映画:ダークハウス

「ダークハウス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

映画「ダークハウス」の感想

ライターの感想

過去に起きた惨殺事件の現場である家に、そこで死んだ者たちの霊が取り憑いていた・・・という、心霊系ホラーにカテゴライズされるだろう作品です。最近こういった心霊系ホラーは、大ヒットした「ブレアウィッチ」1作目を皮切りに、「パラノーマル・アクティビティ」の成功などを経て、POV形式で撮影した疑似ドキュメント、「モキュメント」と言われる形式で制作されることが多くなっています。 しかし本作はこれにひとヒネリ加えて、事件の起きた屋敷に乗り込んだ若人たちが撮影した映像をPOVに近い形で挿入し、「その若人たちに起きた事件」の謎を探る刑事の捜査を、ノーマルな撮影でメインに持ってくるという構成になっています。最近どうもPOVも食傷気味だなあ、という方には程よい構成になっているのではないでしょうか。 ただ、POV中心に描かれる「若人たちの恐怖体験」は、もう少し工夫があっても良かったかなと思います。いきなり絵画が燃えだすシーンは、ちょっと唐突すぎるかなと。それでも、心理学者に扮したマリア・ベロさんの魅力もあり、最後に明かされる真相での「どんでん返し」も含め、なかなか見ごたえのある心霊ホラーになっていたと思います!
    1 2 3 4 5

    「ダークハウス」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×