映画:ゾンビ大陸アフリカン

「ゾンビ大陸アフリカン」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

ゾンビ大陸アフリカンの紹介:2010年にイギリスで製作されたホラー映画。監督・脚本は本作がデビューとなるハワード・J・フォード とジョン・フォードのフォード兄弟。アフリカの乾いた空気の中、無数に徘徊するゾンビと、その中で生き残ろうとする二人の兵士の苦闘を描く物語。昨今の流行に背を向けた動きの鈍い古典的なゾンビ描写とゾンビ映画の基本に忠実な物語展開がマニアに好評をもって迎えられ、ネットを中心に高い評価を集めている。

あらすじ動画

ゾンビ大陸アフリカンの主な出演者

ブライアン・マーフィー(ロブ・フリーマン)、デンベレ(プリンス・デヴィッド・オシーア)、チーフ(デヴィッド・ドントー)、ダン・レイヤー(ベン・クロー)、ジェームズ(ダン・モーガン)、ジュームズの婚約者(ジュリア・スコット=ラッセル)

ゾンビ大陸アフリカンのネタバレあらすじ

【起】– ゾンビ大陸アフリカンのあらすじ1

砂漠を歩く男(マーフィー)の近くを一人の男が通りがかります。しかし、それはゾンビでした。マーフィーはそのゾンビを射殺すると、水と弾薬を奪うのでした。

その数日前、ゾンビだらけのアフリカから、人々が米軍機で脱出しようとしていました。しかし燃料が不足している上、機内で死亡した男がゾンビ化したことで混乱が広がり、飛行機は墜落してしまいます。

ある村でもゾンビたちに村人が次々に食われていました。懸命に戦っていた軍隊も遂に撤退してしまいます。

一方、墜落した飛行機では、エンジニアのマーフィーと2人のアメリカ兵だけが生き残っていました。さっそく彼らのもとにゾンビたちが近づいてきます。一人の兵士は逃げ出しますが、もう一人は足を怪我して逃げられず、喰い殺されてしまいました。マーフィーはその間に飛行機の運んでいた木箱をこじ開け、中から銃を取り出すとゾンビたちを射殺してその場を立ち去るのでした。

その頃、軍の兵士をしていたデンベレが自分の村に帰ると、すでにそこはゾンビの襲撃で全滅していて、瀕死の老婆だけが一人で残されていました。彼女はデンベレの息子は生き残ていて、軍に連れられていったことを告げると息を引き取りました。

ゾンビの襲撃をかわしながら近くの村にたどりついたマーフィーは、放置されていたトラックを見つけて修理にとりかかりますが、ゾンビたちが近づいてきます。一体のゾンビを倒したマーフィーは手早く修理を終え、トラックでその場を立ち去ります。その途中、逃げ出していた米兵の一人がゾンビ化して道に立ちふさがりますが、マーフィーは彼をひき殺し、水と武器を奪って立ち去るのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ゾンビ大陸アフリカン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×