映画:ゾンビデオ

「ゾンビデオ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ゾンビデオの紹介:2011年に制作され、2012年に公開された日本のゾンビ映画です。ゾンビの対策ビデオをテーマとしているため、コメディ寄りの作品に仕上がっています。ゾンビ映画が存在する世界で起きたゾンビパニックという設定になっており、様々な小ネタも散りばめられています。元々はゾンビ対策のマニュアルDVDというバラエティの企画でしたが、キャスティングの問題により、映画として撮影することになったそうです。なお霊媒師の忠告により、公開を2年ほど遅らせるつもりでしたが、ファンの要望もあり、2012年に公開したそうです。

あらすじ動画

ゾンビデオの主な出演者

吉村アイコ(矢島舞美)、橋本トモジ(宮崎吐夢)、ヤスデ(鳥居みゆき)、カナブン(中島早貴)、宇津瀬ミツオ(大堀こういち)、真佐クル世(菅野麻由)

ゾンビデオのネタバレあらすじ

【起】– ゾンビデオのあらすじ1

ゾンビデオのシーン1

画像引用元:YouTube / ゾンビデオトレーラー映像

うつせみコーポレーションという映像会社で、吉村アイコは働いていました。

ある日、アイコは結婚式のビデオの発見を命じられ、VHSヒビデオの在庫を片っ端から探していきます。

先輩の橋本トモジも手伝いました。VHSビデオを見ながら結婚式のビデオを探していたとき、女子高生がゾンビに追いかけられるという内容の映像を見つけます。

橋本はドがつくほどのゾンビマニアだったため、結婚式のビデオそっちのけで、ゾンビの映像を見始めます。

橋本はビデオを見ながら、過去に撮影されたゾンビ映画についての様々なうんちくを披露し始めます。興奮状態でゾンビについて語る橋本でしたが、アイコは興味がなかったため、ほとんど聞き飛ばしていました。

ビデオのタイトルが映ります。そこには「ゾンビ学入門」と書かれていました。

「ゾンビ学入門」とはその名の通り、ゾンビの対処法について説明していくビデオです。ゾンビに襲撃されたとき、どう立ち向かえば良いのか、詳しい説明が続きます。シチュエーション別の対処法の説明はやけに丁寧でした。

橋本は70年代から80年代に撮影されたビデオだろうと推測しました。

内容が会社の事務所にゾンビがやってきたときの対処法に差し掛かかった瞬間、異変が起こります。

なんとアイコと橋本の前に本物のゾンビが現れたのです。くしくもその状況はビデオの内容とまったく同じでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゾンビデオ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×