映画:デッドウェディング鮮血の花嫁

「デッドウェディング鮮血の花嫁」のネタバレあらすじと結末

デッド・ウェディング 鮮血の花嫁の紹介:2016年に公開されたサバイバルパニックホラーです。タイトルからも分かる通り、花嫁が主役のゾンビ映画となります。花嫁対ゾンビという設定が目新しいのが特徴で、蚊を媒体に感染していくというものになっています。設定そのものはゾンビ映画ではあまり見られないものですが、ストーリー展開は非常にシンプルなものです。主演のクリスティーナ・バックは、海外ドラマでも活躍し始めている女優です。

あらすじ動画

デッドウェディング鮮血の花嫁の主な出演者

ベッキー(クリスティーナ・バック)、グラント(ダニエル・バルドック)、ボー(ランディー・モルナー)、パティ(メリッサ・グルーヴァー )、レイラ(ジュリー・モス)

デッドウェディング鮮血の花嫁のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- デッドウェディング鮮血の花嫁のあらすじ1

デッドウェディング鮮血の花嫁のシーン1 2人組の男が車に乗って、コルテという人物の元へやってきました。西ナイル熱が流行する恐れがあったため、コルテは植物性の虫よけを開発し、テストも完了しています。ところが2人組の男は知事の意向があるため、別の防虫剤を使ってほしいと言いました。散布予定の地域にはたくさんの農民がいます。コルテは副作用の有無を聞きました。男たちは防虫剤を散布するのは副作用があるかどうかのテストのためだと答えます。防虫剤の箱には有毒物質という文字が書かれてありました。

その頃、別の場所ではベッキーが恋人グラントとの結婚式の準備を進めていました。ラジオからは2日間、蚊の活動に警戒すべしとのニュースが流れています。コリングス、マーティン、ジョーンズボロの3都市が危険区域でした。

コルテはヘリコプターに乗って、指定された地域に防虫剤を散布し始めます。町の人々が防虫剤を吸いました。その中の1人が森で死んでいるアライグマを発見します。アライグマは内臓を抉り出されていました。。

ベッキーの母のパティが働いているバーに、グラントの母のレイラがやってきます。グラントの母は、ベッキーを嫌っていました。その理由はパティが売春婦まがいのことをしているからです。

一方、結婚式の会場ではベッキーと親友のミカ、グラントたちが到着していました。彼らが話していると遠くの方から銃声が鳴り響きます。何発か銃声が鳴り響きますが、鳥でも撃ち落としているんだろうと誰も気にしませんでした。

【承】- デッドウェディング鮮血の花嫁のあらすじ2

デッドウェディング鮮血の花嫁のシーン2 パティが勤務しているバーの店長シフティの体調が悪くなりました。そこでシフティの代わりにパティがバーの店じまいをし、慌てて娘の結婚式の会場へと向かいます。パティがいなくなり、静まり返った店内ではシフティが急に苦しみだし、大量の血を吐きます。そしてそのまま意識を失ったかと思うと、再び目を覚まします。ついさっきまで体調を崩していたはずのシフティは目覚めた直後、どこかへと去って行きました。

別の場所ではバイク事故が起きていました。通りがかった男性が助けようとします。その瞬間、バイク事故で倒れていた男性が突然起き上がり、助けようとした男性に襲い掛かりました。

一方の結婚式会場では、参列者の1人が体調を崩し、トイレに籠っていました。パーティーが盛り上がる中、グラントの母のレイラがやってきます。ベッキーとミカはグラントを探しに行きました。再び発砲音が聞こえます。

その頃、、結婚式場に向かっていたベッキーの母パティは、誰かが襲われている瞬間に遭遇しました。パティは狼男が現れたと思い、逃げます。結婚式場についたパティは狼男がいたと騒ぎ立てました。
パティの話には誰も耳を傾けず、ベッキーとグラントの結婚式が始まります。またもや銃声が響きました。すると参列者の1人が吐血しながら現れ、他の参加者を襲い始めます。それを皮きりに、結婚式場にゾンビの群れがなだれ込みました。参列者たちは次々と噛まれ、ゾンビと化していきます。楽しいはずの結婚式は、地獄絵図へと変化しました。

