映画:デスアシスタント殺人工知能

「デスアシスタント殺人工知能」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

デス・アシスタント 殺・人工知能の紹介:2019年製作のカナダ映画。女子高生のシリアルキラーが大暴れするホラー。母親を事故で亡くした女子高生・キャシーは、喪失感を埋めるため人工知能搭載のアシスタントアプリ“AMI”を母親の声で設定し、安心感を得る。だが、“AMI”が彼女に邪悪な行いを指示するようになり…。

あらすじ動画

デスアシスタント殺人工知能の主な出演者

キャシー(デブス・ハワード)、グレッグ(フィリップ・グレンジャー)、リアム(サム・ロバート・ムイク)、ルビー(ハバナ・グッピー)、アミー(ボニー・ヘイ)、サラ(ベロニカ・ハンプソン)、ナンシー(ロリ・トリオロ)、テッド(アンドリュー・コグラン)

デスアシスタント殺人工知能のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①母を事故で亡くし悲しいキャシーは人工知能・AMIを母の声に設定。AMIは次第にキャシーを操り、殺人を犯すようにそそのかす。 ②キャシーはAMIに言われるまま親友や父、恋人を殺すが、連続殺人鬼は恋人・リアムということになった。キャシーはAMIで疑似家族を形成。

【起】– デスアシスタント殺人工知能のあらすじ1

デスアシスタント殺人工知能のシーン1

画像引用元:YouTube / デスアシスタント殺人工知能トレーラー映像

夜の歩道。

スマホを見ながら歩いていた若い女性が、何かの物音を聞きつけます。

驚きのあまりスマホを取り落としてしまった女性は、暗闇に目を凝らします。

すると、赤い光があるのが見えました。

不思議に思った女性は、スマホを拾ってライト機能で照らしてみますが、何もありませんでした。

女性の注意がそれた次の瞬間、女性は襲われます…。

(このシーンはあとで出てくる)

17歳のキャシーは、ある一点だけを除いて、平凡な女子高校生でした。

キャシーには、高校の部活でアメフトの選手をする、リアムというボーイフレンドがいます。

また女友だちとして、ルビーとサラがいます。

キャシーがひとと異なる点は、母親を交通事故で亡くして以来、薬物治療を受けているところです。

キャシーは母と仲良しでした。

キャシーの誕生日に、キャシーが運転する車で交通事故を起こし、助手席に座っていた母が死んだのです。

キャシーも頭を打ち、事故以来、感情を持て余すことがありました。

衝動的に攻撃性が出てくることがあり、精神科でカウンセリングを受けたキャシーは、ジプラシドンという薬を処方され、服用しています。

精神科の女医・アミーと話をしたキャシーは、母の墓参りに出かけます。

母の死後、墓参りに出かけては、キャシーは悲しんでいました。

ジョギングをしていたキャシーは、電子音を聞きつけます。

道にスマホが落ちていました。

スマホが「友だちが欲しい?」と話しかけますが、キャシーは自分のスマホではないので、柵の上に置いて去ります。

友人のルビーにスマホのAMI機能について、キャシーは質問してみます。

ちょうどその日の昼に、AMIの話題が出ていたのです。

ルビーは、人工知能の一種で、Siriみたいに話しかけてくるのだと説明しました。

キャシーは、ジョギングの最中に見つけ、話しかけて来たスマホが、AMIだと確信します。

ルビーとサラを自宅に招き、話をしていると、キャシーの父・グレッグが帰宅しました。

グレッグは母の死後、若い娘を連れて帰ってくるようになっています。

その日も父が見知らぬ若い女性を連れ帰ったのを見て、腹を立てたキャシーは、外へ出ました。

見つけた猫を触りますが、攻撃的な気持ちがこみあげてきて、猫を殺しそうになります。

あわててキャシーは薬を服用し、気持ちを落ち着かせました。

部屋のベッドで横になっていたキャシーは、母の荷物を取り出して、事故の日のことを思い返します。

自分のせいで母を亡くしたキャシーは、後悔の念に苛まれていました。

夜中にあのスマホを探しに行くと、まだ柵の上にありました。

キャシーは持って帰ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「デスアシスタント殺人工知能」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