映画:ダイアリーオブザデッド

「ダイアリーオブザデッド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

ダイアリー・オブ・ザ・デッドの紹介:2008年に公開されたアメリカのホラー映画。ゾンビ映画の父と称されるホラー映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督の作品で、ロメロのゾンビ映画としては5作目にあたる。前作『ランド・オブ・ザ・デッド』で初めてハリウッドメジャーに進出したものの、トラブルが相次いだことでハリウッドでの仕事に嫌気がさしたロメロが低予算路線に戻った作品でもある。主観映像を多用した擬似ドキュメンタリーでもあり、見るからに安上がりな作品ではあるが、ロメロらしさも多分に発揮されていて、歓迎するファンも多い。また、ロメロ本人のノンクレジット出演の他、ウェス・クレイヴン、スティーヴン・キング、ギレルモ・デル・トロ、クエンティン・タランティーノといった数多くのホラー映画関係者がニュース映像などで声の出演をしている。

あらすじ動画

ダイアリーオブザデッドの主な出演者

デブラ(ミシェル・モーガン)、ジェイソン(ジョシュ・クローズ)、トニー(ショーン・ロバーツ)、トレーシー(エイミー・ラロンド)、エリオット(ジョー・ディニコル)、アンドリュー(スコット・ウェントワース)、リドリー(フィリップ・リッチオ)、ゴード(クリス・ヴァイオレット)、メアリー(タチアナ・マスラニー)、大佐(アラン・ヴァン・スプラング)

ダイアリーオブザデッドのネタバレあらすじ

【起】– ダイアリーオブザデッドのあらすじ1

ある日、違法移民の男が妻子を殺して自殺したという事件が発生しました。警察や救急隊が駆けつけ、テレビのレポーターが見守る中、突如として収容中の遺体が復活し、その場にいた人々を襲い始めます。その一部始終を映すカメラは、逃げ遅れたレポーターが喰い殺される場面をしっかりと捉えていました。

その頃、山中の森の中では、ピッツバーグ大学映画学科のアンドリュー教授と学生のジェイソンたち8人がホラー映画を撮影していました。ミイラ役の俳優リドリーに追われる主演女優のトレーシーは、映画の内容の馬鹿馬鹿しさに不満を漏らしていました。

そんな中、学生たちはラジオやネットのニュースで、死者が次々と復活しゾンビとなって人々を襲い始めたという情報を知ります。とても信じられない一同でしたが、富豪の息子であるリドリーはひとりで家に帰ってしまいました。

残った一同はジェイソンの彼女であるデブラを案じ、大学の女子寮に向かいます。学生たちは皆実家に戻っていて、デブラだけが残っていました。彼女も家族のもとに帰りたいと言い、他のみんなも一緒にキャンピングカーで移動することになりました。

途中の車内では、ジェイソンがカメラを回しながら状況を他人事のように説明します。その危機感の無さに学生のひとりトニーが苛立ちを見せました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダイアリーオブザデッド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×