映画:ダークスクール

「ダークスクール」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ダーク・スクールの紹介:山間の寄宿学校に編入となった問題児たちが芸術に取り憑かれ壊れていく恐怖を描いた2018年制作のスペイン/米合作のホラー映画。原作は「ラストサマー」シリーズで知られるロイス・ダンカンの「Down A Dark Hall」。監督は「レッド・ライト」のロドリゴ・コルテス。主演は「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」のアナソフィア・ロブ。エレガントでマッドな校長役を「キル・ビル」のユマ・サーマンが好演している。

あらすじ動画

ダークスクールの主な出演者

キット(アナソフィア・ロブ)、デュレ校長(ユマ・サーマン)、その息子音楽講師ジュール(ノア・シルバー)、ヴェロニカ(ビクトリア・モローハズ)、イジー(イザベル・ファーマン)、アシュリー(テイラー・ラッセル)、シエラ(ロージー・デイ)、文学講師シンクレア(ジョディ・メイ)、数学講師ファ―リー(ピップ・トレンス)、用務員オーロンスキー(レベッカ・フロント)、キットの母ジニー(カースティ・ミッチェル)、継父デイブ/デイヴィッド(ジム・スタージョン)、実父(David Elliott)など。

ダークスクールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①素行不良な女子高生キットたち5人が、山間の寄宿学校への編入させられる。美術担当のデュレ校長は「劣等生の才能を見出し、天才に変える」と豪語し、その息子ジュールは音楽、他に数学、文学など4人の講師の授業が始まる。無表情な中年女オーロンスキーは生徒の世話や投薬の他、体術の心得もある。②間もなくキットはピアノ、他の生徒は詩、数学、絵画の天才的な才能が開花するが、校長に反目するヴェロニカは変化がない。③学院内には不気味な人影がうろつき、生徒全員が霊感体質である事が明らかとなる一方、創作に没頭するあまり壊れ始める。④校長らはむしろそうなる事を望んでいると直感したキットは、ヴェロニカと共に入室禁止とされた部屋に侵入するが…。

【起】– ダークスクールのあらすじ1

ダークスクールのシーン1

画像引用元:YouTube / ダークスクールトレーラー映像

-女神よ 我を通じて語れ- ホメロス作「オデュッセイア」

クリスマスの夜。幼いキットは、父親に呼ばれて目を覚まし、雪の降り積もった庭に出て行きます。父親は彼女に「もう心配ないよ」と言い、去って行きました。

17歳になったキットは、その素行の悪さから、母親と共に校長室に呼び出され、シンクレアに引き合わされます。

彼女は、山間部にある少人数制の寄宿学校の講師で「我がブラックウッド学院は、優秀な校長の元で、生徒はみな才能を開花させている。何もかも変わるわ」と話します。

その学校は授業料も高額で、キットも懲罰と感じて猛反発しますが、母親のジニーと継父のデイヴは強引に編入を決めてしまいます。

ジニーは、幼い頃のハイキング写真を見ていたキットに「その時あなたは6歳で心配だったけど頑張ると言った。あなたは自分の意志で始めて、やり遂げた。パパが特別にあなたを誉めたのは頑張ったからよ」と話します。

ブラックウッド学院の校舎兼宿舎は、山々に囲まれた古い大豪邸で、室内は昼でも暗く、豪華なアンティークの家具調度で溢れていました。

彼らを出迎えた若く美しいデュレ校長は、無表情な初老の女性用務員オーロンスキーと共に彼らを個室へと案内します。

2階の個室も洒落たアンティークで明るい部屋でしたが、周囲は山々と深い森に囲まれ、制服と思しき白いシャツと黒いスカートが用意してありました。また2階の奥には不気味な暗い扉があり、立ち入り禁止だと言われます。

彼女は、ジニーが「昔はあんな子じゃなかった。情緒不安定で攻撃的だ」と校長に話すのを聞き、ろくに口をきかないまま分かれます。

学院での初めての夜。夕食と処方薬はオーロンスキーが運んできて、キットが薬を飲み下すのを確認して出て行きます。また深夜、彼女はひそひそ声で目が覚め、ベッドに自分が寝ている悪夢を見ます。

翌日、学院に残り4人の生徒が到着します。両親に連れられてきたゴス系のイジー、黒人のアシュリー、赤毛のシエラは明らかにメンヘラ系女子で、大柄なヴェロニカはふてぶてしい態度で遅刻し、暴言を吐いていました。

デュレ校長は「この学院には才能が無いと入れない。内なる才能を必ず見つけてあげる。そのためには集中力を高めなければ」と言い、全員から携帯を取り上げます。

携帯は学期中1通話のみ、ネットも無いと聞いた彼女たちは、口々に不満をまくし立てますが、校長は「ここは刑務所代わりなのよ。あなた方はこれまで人を傷つけ、家族を苦しめた。放火、窃盗、違法薬物、暴行等々自分勝手な行動をした結果、ここに来ることになった。けれどここには鉄格子も無いし、遠いけど街にも出られる」と話します。

