「ゾンビハイスクール」のネタバレあらすじと結末の感想

ゾンビ・ハイスクールの紹介:2012年製作のアメリカ映画。名門高校を舞台に、居残りさせられていた生徒たちが、ゾンビに襲われる恐怖を描いた作品。ゾンビの巣窟と化した高校で繰り広げられるホラー・アクション。

予告動画

ゾンビハイスクールの主な出演者

エディ(ヤコブ・ザッカー)、ウィロー(アレクサ・ニコラス)、ジャネット(クリスタ・B・アレン)、ブラッド(ジェイソン・ブライアー)、アッシュ(ジャスティン・チョン)、ジミー(マックス・アドラー)

ゾンビハイスクールのネタバレあらすじ

【起】- ゾンビハイスクールのあらすじ1

リンカーン高校では、授業が終わって生徒たちがバスで帰ったり、外に大勢いました。バスにはゾンビのような動きをする者が乗り込んでいます。
エディは問題を起こしたことがバレて居残りさせられます。他にも何名かの生徒が居残りさせられていました。
米軍志望のブラッドはジャネットとイチャついてて、エディは彼女に声をかけます。彼女の数学の成績が悪かったので、教えてあげようかと言います。
ブラッドはまた虐められたいかと怒ってきます。席についた後、エディはブラッドに壊されたメガネを瞬時に直します。ハーバードを狙っていて、エディは賢いのです。
ウィローが入室してきて、エディの近くに座ってきます。彼女は俳優のゾンビの子でも産もうかと言っています。
アッシュはジミーにヤクを分けていました。そして後ろの席にいたマークを見つけます。
マークはイカれた奴に手を噛まれていました。アッシュが手を見してもらうと、血がでていて何か動いていました。
アッシュはランブルソープ先生に大変だと知らせます。するとマークがゾンビとなって叫び出し、ブラッドは狂犬病かと疑います。
先生が近づくと、マークに噛まれてしまいます。皆が必死にはがそうとしますが、マークの力は凄まじいです。
何とか引き剥がすと、マークは頭を打ち付けて倒れます。先生は首の肉を食いちぎられて瀕死です。
チアリーダーのユニフォームを着ているジャネットの服を一部取って、先生の血を止めようとします。ジャネットは血が少し着ている服に付着して、先生より服の心配ばかりしています。
教室の外に出ると、他にもゾンビが大勢いて、生徒たちが襲われていました。マークも起き上がってきて、全員先生を引き連れて外へと逃げることにします。
出口が閉まっていて、とりあえず職員室に逃げ込みます。ジャネットは廊下で友人がゾンビとなっていて、それを見て笑うアッシュに、変人だと言い放ちます。
とりあえずどこか隠れる場所を見つけて、防御を固めることにします。隠れ場所として図書室を選択します。書棚をバリケードにするつもりです。
廊下にゾンビがいて、彼らは極地的な思考だとエディは考えます。要は目の前しか見てなくて、注意を引かなければ見つかりません。

【承】- ゾンビハイスクールのあらすじ2

ブラッドは米軍志望なのに、エディに先に行けと言います。エディは見事に通り過ぎますが、アッシュが大声で褒めてしまいます。
ゾンビたちに見つかって、下の階に降りることにします。エディは一人ゾンビの注意を惹きます。
皆が図書館に入った後、エディはスライディングしてゾンビたちの間を通ります。ウィローはエディの行動に驚きます。
そして図書館の入り口に机や椅子を置いてバリケードを張ります。エディが外を見ると生徒たちがゾンビとなって蠢いていました。
ジャネットはウィローから先生の面倒を見るように言われて、首の部分を布で押さえていると、先生は痙攣を起こした後に黒い血を口から吐きます。
死んでは駄目と、ジャネットが人工呼吸をしようと口を近づけてると、待ってましたとばかりに、先生は舌を動かし回します。
エディが気づいて、ジャネットは噛まれずに済んで、ブラッドに抱きしめられます。彼女はブラッドにお礼を言います。
アッシュは裁断機を見つけて、それで先生の首を切り落とします。ブラッドはその拍子に、指を噛まれていました。皆にはねじっただけだと嘘をつきます。
先生は首になっても生きていて、アッシュは自分の指を口の近づけて遊びます。
しばらくして、廊下の外に続々とゾンビが集まっていました。このままでは、いつか押し入られます。
ゾンビに関しての書物を探してると、ジミーが背後に現れたゾンビに首を噛まれてしまいます。皆は本を投げて動きを封じ、怒ったブラッドは棒を頭に刺してゾンビを殺します。
このままではジミーがゾンビになることから、どうするか皆は考えます。その話しを聞いたジミーは、自ら窓から落ちてゾンビの餌食となります。
思い詰めた皆は、気分転換にとマリファナを吸うことにします。ジャネットはチアリーダーでいることのプレッシャーや、周りから嫉妬されてることを話します。
エディは自分が居残りさせられた理由を話します。ハーバードに受かるため、アンフェタミンを飲んでいることがバレたのです。また、自殺を考えていたのか銃も所持していました。

