映画:チャイルドプレイ3

「チャイルドプレイ3」のネタバレあらすじと結末

チャイルド・プレイ3の紹介:1991年に公開された「チャッキーシリーズ」の第3弾です。本作の主人公は1作目、2作目でも活躍したアンディ・バークレーです。今回は青年となったアンディが、復活したチャッキーに立ち向かうというものになっています。時系列としては前作から8年後です。前作と違い、アンディは青年という設定であるため、ヒロインの女兵士シルヴァとの恋愛要素も描かれているのが本作の特徴だと言えます。シリーズファンにとっては成長したアンディの活躍が見れます。それと本作は続編であるため、1作目、2作目を見た人でないと話の流れは分からないかもしれません。

あらすじ動画

チャイルドプレイ3の主な出演者

チャッキー(ブラッド・ドゥーリフ)、アンディ・バークレー(ジャスティン・ホーリン)、クリステン・デ・シルヴァ(ペリー・リーヴス)、ロナルド・タイラー(ジェレミー・シルヴァーズ)、シェルトン中佐(トラヴィス・ファイン)

チャイルドプレイ3のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- チャイルドプレイ3のあらすじ1

チャイルドプレイ3のシーン1 アンディとチャッキーの事件が世間でニュースになって以降、グッドガイ人形の売り上げは落ち、販売停止にまで追い込まれていました。
そうした現状を打破するべく、社長のサリバンはグッドガイ人形を再発売するようにと命令を出します。
再発売のお祝いに、製造工場から社長に向けて、グッドガイ人形のプレゼントが贈られました。この人形こそ、かつて世間を恐怖に陥れたチャッキーだったのです。
社長のサリバンは所詮ただの人形だろうと思っていたため、チャッキーが近くにいることにはまったく気づいていません。チャッキーは手近にある道具を使って、サリバンを殺害します。
その後、チャッキーはサリバンのパソコンを使い、因縁の敵、アンディの情報を集めました。アンディの体をのっとろうと考えていたのです。
いまやアンディは16歳の青年となり、陸軍学校に通っていました。

チャッキーは早速小包の中に入り、アンディの通う陸軍学校に向かいます。その小包を少年兵のタイラーが届けに行こうとしますが、中身がグッドガイ人形だと知り、勝手に荷物を開けてしまいます。
チャッキーは新型だと嘘をつき、「アンディはどこにいる」とタイラーを問い詰めます。その最中、チャッキーは少年のタイラーの体を乗っ取ることに決めました。
すぐさま呪文を唱え、体を奪おうとしますが、陸軍の教官がやってきて、中断せざるを得なくなります。教官は「人形は女の遊びだ」と怒鳴り、タイラーからチャッキーを取り上げました。

【承】- チャイルドプレイ3のあらすじ2

チャイルドプレイ3のシーン2 シェルトン中佐の前で訓練を行っていたアンディは、校長がグッドガイ人形のチャッキーを持っているのを見て、驚きをあらわにします。そのせいでシェルトン中佐に怒られてしまいました。
校長はチャッキーを捨てるため、廃棄トラックへ向かいます。廃棄トラックに捨てられたチャッキーは人間の声色を真似しました。その声を聞いた運転手は人が紛れ込んでいるのかと慌てて、ゴミの中を調べ始めます。その隙を突き、チャッキーはトラックの運転席に回りこみ、スイッチを押しました。結果、運転手はゴミもろとも押しつぶされ、無残な状態で発見されます。

見事に逃げおおせたチャッキーはアンディの部屋に侵入しました。アンディが帰ってきます。
油断しているアンディ目掛け、チャッキーはナイフを振り下ろしました。アンディはチャッキーが生きていることに驚きを隠せません。カイルという少女と協力して、殺したはずだったからです、
チャッキーが今度はタイラーを狙っていることを知り、アンディは立ち向かいました。その矢先、シェルトン中佐が部屋を訪ねてきて、人形のチャッキーを持ち帰ってしまいます。

深夜、アンディはチャッキーの野望を食い止めるため、シェルトン中佐の部屋にこっそりと入ります。しかしチャッキーはアンディの行動を予想しており、先手を打っていたのです。そのせいでチャッキーを止めることができず、アンディはチェルトン中佐に怒られ、罰として深夜訓練をさせられてしまいます。