【転】- デッドウェディング鮮血の花嫁のあらすじ3

デッドウェディング鮮血の花嫁のシーン3 大量に押し寄せるゾンビの群れ、ベッキー、グラント、ミカ、レイラ、パティ、トミーたちは小屋の中へと逃げ込みます。しかしすぐにトミーは助けを呼ぶため、小屋から出て行きました。その直後、ゾンビの群れが小屋の中へと侵入してきます。いよいよもうダメかと思われたそのとき、車を手に入れたトミーが車諸共小屋の中に突っ込んできました。そこでベッキーたちはすぐさまその車に乗り込み、小屋を後にします。
車内でベッキーたちは次々と武器を手にします。しばらくすると1軒の店の前にパトカーが停まっていることに気付きました。ベッキーたちは助けを求め、店内へと入っていきます。しかし警察はおらず、その代わりに別の町から逃れてきたという1人の男性カーティスに出会いました。カーティスは「防虫剤を浴びて蚊に刺されるとゾンビ化する」との情報を口にします。ここで初めてベッキーたちはこの事態を把握したのでした。

と、店内で一息ついたと思ったのも束の間、ベッキーの親友ミカが体調を崩してゾンビ化してしまったのです。その姿を見て、ベッキーたちと行動を共にしていた1人の女性が、ミカを銃で撃ち殺します。
その音を聞き付けたゾンビが集まってくるからさっさと逃げろと言い残して、カーティスは一足先に去って行きます。ベッキーたちも車で逃走し、武器を確保するため、シフティのバーに向かいます。

バーに到着したグラント、ベッキー、トミーの3人が銃を取りに行きました。武器を手に入れた時、外で待機していた仲間がゾンビの群れに襲われます。ベッキーたちは車に乗り込みますが、グラントの母レイラは殺されてしまいます。このときのいざこざで、グラントは足を撃たれ、負傷してしまいました。

【結】- デッドウェディング鮮血の花嫁のあらすじ4

デッドウェディング鮮血の花嫁のシーン2 ベッキーたちはグラントのケガを治療するため、病院へと向かいます。病院ではパティの恋人ボーが1人でゾンビと戦っていました。パティはボーを助けようとします。
ベッキーたちは病院に入りました。医者が彼らに助けを求めます。そのときゾンビの群れが襲撃をかけてきて、ベッキーたちはバラバラになります。
ボーは車に乗り込み、トミーが荷台に飛び乗りました。ところがボーの荒い運転のせいでトミーが落下し、ゾンビに喰われてしまいます。

ベッキー、グラント、パティは別の車で逃げました。ボーは無線連絡で、安全な道は沼地という情報を得ます。ベッキーたちは合流しました。
医者が未感染者は空路で脱出できると話します。その情報を元に、ベッキーたちは沼地を通り、空港を目指します。
その道中、医者が車から落ちました。ボーが助けに向かいますが、ゾンビに囲まれます。パティがボーを助け、ベッキーはグラントと共に逃げました。

ガス欠で動けなくなったベッキーたちはゾンビを蹴散らしつつ、ボーの車に飛び乗ります。やがて辿り着いた空港は、町を逃げ出そうとする大勢の人々と軍隊で埋め尽くされていました。
パティは空港に来る前、クモに噛まれており、今は鎮痛剤と酒で意識が朦朧としています。クモの噛み跡を見たボーは、パティがゾンビに噛まれたと勘違いし、一緒に残ると言い出します。
軍は負傷したグラントに対してテントに行けと指示を出し、ベッキーも一緒に行きました。そこでベッキーは妻を連行され、うなだれる男性に出会います。その男性はヘリコプターで逃げる手段を用意していると話し、妻を置いては行けないと、ベッキーたちに譲りました。
ベッキーは母のパティのところに行こうとしますが、その前に、ボーが愛する人を軍の手で殺させるわけにはいかないと射殺してしまいます。ボーは自殺しました。

ベッキーとグラントはヘリにたどり着き、町を去ります。ヘリには1匹のクモが乗っていました。

みんなの感想

ライターの感想

ストーリー展開は単純なものの、蚊を媒体にしゾンビ化するという設定は新しいなと思いました。あと意外だったのがベッキーの義理の父に当たるボーが、普通に強かったことです。ただのザコキャラだと思っていたら、予想を覆されました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デッドウェディング鮮血の花嫁」の商品はこちら