映画:テリファイド

「テリファイド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

テリファイドの紹介:2017年製作のアルゼンチン映画。各国のファンタスティック映画祭で上映され、ギレルモ・デル・トロ製作でハリウッド・リメイクが決定したオカルト・ホラー。ブエノスアイレスの住宅で怪奇現象が発生。警察官マザはパラノーマル現象を研究するチームと共に乗り込むが、悪霊たちが襲い掛かる。

あらすじ動画

テリファイドの主な出演者

コミサリオ・フネス(マキシ・ギオーネ)、ハノ・マリオ(ノルベルト・アマデオ・ゴンサロ)、モーラ・アルブレック博士(エルヴィラ・オネット)、ローゼントック(ジョージ・ルイス)、ホワン・ブルメッティ(アグスティン・リッタノ)、クララ(ナタリア・セニョーラレス)、ウォルター・カラバハル(デミアン・サロモン)

テリファイドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①妻が見えないなにかに殺され、夫・ホアンが逮捕された。ホアンの家の近所にはほかに、ウォルターが行方不明になったり、死んだ少年の遺体が墓地から出てくるという珍事件が発生。 ②ホアンとウォルターの家の壁のところが、異次元との共存の場所だった。怪奇現象は異世界の住人のしわざ。

【起】– テリファイドのあらすじ1

テリファイドのシーン1

画像引用元:YouTube / テリファイドトレーラー映像

アルゼンチン・ブエノスアイレス。

ある一戸建て住宅で、その家の住人の妻・クララが皿を洗っていると、声を聞きつけます。

皿を洗い終わったあと、流しの排水溝を覗いても、特に変化はありませんでした。

それでも人の声は聞こえ続けます。

夫のホアン・ブルメッティが帰宅した際に、クララはホアンに「台所から声が聞こえるの。午後ずっと話声が聞こえていた」と言います。

ホアンは「古い水道管がきしんでいるだけではないか」と言いますが、クララは「人の声で、『私を殺す』って言っていた」と答えました。

深夜。

クララがベッドから起きだして、どこかへ歩いていきます。

つづけて早朝に目覚めたホアンは、壁がドンドンと叩かれる音に気づきました。

最初は隣人のウォルター・カラバハルの仕業だと思っていたホアンは、家を出て隣の家に苦情を言いにいきます。

朝の5時に壁を叩くなと、ウォルター宅のインターフォンにホアンは苦情を言いますが、返答はありませんでした。

自宅に戻ったホアンは、ドンドンと叩かれる音が壁ではなく、別の場所から聞こえていると気づきます。

音の正体を探して家の中を点検したホアンは、宙に浮いたクララが浴室の壁に叩きつけられているのを見つけました。

クララは全身が血まみれで、もう、息がありません。

ホアンはショックを受けます。

クララが死んだので警察に呼び出されたホアンですが、聴取室に3人の男女がやってきました。

いずれも初老の男女、ローゼントーク、アルブリック、ハノ・マリオは、ホアンに対して「あなたが殺していないと知っている」と声をかけ、安心させます。

ホアンの家で起きた事件は、1998年にアメリカで起きた事件とそっくりであることを告げた3人は、「この2週間に周辺で起きたできごとの詳細を教えてくれ」とホアンに言います。

ホアンは「おとなりのウォルターが、リフォームしていたことくらいしかない」と答えました。

…少し過去にさかのぼって。

隣人のウォルターは、アルブレック博士と話をしたいと電話をしますが、研究所の女性が電話を取り次いでくれず、話ができません。

電話を切ったあと、ウォルターはベッドに入りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「テリファイド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×