【転】- チャイルドプレイ3のあらすじ3

深夜訓練に勤しむアンディを尻目に、チャッキーはタイラーの部屋へと足を運びます。タイラーは部屋に「僕を探してみて」と手紙を残していました。
チャッキーはタイラーを探すため、部屋の外へ出ます。タイラーはチャッキーの本性を知らないため、かくれんぼをして遊ぼうとしていたのです。
校長室に隠れたタイラーの元へ、ナイフを持つチャッキーが近づいていきます。すると校長室に2人の女生徒がやってきました。彼女たちはアンディの情報を知りたいがために校長室に忍び込んだのです。
そのときまたもや誰かが入ってきました。2人の女生徒とタイラーは見つからないうちにと、さっさと逃げ出します。その場にはチャッキーだけが残されました。
校長は捨てたはずの人形があることに驚きつつ、チャッキーを捨てました。チャッキーは勢いよく飛び掛ります。動く人形に驚いた校長は心臓発作で死んでしまいました。

次の日、校長の死に沈む中、アンディはタイラーに向かって、「チャッキーに気をつけろ」と忠告します。タイラーはその言葉には耳を傾けず、人形を奪われて悔しいのだろうと勘違いしていました。それでもアンディは諦めず、もしものときに使えとナイフを渡しました。

そして陸軍学校の伝統行事「戦争ゲーム」が幕を開けます。シェルトン中佐率いる赤軍とローリング少佐を指揮官とした青軍に分かれて、ペイント弾を使った戦いが始まりました。
ですがペイント弾はチャッキーの手によって、実弾へと変えられていたのです。そのことに誰も気づかないまま、ゲームは始まってしまいました。

その頃、チャッキーはついにタイラーの前で本性をあらわにしていました。タイラーはアンディから貰ったナイフで立ち向かい、その場を逃げ出します。
アンディもまたタイラーを探して、森の中を走り回っていました。その最中にシェルトン中佐に捕まってしまいますが、合流したタイラーの助けもあり、難を逃れます。
するとチャッキーが無線を通じて、アンディと恋仲である青軍の女兵士デ・シルヴァとタイラーを交換しようと取引を持ちかけてきました。

【結】- チャイルドプレイ3のあらすじ4

アンディはシルヴァを助けるため、タイラーを連れ、チャッキーの元へと向かいます。
そこへ赤軍と青軍もやってきました。チャッキーは両軍を争わせようとしていたのです。結果、撃ち合いになり、シェルトン中佐は死んでしまいました。
チャッキーは手榴弾を投げ、女兵士のシルヴァと交換したタイラーを連れて、その場を去ります。手榴弾から仲間を守るため、アンディの友達のホワイトハーストが爆弾に覆いかぶさって死んでいきました。

アンディはシルヴァと共にタイラーを助けるため、後を追いかけます。タイラーは一瞬の隙を突き、逃げ出していました。警備員に助けを求めますが相手にしてもらえず、チャッキーがついに追いつきます。チャッキーは警備員を殺し、タイラーを連れて、遊園地にあるお化け屋敷へ入っていきました。

アンディたちはチャッキーに追いつきますが、何激され、シルヴァが動けないほどのダメージを追ってしまいます。シルヴァに銃を託されたアンディは、すぐさまチャッキーの後を追います。
チャッキーはタイラーを追い詰め、呪文を唱えようとしていました。間一髪のところでアンディが間に合い、チャッキーに向けて発砲します。
アンディはタイラーを助け、ようやく終わったと一息ついたとき、またもやチャッキーが襲い掛かってきました。
アンディは必死で抵抗し、チャッキーを吹き飛ばします。チャッキーはお化け屋敷内にあったファンの方向へと飛んでいき、無残にも砕け散ってしまいました。

その後、アンディは重要参考人として、警察に連れて行かれました。

みんなの感想

ライターの感想

たくましくなったアンディの活躍が見所です。ラストはどうしてそんなことになるのと思うくらい、悲壮感たっぷりのオチで、それが皮肉めいていて逆に良いかもしれないと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「チャイルドプレイ3」の商品はこちら