映画:ディープブルー2

「ディープブルー2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ホラー映画

映画「ディープブルー2」の感想

ライターの感想

映画『ディープ・ブルー』という作品が、1999年に作られた。それの続編のようなタイトルにしているが、内容的には微妙。 見られないほどちゃちいわけではない。むしろ映像は割にサメとかちゃんと映している。 しかし…ところどころで「え!?」と驚くような、トンデモ設定があるんです。 社長が「コンピューターに人間が支配される前に、人間も能力向上しないと!」と唱えたり(正気か? あぜんとした)、 ミスティが子ザメと「ガスバーナー」で対峙しようとしたり(海中にいるのに、威力の弱そうなバーナー…) 最後に至っては、施設を爆発して解決…いやいやいや、子ザメは海の中にいるんだから、施設を爆発したって解決にならないでしょ。 案の定ラストで子ザメ出てるし。うーん。それっぽいこと言ってる割には、ツメの甘い作品。
  • それなりにそれなりさんの感想

    まあ確かに名作とは言い難い作品でした。
    ディープ・ブルーが良かっただけに落差がすごかったのかもしれません。
    サメ映画といえばでっかいサメが襲ってくるというイメージを覆す、大量チビザメの襲撃という発想は新鮮で良かったかもしれません。
    それなりにグロく、それなりに人も死んで、それなりにキャラの立つ登場人物たちが出てくるという、話の一部一部は良かったと思います。
    ただなんというか、全体的にぬるっと始まりぬるっと終わったというか、特に見せ場やドキドキするシーンがなかったかもしれません。なぜならチビザメがメインなので。
    頭を使わずに、脳死状態で流し見のように見るのが良いのかな。

  • いいかげんにしろさんの感想

    アマプラで視聴。

    なんか最初に施設の通路のシーンの時点で地雷臭したんですよね。やっすい絵だなと。
    予算の問題だけならいざ知らず、脚本も安いしひどい。

    5匹のサメの話は関係ないし、脳の研究のご夫婦もなんの伏線でもないし、サメより速く泳ぐねーちゃんありえないし、ダニエルの遺体は海にボチャン落とすし、船に向かってくるサメを照明弾で撃ち落とすし、脳の活性化してる社長は明晰になる描写一切なしでアホになってくし。
    オオメジロザメ、一頭で何匹産むんだよ。
    子ザメがキーキー言いながら、泡ブクブクで泳ぐわけないだろ。
    潜水施設なのに発電機は洋上剥き出し、燃料タンクは固定なし。台風どうすんだ。
    水密ドアはペラッペラ。ハンドルは消火栓で殴ったら取れちゃう。アセチレントーチでスーっとなぞるぐらいで切れちゃう。

    クソ映画でした。

1 2 3 4 5

「ディープブルー2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×