そして「非凡な人生を送るには並外れた努力が必要です。あなたたちは間違いなく特別な存在です。今までは罵られて罰せられ、のけ者にされ、笑われてきた。けれど私の指導に従い、高みを目指す気持ちを持てば、嘲笑う人はいなくなります」と断言します。

各々が個室で荷解きをする間、ヴェロニカは早速キットに因縁をつけますが、軽く往なされます。またキットは2階奥の扉から聞こえる囁き声に気づきますが、オーロンスキーに止められます。

その晩は正式なディナーとなり、講師たちが紹介されます。

数学のファーリーは初老の紳士、キットを勧誘に来たのが文学担当のシンクレア、音楽はデュレ校長の息子で、ロイヤル音楽アカデミー卒のハンサムな好青年ジュール、そして美術はデュレ校長自身が担当します。

デュレ校長はそこでも「生徒は才能の大きさで厳しく選んだ」と話し、ジュールは9歳でピアノはやめたというキットに興味を持ちます。

その夜、キットの部屋には不気味な人影が現れます。

翌日から授業が始まり、シンクレアはプルーストの大作「失われた時を求めて」を5日で読破するという課題を出し「テーマは愛だ」と語ります。

デュレ校長の授業は屋外での写生で、下品な絵を描いていたヴェロニカには「私には”生き抜く才能を持たず怯えきった若い娘”に見える。気の毒に」と言い、キットには「悪くないが下手」と言います。

ファーリーは黒板一杯の数式を書き「数学はこの世のあらゆる事象を説明できる」と語り、ガリレオの言葉を紹介しますが、ヴェロニカとキットが取っ組み合いのケンカになり、突然現れたオーロンスキーに乱暴に引き離され止められます。彼女には体術の心得もあるようです。

ジュールの授業は温室に面した音楽室での合奏でしたが、結果は最悪でした。彼はそれでも「君たちが楽器だ。誰にどの道具が合うのか、どんな芸術的精神を発揮するのか見極めたい」と言い、ピアノを弾いていたキットに一音だけ弾かせて、見事な連弾を披露します。皆はうっとりと聞き入りますが、ヴェロニカは茶化していました。

放課後、ジュールはデュレ校長の指示だと言ってキットに特別授業をし、うまく弾けずに恐縮する彼女に優しくわけを聞きます。

彼女は「最近、ピアノを買ってくれた父の事をよく思い出す」「父が死んだ時、私はまだ9歳だった。出張帰りに事故に遭った」と打ち明けます。

ジュールは「今も悲しい?」と言って一音を響かせ「指を離してからも響き続ける音もある。苦難もあるが、僕を信頼し言うとおりに頑張れば、驚くほどの力を出せる」と話します。

ほどなくしてアシュリーは美しい詩を書いて「言葉が降りてきた」とはしゃぎ、イジーは数学、シエラは取り憑かれたように芸術的な絵を描き始めます。けれどヴェロニカだけは取り組もうすらしていませんでした。

またキットはジュールと森に行き、彼に導かれて自然の音を聞くうち我を忘れ、亡き父親に呼ばれて、音楽室で正気に返るという不可思議な体験をします。

2人はディナーに遅れ、シエラは「食欲がないし、絵を描きたい」と言って退席しますが、デュレ校長は芸術を最優先すべきと言い、咎めませんでした。

その夜、キットは図書館で、無心で数式を解いていたイジーを見かけ「落第寸前だったが、劣等生じゃなくなって楽しい」と打ち明けられます。

その時アシュリーの悲鳴がして駆けつけると、彼女は狂ったようにペンを走らせ「あっち行って!来ないで!」と泣き叫んでいて、2人は人影のようなモノが壁に逃げ込むのを目撃します。

アシュリーは「私に言葉をくれたのは”エリザベス”よ!彼女を襲った男に襲われた!夢にも出てきた!」と怯えていました。

そこにヴェロニカとシエラも駆けつけますが、廊下には人影がうろつき、物音がして出られず、結局全員で”お泊り会”をする事に。

彼女たちの編入の経緯はまちまちでしたが、キットが「父親が亡くなった晩、彼を見た。ちゃんとお別れを言いたかった」と打ち明けた事で、皆説明できない何かを見たり感じたりする、またその事で疎外され治療を受けている、いわゆる”霊感体質”である事が判明し、その”才能”こそが5人の共通点だと気づきます。

ヴェロニカは日常的にそれらを見る体質でしたが、見えないと言い張っていました。

翌日、ヴェロニカ以外の4人は、温室にいたデュレ校長に昨夜の件を訴えに行きますが、彼女は対策を練るどころか、処方薬の悪影響だと断じて薬の服用を禁じます。処方薬の服用は、偉人を異常者扱いする愚かな所業で、芸術的な独創力を削ぐというのです。

学院での成果に満足しているイジーとシエラは納得しますが、キットと現象に怯えるアシュリーは納得できませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダークスクール」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×