「ズーンビZOOMBIE」のネタバレあらすじと結末の感想

ズーンビ ZOOMBIEの紹介:2016年公開のアメリカ映画。テレビシリーズ「Zネーション」や『メガ・シャーク』シリーズなどの製作会社、アサイラム社が放つパニックホラー。謎の病原菌がまん延し、ゾンビ化した動物たちが暴れ回り地獄の捕食場と化した動物園を舞台に、ゾンビ動物と人間たちとの攻防を描く。ライオンなどの大型肉食獣ばかりでなく、コアラやキリンといった草食動物まで凶暴化し人間を血祭りに上げていく。

予告動画

ズーンビZOOMBIEの主な出演者

レスリー・ホーガン〔リジー〕(アイオン・バトラー)、ゲージ(アンドリュー・アスパー)、レックス(マーカス・アンダーソン)、エレン・ロジャーズ博士(キム・ニールセン)、シーア(ララ・ネスター)、レイチェル(カイウィ・ライマン)

ズーンビZOOMBIEのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①絶滅危惧種を集めたエデン動物園。エレン博士は祖父の願いどおり、動物園を開園しようとしていた。その折、謎の病に感染したサルが運び込まれゾンビ化する。襲われた人間は死に、動物は感染してゾンビ化する。 ②生き残ったのはエレン博士と娘のシーア、実習生のリジーとゲージ。動物園を焼き払って退治したかに思えたが、ゴリラのキフォは生きていた。

【起】- ズーンビZOOMBIEのあらすじ1

アメリカ。
エレン・ロジャーズ博士は子持ちの中年女性です。シングルマザーなので、5歳くらいの少女・シーアを連れて勤務しています。
エレン博士は祖父の代から創設したエデン野生動物園を、より理想的なものにすることでした。祖父がそれを願っており、エレン博士は実現しようと努力しています。
動物園には絶滅危惧種の動物を数多く集めていました。今までは集めているだけでしたが、このたび一般公開が決まります。
スマホにアプリを入れると動物の居場所が分かるようになっており、また目玉商品はジップラインという、木々の間に張られたワイヤーロープをプーリーと呼ばれる滑車を使って滑り降りながら動物を見るという技術でした。
開園に備えて、エレン博士は実習生を募集しました。
ところでその動物園に、小さなサルが運び込まれます。アンゴラコロブスに似た白と黒の毛のサルは、謎のウイルスに感染していました。
マールブルグ・ウイルスとも水痘病ともつかぬ病気で心停止を起こしたサルを、女医・ロビン博士と黒人男性・ゴードン博士が、エピネフリンを投与して蘇生させます。
生き返ったサルは目が白くゾンビ化しており、凶暴化していました。
運んできた男性・モンティは騒動で棚の下敷きになって死に、サルはロビン博士の目玉をくりぬくと、ゴードン博士に襲いかかります。
無人になった医療室には、他にも霊長類がいました。サルが噛みついたことで次々に感染が広がります。
ちなみに人間には感染してゾンビ化はせず、人間は死ぬだけです。しかし人間以外の動物には感染が広がりました…。
…同じ頃。エレン博士は実習生たちをバスに乗せ、園内を案内していました。やる気のない実習生は電話で話をしたりSNSを見たりするので、携帯を没収します。
途中の鳥エリアで、鳥好きのアロハ服を着用した若者・リッキーがドーム内を見たいと言い出します。鳥のドームはとても大きくジャングルのようになっており、数多くの鳥が飼われていました。
リッキーは飼育員の年配女性・チェルシーに案内してもらいます。
それをきっかけに、全員が自由見学になりました。それぞれが思い思いの動物を見にいきます。
エレン博士は娘のシーアを連れて、クロスリバーゴリラのキフォを見に行きました。シーアはキフォを気に入っており、キフォもシーアになついています。
白人男性のAJも霊長類に興味があり、エレン博士についてきていました。将来は霊長類の学問を勉強したいと言います。
緊急ブザーを聞きつけたエレン博士が管理センターに行くと、警備員たちがいなくなっていました。

