映画:ダークハウス

「ダークハウス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ダークハウスの紹介:数十年間に、若者数名が惨殺された家で、怪奇現象が起きているというウワサが広まり。今また、数名の若者たちが心霊現象を捉えるべく、その家へと向かったのだが・・・という心霊ホラー映画で、問題の家で起きた新たな殺害事件を追う刑事と、家で恐怖を体験した青年の独白が交互に描かれる構成になっています。

あらすじ動画

ダークハウスの主な出演者

ルイス刑事(フランク・グリロ)、エリザベス(マリア・ベロ)、ジョン(ダスティン・ミリガン)、ミシェル(コディ・ホーン)、ブライアン(スコット・ミシュロウィック)、ジュール(ミーガン・パーク)

ダークハウスのネタバレあらすじ

【起】– ダークハウスのあらすじ1

ダークハウスのシーン1

画像引用元:YouTube / ダークハウストレーラー映像

今から数十年前、「ラフォルテ通り事件」と呼ばれる残虐な殺人事件が起きました。リビングストン家に集まっていた4人の若者を、家の娘であるマーサが次々と殺し、自らも命を断ったのです。現場の状況から、この事件には宗教的な儀礼が関係していると思われました。そして事件から20年以上絶った今も、リビングトン家では何か説明出来ないような怪奇現象が起きていたのです・・・。

そして、現在。入り口が閉ざされているはずのリビングストン家から騒音がすると、近隣の住人から苦情が入り、警官が様子を見に行くと。扉にかけられた錠前は外され、家の中には殺されたと思える若者たちの死体がありました。現場に急行したルイス刑事は、家で気を失っていた青年・ジョンに事情聴取をすることに。自身の恋人でもある心理学者のエリザベスを呼び、ジョンと話をさせます。

ジョンは、最初は何が起きたか覚えていないと主張しましたが、エリザベスはジョンの心を解きほぐすように、記憶の糸をたぐっていきます・・・。

ジョンの恋人・ミシェルは、ジョンが最近ずっと悪夢にうなされていることが気にかかっていまいした。その悪夢は、亡くなったジョンの母親が、あのリビングストン家に入っていくという夢でした。ミシェルが兄のサミュエルに事情を話すと、兄は友人の、心霊現象を研究しているブライアンに相談します。ブライアンは、怪奇現象で有名なリビングストン家に調査に行こうと乗り気になります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダークハウス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×