徒たちがトムの家に集まっているのですが、トムの家のガレージで、いま話題の『スレンダーマン』を呼び出すらしい…というのが、話の内容でした。

『スレンダーマン』とは都市伝説の一種です。
スレンダーマンは細くて異常に背が高い人物で、黒い背広を着て、顔はないとされています。
手足が細くて痩せた体格で、スレンダーマンを見た者は、ある者は連れ去られ、ある者は残されます。
残された場合は、生涯苦しみが待ち受けているらしく、残ったからといっていいとはかぎらないそうでした。

そのスレンダーマンの話をしたケイティは、トムたちに負けじと、『スレンダーマンの呼び出し方』の動画を見ようとします。
ネットの動画をクリックすると、呼び出し方が再生されました。

〝鐘の音を3度聞く者は、彼の正体に応じよ。
最初の鐘の音を聞いたら、目を閉じ、黙せよ。
聞きたければ耳を澄まし、遠い音を待て。
眼を閉じ、心を開き、雑念を捨て、2度目を待て。
3度目を聞いたら、目を開け。〟

【承】- スレンダーマン奴を見たら終わりのあらすじ2

スレンダーマン奴を見たら終わりのシーン2 動画の再生とともに、鐘の音も聞こえました。
ハリーたちは鐘の音が聞こえることに少し怯えたものの、「くだらない動画」と誰かが口にし、映画を見ようという話になります。
少し拍子抜けしつつ、少し不気味な気持ちを抱えて、その日は終わりました。


〔1週間後〕

学校で社会科見学に出かけたとき、ケイティが忽然といなくなります。
ケイティが行方不明になったことは、地元でもニュースになりました。
ケイティは父親と2人暮らしだったため、ケイティの行方が知れなくなったことで、父親は取り乱します。
ケイティの父が酔っぱらってやってくると、「お前らのせいだ」と、ケイティがいなくなった責任をハリーたちに押し付けようとしました。

ハリー、クロエ、レンは、仲良しのケイティを探すために、ポスターを作ってあちこちに貼ります。
ポスターを貼ったあと、ハリーたちは手がかりを探しに、ケイティの家へ行こうと考えました。
ケイティの家を訪問し、レンが父親を引き付けて、ハリーはケイティの部屋に入り込みます。

ケイティの部屋には、スレンダーマンのイラストがたくさん描かれていました。
ケイティのパソコンを見つけたので、3人は持ち帰ります。
ハリーの部屋に行き、ケイティのパソコンの閲覧履歴をチェックすると、スレンダーマンに関する動画ばかりでした。

さらにハリーたちは、ケイティが「アリーキャット93」という人物と、行方不明になる前日までチャットをしていたと知ります。
ハリーはあとで「アリーキャット93」にコンタクトを取り、ケイティがいなくなったことを知らせました。

【転】- スレンダーマン奴を見たら終わりのあらすじ3

スレンダーマン奴を見たら終わりのシーン3 「アリーキャット93」は、スレンダーマンがウイルスのように脳に入り込むと言い、ケイティの取り戻し方を教えると言います。
「自分から申し出て、大事なものを差し出す」ことで、ケイティが取り戻せると知ったハリーは、レンとクロエを誘い、儀式をしようとしました。

翌日、ハリーはレンとクロエとともに、森の奥へ行きます。
父との写真や、祖母の形見などを持ち寄り、ケイティを取り戻す儀式をしました。
儀式中は見てはならないと目隠しをしますが、何かの気配を感じたクロエは、悲鳴をあげて逃げます。
しばらくしてクロエは戻ってきますが、少し様子がおかしくなっていました。


その後。
クロエはハリーたちと距離を取り、学校も休みます。
様子がおかしいクロエは、家の中でもドアの向こう側を凝視したり、ぼうっとしていたりします。

クロエが学校を休むことを、ハリーは心配しました。
ハリーに気があるトムが、話しかけてきます。
トムといえば、男子生徒たちがトムの家のガレージでスレンダーマンを呼ぶ儀式をする…ということを聞いていましたが、ハリーが質問すると、その日、けっきょく男子生徒たちは、スレンダーマンの動画を見なかったそうです。

その頃。
レンは「スレンダーマン」をネットで検索していました。
顔がない影のような姿が、検索結果にたくさん出てきます。
都市伝説で『スレンダーマン』は有名になっていますが、子どもを連れ去るという伝承は、笛吹男と関連があるようだと、記事には書かれていました。
レンはその記事を書いた人物、ジェレミー・M・ウッドワードという名前を、メモします。


ジェレミー・M・ウッドワードという人物の著作を図書館で探したレンは、『生体電気と超常現象』という本を見つけます。

【結】- スレンダーマン奴を見たら終わりのあらすじ4

スレンダーマン奴を見たら終わりのシーン2 スレンダーマンの正体に近づいたと思ったレンは、図書館でスレンダーマンの幻影を見ました。
連れ去られそうになりますが、なんとかかわしたレンは、ハリーに電話をして、「アリーキャット93」の話がやっと理解できたと言います。

ハリーとレンはクロエの家へ行きますが、クロエはぼうっとしています。
ハリーはスレンダーマンに具体性を感じられないので、事態が悪化していると思っていません。そのため、トムとデートをし、トムの家へ遊びに行きます。
レンはその後、「アリーキャット93」にチャットで連絡を取ろうとしますが、アカウントが削除されていました。


ハリーの妹・リジーがパニック発作を起こし、病院に担ぎ込まれます。
リジーは「顔がない!」と連呼して、そのまま昏睡状態に陥りました。
家に戻ったハリーは、リジーがパソコンでスレンダーマンの動画を見ていたと知ります。

リジーに入れ知恵をしたのは、レンだとハリーは気づきました。
レンの家に行くと、レンの部屋にはスレンダーマンのイラストがたくさん描かれていました。

レンはハリーに、「大事なものを渡すだけじゃ駄目。私たちも必要なのよ」と言います。
スレンダーマンは、みんなの欲しいものを奪うのではなく、彼らそのものを欲しがったのでした。
それに気づいたレンは、スレンダーマンに窓から連れ去られます。

妹のリジーを失いたくないハリーは、自分から森へ行きました。
スレンダーマンの身体からは、細長い触手のようなものが出ており、その根っこのようなものに絡めとられ、ハリーは連行されました。
昏睡状態のリジーは、姉・ハリーが連れ去られる様子を見て、ベッドで目覚めます。
しかしハリーは連れ去られてしまい、リジーはどうすることもできませんでした。

(ハリー、クロエ、レン、ケイティの4人とも、スレンダーマンに連れ去られた。
ハリーの妹・リジーは無事)

みんなの感想

ライターの感想

映画の途中に語られるとおり。細くて手足が長く、ひょろひょろしているスレンダーマン。
後半からはさらに、スレンダーマンに根っこのような、触手のようなものが加わる。これはちょっと生理的に嫌悪感を抱かせる。
…なのに! なのになぜか映画は怖くない、かえって不思議なくらい!
なんだろう、全編を通して「なんかしょぼい」「中途半端な怖さ」「画面が暗くて見えない」
もっとどこか突き抜けたものがほしかった。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「スレンダーマン奴を見たら終わり」の商品はこちら