【転】- ゾンビハイスクールのあらすじ3

ウィローはゾンビがきてる音を聞きます。皆で様子を見に行くと、ジャネットが壁から出てきたゾンビの腕に襲われます。
エディが助けて、ジャネットは感謝してハグします。ブラッドが落ち込んでると、エディは股間をゾンビの手に掴まれます。ひたすらエディは壁越しに腰をふることとなります。
ブラッドが銃で撃とうとしますが、危ないのでエディは止めます。ウィローらが机を横から突撃させて、ゾンビの腕だけを切断します。
エディは股間に腕がついたままで、アッシュが助けるために、彼の腕にまたがります。腕を剥がそうとして、前後運動していると、ゾンビの血が吹き出てジャネットの顔にかかります。
ウィローはエディがジャネットに気がいってるのを見て、それが本当の自分なのかとアドバイスします。エディはウィローに、もしも生き延びたら…と約束をします。二人は良い雰囲気になります。
ブラッドの手は侵食が進んでいました。アッシュは大便がしたくなります。
このままいてもバリケードを突破されると考えて、通気口から逃げ出すことにします。ジャネットは頑なに残ることを決め、エディはウィローに謝罪して残ることにします。
通気口の中を3人は進みます。アッシュが我慢できなくなって、おならをします。ウィローとブラッドは勘弁してくれと言います。
先頭を行くウィローはネズミのゾンビが出てバックします。するとゾンビたちが通気口を揺らしてきて大パニックになります。3人は廊下へと落ちます。
アッシュはクスリを通気口に置いてきてしまって戻ります。目の前にネズミゾンビが現れて食われます。通気口からアッシュの足だけが落ちてきます。
ウィローとブラッドはアッシュの足を武器にゾンビの群れを突破します。

【結】- ゾンビハイスクールのあらすじ4

エディはジャネットと良い雰囲気になっていました。ジャネットは瞳が綺麗とエディを褒めます。こちらはほのぼのとしてロマンチックです。
ジャネットは処女で死ぬのは嫌だと服を脱ぎます。まさかとエディは驚き、二人はキスをします。
そこへブラッドとウィローが戻ってきて途中やめになります。バリケードをとって、二人を図書室に入れます。
再びバリケードを入り口に置きます。ジャネットは続きをと他の部屋にエディを連れていきます。ウィローは悲しそうに見つめます。
ブラッドは侵食が末期に達してゾンビとなります。バリケードを外していき、ウィローはエディらを呼びに行きます。そこで見たのは、下着姿のジャネットとエディがイチャついてる姿でした。
エディとウィローはバリケードを抑え、ジャネットはブラッドに襲われます。エディらはブラッドが浮気していたと、あることないこと話します。
すると弱気だったジャネットはブラッドを外にふっ飛ばします。バリケードがもたなくなり、エディらは図書室から逃げることにします。
コロコロを改造して、銃を持って3人は逃げ出します。先生の顔もコロコロに合体させておきます。
ジミーゾンビに襲われたエディを、ウィローは助けます。ジミーゾンビの頭に尖ったものを突き刺します。
エディとウィローは、ブラッドゾンビからジャネットを助けます。3人は体育館に行って屋上に避難することにします。
エディはウィローに自分が馬鹿だったと話し、ゾンビを食い止めるために一人戦います。棒や鉛筆を駆使して、ゾンビたちを葬っていきます。
楽器を持ったゾンビがきて、エディは頭上から楽器を突き刺します。吹く場所から血が吹き出ます。
体育館にもゾンビはいました。ウィローとジャネットは梯子を登ります。途中、ジャネットは足を噛まれてしまいます。彼女の叫び声を聞いたエディが向かうと、体育館のゾンビに囲まれます。
ジャネットはゾンビで死にたくないことから、ウィローに最後の弾で撃ってもらうことにします。ジャネットが最後だと考えて歌を歌ってると、エディがやってきます。
ゾンビが登ってきて、ウィローは最後の弾で撃ち殺します。ブラッドが上がってきて、ジャネットは彼とともに屋上から飛び降ります。
エディとウィローは二人取り残されます。デートにいけそうにないと二人は話します。そして見つめ合ってキスをしようとすると、軍隊がゾンビを制圧したと助けにきてくれます。
学校の芝生にでたエディとウィローはキスをします。キスが終わると、ジャネットがエディを襲ってきます。銃声が鳴り響いてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ほのぼのとした青春の雰囲気、3角関係などの恋愛面、下ネタを取り入れたコメディ感、そしてグロテスクなゾンビのホラー要素が含まれています。
学校が舞台であり、登場人物が生徒です。マリファナを吸いながら、悩みを話す生徒たちの姿から、青春の雰囲気を感じ取ることができます。
恋愛面は、冴えないエディ、ジャネット、ウィロー、ブラッドの間で起こります。エディはジャネットが気になっていましたが、ウィローの言葉で彼女に惹かれ、けれどもジャネットの魅力にも惹かれていきます。3角関係に発展してしまいます。
下ネタを取り入れた笑える場面もある作品です。エディが壁越しに手でつかまれて上下運動したり、ジャネットにやたらと血がかけられたりと面白いです。
ネズミのゾンビが出てきた場面では、ウィローらが必死なのに、エディとジャネットが良い雰囲気になっています。真逆の展開が交互に映し出されて笑いを誘ってきます。
もちろん今作はホラー映画として、恐怖を感じるグロテスクな演出も存在します。噛まれた後の皮膚のグロテスクさや、足のないアッシュの姿、ジミーの内臓を食っていくゾンビなどです。
最後まで見終わって、エンディングの曲が印象的でした。歌詞が世界が終わった時のことを題材にしていて、興味深くてつい聞き入ってしまいます。最後まで楽しめる作品として、十分に仕上がってる映画でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「ゾンビハイスクール」の商品はこちら