【承】- ズーンビZOOMBIEのあらすじ2

不思議に思ったエレン博士は、ブザーの鳴るゴードン博士の施設に行きます。黒人系のセクシー女性・リジーや茶髪にサングラスの男性・ボリス、黒人スキンヘッドの男性・レックスやアジア系男性・カイル、ゲージもついていきました。
施設は施錠されており、窓越しにゴードン博士が血まみれで手をつきます。驚いたエレン博士が扉を開けると、ゴードン博士は「封鎖しろ」と言いました。
警備員のジョニーは頭に注射気が刺さっており、ロビン博士は目をくり抜かれています。
ゴードン博士が苦しみ始めると、胸の辺りからサルが出てきました。ゴードン博士は死にます。
白目のゾンビサルが襲ってきますが、ゲージが着ていた背広でサルをくるみ、壁に打ち付けます。
しかしこの間に別のゾンビサルたちが逃亡し、感染は拡大しました。
逃げたゾンビサルは西側に行ったことがGPSで分かります。そこはアフリカ圏とオーストラリア圏でした。
エレン博士は悩んだ末、園内全域の職員に避難の知らせをして、いっぽうで警察に通報し、CDC(アメリカ疾病管理予防センター)にも連絡しました。CDCに知らせることで祖父の夢を壊してしまうことになりますが(前科持ちみたいな事態になり、動物園をもう開けなくなるということ)、感染拡大よりはましだと判断したのです。
しかし辺鄙な場所に動物園があるため、CDCの到着には2時間かかると言われました。その間に、動物園外に決して動物を洩らすまいとエレン博士は決めます。
ところで人間の想像以上に感染は早く広まります。ゾンビキリンがアンバーたちを襲い、ゾンビイノシシも襲ってきました。
警察がヘリで到着しましたが、降り立ったのがライオンエリアだったため、ゾンビライオンに襲われてあえなく全滅します。
リジー、ゲージ、レックスはジープを手に入れて、無線でエレン博士と連絡を取りながら、実習生の生き残りを探します。
そして樹上にいるアンバーを救い出しますが、ゾンビキリンが襲ってきました。
リジーたちが応戦している間にアンバーがジープを奪い、ひとりで逃げて動物園の出口まで行きます。
エレン博士はレックスに無線で呼びかけますが、無線はアンバーが奪った車内にありました。
アンバーは動物園の出口の監視カメラに向かって「開けて!」とアピールします。エレン博士がそれに気づいて、無線で呼びかけました。
管理センターには動物の位置を示すGPSが表示されているので、アンバーの近くに感染した動物が近づいているのを知り、逃げろと言います。

【転】- ズーンビZOOMBIEのあらすじ3

しかし忠告を無視したアンバーは、出口の扉が開くのを待ちかねて(園外に動物を出してはならないので、仮に待ったとしてもエレン博士は扉を開けてくれるとは思えないが)ゲートをよじのぼろうとしました。そこでイノシシが襲ってきて、アンバーは瀕死の重傷を負います。
アンバーに取り残されたリジーとゲージ、レックスは、ゾウと行動を共にすることにしました。ゾウは大きいため天敵がいないので、感染しないとゲージが言います。
3人はゾウの背中に乗って移動を開始しました。
ふとエレン博士は娘・シーアの無事が気になり、隣室への扉を開きます。
シーアはその直前、ゾンビコアラに襲われていましたが、金属バットで撃退していました。そこには内臓と皮とに分離したゾンビコアラの残骸があり(注:金属バットでどう殴ったら分離できるのか、大きく突っ込みを入れたい…)、シーアはしばらくコアラを見たくないそうです。
鳥エリアのドームに電話をかけたエレン博士ですが、ドームにはまだ被害が及んでいませんでした。ほのぼのムードのチェルシーとリッキーは、エレン博士の忠告を真面目に聞かず、早々に電話を切ってしまいます。
エレン博士は、鳥が感染してしまうと飛んで逃げて感染が拡大してしまうので、注意を促したかったのですが、駄目でした。
ゾウに乗った3人はサルの移動の群れに出くわします。
ゾウが驚いて動いたことにより、レックスが背中から落ちてゾウに踏まれ、腕を負傷しました。リジーも続けて落ちてしまいます。
ゾンビレッサーパンダに襲われた一同は絶体絶命のピンチを迎えますが、AJとひげ面ゴリラ飼育員・ダックスがロケット花火を発砲し、動物たちは逃げました。3人は助かります。
エレン博士はゾンビコアラの血を調べますが、見たことのない酵素を大脳皮質に発見した程度で、感染原因も対処法も分かりません。
娘のシーアが「望みを果たすまで止まらない」と言います。ゾンビ動物たちの望みとは「人間の絶滅」だそうです。シーアがそう言います。
AJ、ダックス、レックス、リジー、ゲージはゴリラを見にいきました。キフォが感染しており、控室に入ってきます。
ダックスは攻撃を受けました。腕を負傷しているレックスが皆のおとりとなるため、戦闘用ナイフでキフォの背中を刺し、引き留めます。その間にAJ、リジー、ゲージは逃げました。レックスは頭を握りつぶされて死にます。
控室から出てきたキフォに、リジー、AJ、ゲージは岩を落としました。しかしそれでもキフォはまだ死にません。
レックスと「外には絶対に出してはならない」と約束したリジーは、鳥エリアに行こうと考えます。

