映画:ゾンビの中心で愛をさけぶ

「ゾンビの中心で愛をさけぶ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ゾンビの中心で、愛をさけぶの紹介:2019年7月23日公開のデンマーク&スウェーデン合作映画。ゾンビだらけの世界で救助を待つ倦怠期の夫婦。ゾンビとの戦いや、突如訪れたサバイバル生活に刺激されながら再燃し始めるふたりの愛を描いたサバイバル・ラブロマンス。

あらすじ動画

ゾンビの中心で愛をさけぶの主な出演者

カレン(ゾーイ・タッパー)、ジョン(エド・スペリーアス)、エミリー(アントニア・キャンベル=ヒューズ)、レオ(ヤン・ベイヴート)、マーティン(ルーカス・ラフラン)

ゾンビの中心で愛をさけぶのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ジョンとカレンは倦怠期の夫婦。離婚を考えていた矢先に世界でウイルスが流行、感染、発症するとゾンビになることが判明。 ②ゾンビに襲われないよう立てこもっているうちに、夫婦は愛情を取り戻す。カレンが発症、ジョンはカレンといっしょにいる道を選ぶ。2人ともゾンビ化。

【起】– ゾンビの中心で愛をさけぶのあらすじ1

ゾンビの中心で愛をさけぶのシーン1

画像引用元:YouTube / ゾンビの中心で愛をさけぶトレーラー映像

(原題は『ZOO』=『動物園』。

『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』という日本タイトルは、最大のネタバレ(苦笑)。

映画自体は倦怠期の夫婦をメインに描いており、ゾンビが現れるのは中盤から。

非常にユニークなゾンビ映画)

北欧の国、タワーマンションの一室。

ジョンとカレンは、倦怠期真っただ中の夫婦です。

ジョンは大学の先生をしており、頭のなかは仕事のことばかり。

カレンはそんなジョンに不満を抱いており、今日こそは離婚を切り出そうと考えていました。

とはいうものの、ジョンとカレンは会話の数も減っていたので、なかなか離婚も切り出せません。

明日起きたら、離婚を切り出そうと思ったカレンは、そのままベッドで寝ました。

同じベッドで眠りますが、2人に接点はありません。

翌日。

最上階のジョンたちの部屋の天井に、穴が開きました。

意を決したカレンが離婚を切り出しますが、ジョンは聞いていません。

外へ出たジョンは、別のマンションに飛行機が突っ込んでいるのを目撃します。

少し前から、ラジオでニュースは流れていました。

あるウイルスが世界中に流行していることや、ウイルス感染、発症のことなどが、取沙汰されてはいました。

しかしジョンは、「製薬会社が金儲けをするための陰謀」「一定程度ウイルスが拡大したら、ワクチンを作るにちがいない」と決めつけており、備えをしていませんでした。

飛行機が落ちてきたのを見たジョンは、まずいと思い、備えを考えます。

部屋に戻ったジョンはカレンを促して、家の中の備蓄食料を調べました。

トマト缶4つ、豆の缶詰2つしかありません。

困ったと思ったジョンは、カレンに食糧調達の必要性を訴えます。

カレンは「よその家から借りてくればいい(平和になってから、返せばいい)」と言いました。

ジョンもそうだと思い、マンションの部屋を出て、隣家のアンダーソン家のものを盗んできます。

ジョンとカレンの住む部屋は、マンションの最上階でした。

周囲にはまだ感染者の姿が見えません。

アンダーソン家の部屋には、食糧だけでなく40インチの大型テレビもありました。

ジョンとカレンは運んできます。

ラジオでは「救助隊が順番に巡っていくから、窓ガラスに目印として、×印をつけておけ」と言われています。

ジョンたちはテープで黒い×のしるしをつけると、素直に待ち続けます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゾンビの中心で愛をさけぶ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×