映画:セル(2016年)スティーヴンキング

「セル(2016年)スティーヴンキング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(12件)

ホラー映画

セルの紹介:2016年製作のアメリカ映画。人気ホラー作家、スティーヴン・キングの小説を自らが脚本を手がけて映画化したサスペンス・スリラー。携帯電話をかけていた人々が突然暴徒化し、まるで地獄絵図のようになった世界を逃げ惑う主人公をジョン・キューザックが演じる。

あらすじ動画

セル(2016年)スティーヴンキングの主な出演者

クレイ・リデル(ジョン・キューザック)、トム・マッコート(サミュエル・L・ジャクソン)、アリス・マックスウェル(イザベル・ファーマン)、シャロン・リデル(クラーク・サルーロ)、ジョニー・リデル(イーサン・アンドリュー・カスト)、ジョーダン(オーウェン・ティーグ)、チャールズ・アーダイ(ステイシー・キーチ)、ラガディ(ジョシュア・マイケル)、レイ(アンソニー・レイノルズ)、デニス(エリン・エリザベス・バーンズ)、空港の男(ロイド・カウフマン)

セル(2016年)スティーヴンキングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①コミック『闇夜の旅人』の大型契約が決まったクレイはボストンで妻子に連絡を取るが、途中で携帯の充電が切れた。その直後、携帯を使っていた人たちが一斉に凶暴化する。逃げたクレイはトムやアリスと合流し、妻子のいるニューハンプシャーを目指す。 ②青年・ジョーダンが加わり、アリスが死ぬ。彼らは「人間携帯電話」になったことが判明。クレイは息子を奪回しにトムらと別れてカシュワクに向かうが、仲間になった。

【起】– セル(2016年)スティーヴンキングのあらすじ1

セル(2016年)スティーヴンキングのシーン1

画像引用元:YouTube / セル(2016年)スティーヴンキングトレーラー映像

アメリカ・マサチューセッツ州ボストン。

空港内にはおおぜいの人がおり、おおぜいの人たちがスマホを操作しています。

その空港に降り立った中年男性クレイ・リデルは、携帯電話をかけようとします。

クレイは妻シャロン・リデルと息子・ジョニーと別居して、1年が経過していました。

コミック作家のクレイはリズという女性と浮気し、それが原因でシャロンと別居しています。

リズとはすぐに別れたクレイですが、コミックが売れたらニューハンプシャー州に住んでいる妻子と会おうと思っていたのです。

そう思い詰めたのが功を奏したようで、クレイの連載中の作品『闇夜の旅人』がヒットを飛ばし、映画化などの権利を大手企業が契約しました。

これでやっと妻子に会えると思い、クレイは携帯で電話しました。

ところが空港内でクレイが妻のシャロンに電話をかけると、途中でビデオ通話が途切れました。クレイの携帯の充電が切れたのです。

やむなく公衆電話でかけようとすると、周囲で一斉に変化が起こりました。

みんながいきなり痙攣を始め、次の瞬間、暴動が始まります。互いを攻撃したり、壁にぶつかったりと、狂乱が起こりました。空港内は大混乱に陥ります。

横にいた少女は泡を吹いて倒れ、壁に激突しました。

空港内の厨房から走り出してきた料理人が、ナイフでクレイを刺しそうになります。クレイはとっさにスーツケースで防ぎました。

どうやらこれは空港にかぎったことではなく、外でも起きたようです。

というのも、飛行機が墜落を始めたからです。

騒動におどろいたクレイは、空港に併設されている電車に乗り込みました。

地下鉄はまだ正常な人間が多くいます。どうやら集まってきたようです。

車掌の黒人中年男性トム・マッコートは「いつまでもここに留まるわけにはいかない。やがて地下水がたまり、何もせずにいると24時間以内に溢れだす」と言い、15mほど先にある避難出口から外へ出ようと言いました。

しかし逃げ出したのは、トムとクレイともう1人、若者のマイクだけでした。

マイクは出口付近にいる男性作業員にツルハシで襲われ、即死します。

はしご段をのぼって通風口から外へ出ると、やはり街も大混乱に陥っていました。

クレイはトムを、自分の住むアパートに案内します。

部屋に入ったクレイは、トムの携帯電話を借りて家族にメールをしたいと言いました。

トムはクレイに携帯を渡すと、使った後は冷蔵庫に入れておけと言います。充電池が長持ちするからです。

クレイとトムは、そこで一晩過ごすつもりでした。

夜、ドアがノックされます。おそるおそるクレイが開けると、上の階の少女(10代半ばから後半)・アリスでした。

アリスは「ママを殺した」と言うと、血しぶきを浴びたので着替えをしたいと言います。

クレイはシャワーと服を貸しました。

風呂から出て来たアリスは、「移動するなら連れてって」と言います。トムもクレイも「そのつもりだ」と答えましyた。

ところで。

世間で何が起きたのかが分かっていません。

トムは「テロが始まったのか」と言いますが、本当にこの段階では全く分からなかったのです。

(先にネタバレすると、ある時点で携帯電話を使っていた人物が一斉に暴徒化した)

翌日。

奇妙な人間たちが、集団で移動する光景をアパートの窓から3人は見ました。

(この奇妙な光景、ゾンビに似ている。しかし実際はゾンビではない。死ねば死体のまま生き返らない。意思を持たない人間の行列)

彼らは群れをなし、時折小刻みに首を振っています。異様な光景にアリスは「鳥みたい」と言います。

クレイは金属バット、トムはバール、アリスはゴルフクラブを持って移動を開始しました。必要な物資はリュックに入れて背負っています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「セル(2016年)スティーヴンキング」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×