映画:テケテケ2

「テケテケ2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

テケテケ2の紹介:下半身の無い女のバケモノ”テケテケ”の都市伝説を題材にした2009年公開のホラー映画。同時公開された「テケテケ」の続編で、前作に無かったテケテケの解呪方法が判明します。監督は「シロメ」「口裂け女」の白石晃士。脚本は「島田陽子に逢いたい」の秋本健樹。「赤んぼ少女」「東京残酷警察」で知られる西村喜廣が”テケテケ”デザイン/特殊造形、鹿角剛司がVFXスーパーバイザーを担当しています。

あらすじ動画

テケテケ2の主な出演者

水谷菜月(岩田さゆり)、中島礼子(仲村みう)、刀根エリカ(松嶋初音)、大久保真央(真知りさ)、葉山さやか(安藤成子)、山崎明恵(朝倉みかん)、野口千尋(天野沙織里)、可児光(山本彩乃)、小西佐季(さゆみ)、大橋可奈(大島優子)、可奈の母(水木薫)、武田慎(阿部進之介)、滑川教授(螢雪次朗)、下宿屋の娘夫婦の夫/近藤時雄(つじしんめい)、テケテケ(長宗我部陽子)など。

テケテケ2のネタバレあらすじ

【起】– テケテケ2のあらすじ1

大学病院から母親と一緒に出てきた可奈は、パートに行く母親に心配されながらも1人で歩き出します。けれど、風や信号の赤にも怯えて回り道するうち、いつしかあの線路の歩道橋へとたどり着きます。ぼんやり線路を眺めるうち、一陣の風が吹き、テケテケが現れます。可奈は振り向きも叫びもせず、己の運命に従うかのように切断され、死亡します。

翌日、可奈の殺害現場はブルーシートで覆われ、見張りの警察官が立っていましたが、新聞部の女子高生菜月は興味津々で、幼なじみの親友礼子に止められますが、覆いに近づきます。テントのそばでは武田が立ちつくし、彼女を見て立ち去ってしまいます。

2人は泉野女子高校の生徒で、クラスメートとテケテケの噂話で盛り上がります。菜月は、北海道の鉄道事故で切断された女性が、寒さで傷口が凍り付き、しばらく生きてたのが噂の始まりで、赤い物を持ってなきゃ大丈夫と言い、明恵はテケテケはカシマさんで、襲われた時「カシマのカは仮面の仮、カシマのシは死人の死、カシマのマは悪魔の魔」と唱えれば追い払えると言い、千尋は制服のタイが赤でヤバいと言い出し、昨日の(可奈の)事件と世田谷の(綾花の)事件は同じ高校の同じクラスの生徒だったんだって、と噂します。

一方、委員長の礼子は文化祭準備の話し合いに出ないクラスのボス、エリカを皆の前で責めた事から、イジメのターゲットにされてしまいます。菜月は礼子を心配しながらも同じ新聞部の真央や、エリカにおもねる千尋や明恵からの誘いを断り切れず、エリカのグループと遊ぶようになります。礼子は菜月の気持ちを察し、気にしてないと笑っています。

ほどなくして、体育の時間に礼子のロッカーから財布が盗まれます。彼女は見学で教室に残っていたさやかを問い詰めますが無駄でした。放課後、エリカのグループはカラオケ店に行き、エリカのおごりだと盛り上がっていましたが、不審を抱いた菜月が金の出所を聞くと、さやかはあっさりと礼子の財布を盗んだと認め、エリカはこれは礼子の金であんたも同罪だと笑います。そしてエリカは菜月に財布を押し付け、親友なんだからあんたが返せ、捨てたらあんたも敵だと脅されます。

夜、1人線路の歩道橋に佇んでいた礼子は、強い風を感じ、テケテケと言う足音を聞きますが、振り向かず、おもむろに携帯をかけ、疑ったことを謝りたいと言ってさやかを呼び出します。警戒したさやかは佐季を連れて来ますが、礼子は見当たりません。彼女たちはテケテケを目撃し、さやかは切断され、佐季はその返り血を全身に浴び絶叫します。礼子はその惨状を遠くで震えながら見ていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「テケテケ2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×