【結】- ズーンビZOOMBIEのあらすじ4

そこへ瀕死の重傷を負ったアンバーの乗る車がやってきました。アンバーはそこで息絶えますが、3人は車をゲットします。
ところがライオンが4頭集まってきました。1頭はアンバーの遺体にかぶりつき、残り3頭が車を追ってきます。
銃で応戦した3人は、運転を誤って樹木にぶつかりますが、ライオンから逃げおおせました。
エレン博士は鳥エリアに連絡を取って、鳥たちが感染するよりも先に、ドームを開けて感染前の状態で鳥を放そうと考えます。
電話で連絡を取りますが、誰も電話に出ません。
リジー、AJ、ゲージはジップラインを使って空中を移動します。ところが2本あるワイヤーロープの片方が切れ、リジーはゲージに捕まって助かりますが、AJは墜落死しました。
リジーとゲージはエレン博士のいる管理センターに行き、合流します。
エレン博士は鳥エリアに行く決意を固めていました。備品室に移動して可燃性ガスボンベと武器を手にし、鳥を解放した後、ガスボンベで園内を爆破するプランを立てます。
一同はジープで移動すると、鳥コーナーで二手に分かれました。リジーとゲージがドーム内のリッキーとチェルシーを救い出し、エレン博士と娘・シーアは外で準備をします。
リジーとゲージが呼びかけながらドームに入ると、オウムが「助けて」と声真似をします。そこへ見に行くと、リッキーが死んでいました。
リジーの足首を掴んだチェルシーは「私の中に巣を作っている」と言います。見ると、チェルシーの腸を使ってオウムが巣を作り、卵を産んでいました。
鳥はすでに感染していたので、解放するわけにいきません。リジーとゲージは襲われますが小型サイズの鳥が多いので、頭をもいだり銃で撃って殺しました。
その頃、ドームの外でエレン博士はガソリンを撒き、ドームに火をつけます。
ドーム内に入ってきた煙で火をつけたことに気づいた2人は、ドームの外へ出ます。エレン博士と合流した2人ですが、火が間に合いません。ゾンビ化した鳥が外に出ようとします。
リジーは車をドームに近づけて車を撃って爆破しました。ゾンビ化した鳥が炎に包まれながら飛びますが、撃って落とします。
出口に近付いたリジー、ゲージ、エレン博士、シーアをゴリラのキフォが追ってきました。全員がキフォになぎ倒されますが、エレン博士が銃を撃って仕留めます。
CDC(アメリカ疾病管理予防センター)のヘリがやってきました。4人は乗り込みました。
エレン博士は祖父の願いだった動物園を壊してしまったことを嘆きますが、ゲージとリジーは自分たちを助けてくれたではないかと博士に言いました。
その頃動物園では、死んだと目されたキフォの目が開いていました(死んでない、ゾンビゴリラは健在)。

みんなの感想

ライターの感想

B級映画だと思って鑑賞し、むしろ「どこか突っ込みどころがあるか」と楽しみながら見ると面白い。
ほんとにB級、しかも話が進むに従って、スタッフがやる気をなくしたのか、徐々にCGが劣化していく。
なんかむしろ笑わせたいのか、コメディ映画なのかと思いたくなるくらい、終盤はぐだぐだになる。それを楽しむのも一興。
いろんな動物が出てくる。特にコアラのゾンビは初めて見たので「つくりもの」感はあるものの面白かった。しかもバットでなぜ皮と内臓が剥がれるのか。
けっきょくなにしたかったんだろう…と思わずにいられない、ありがちなパターンのラスト。でも私は個人的に好き。

映画の感想を投稿する

映画「ズーンビZOOMBIE」の商品はこちら