映画:トラウマゲーム恐怖体験アトラクション

「トラウマゲーム恐怖体験アトラクション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクションの紹介:2018年製作のカナダ映画。究極の恐怖を体験するアトラクション施設を舞台にしたホラー。精神的・身体的苦痛によって恐怖を味わう施設・パーディション。ルールは途中棄権禁止、時間制限無し。父親から虐待を受けたアリソンは、そのトラウマを克服するためにパーディションに参加する…。

あらすじ動画

トラウマゲーム恐怖体験アトラクションの主な出演者

ボブ〔レッド・スカル〕(チャド・ルック)、シルヴィア・ニコルズ博士(シャンタル・ペロン)、アリソン(ダナ・クリスティーナ)、ネル〔ホワイト・スカル〕(アシュリー・スミス)、カメラマン(西村喜廣)、小西(冨手麻妙)、フィル(J・ラローズ)、ザカリー(ディラン・スローン)、マックス・ベル(マーク・カンドバーグ)

トラウマゲーム恐怖体験アトラクションのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①その人にとってトラウマとなっているものを突き止め、恐怖を味わわせるという「パーディション」という企画。動画が配信され人気に。アリソンとザッカリーは同意書にサインをして参加する。 ②「パーディション」のスタッフはまっとうな人たちで、目の前で行われる殺人などはすべて、芝居だった。アリソンのトラウマは父、父と会ったアリソンは父を殺害し、スタッフたちも殺して去った。

【起】– トラウマゲーム恐怖体験アトラクションのあらすじ1

トラウマゲーム恐怖体験アトラクションのシーン1

画像引用元:YouTube / トラウマゲーム恐怖体験アトラクショントレーラー映像

〝恐怖体験アトラクションは

全世界で人気です

究極の恐怖を求め

限界に挑戦する人もいます

究極の恐怖を求める方は

犠牲者の疑似体験が可能です

承諾書に署名をすれば

精神的・身体的な苦痛を受けられます

ゲームは棄権できず

時間制限はありません

参加者はすべての権利を

主催者に委ねるのです〟

「パーディション」という動画サイトと施設が、有名になっていました。

参加者の最も嫌うものを提供し、その一部始終を配信するサービスです。

本人の承諾書があるために、警察なども介入することができません。

人気のサイト、施設であるために希望者もあとを断たず、運営側は参加者をふるいにかけます。

若い女性アリソン・ベルは、そのふるいに残った者でした。

指示されたとおりの道を車でひとり走行し、会場に向かいます。

同じくもうひとり、若い男性・ザッカリーも会場に向かいました。

アリソンとザッカリーが着いたのは、雪が積もるさいはての地です。

れんがでできた、倉庫のような1階建ての建物でした。

そこのトイレに置かれてある参加承諾書に2人がサインをすると、便器の中に何かが入っていました。

ビニールに包まれた中身は枕カバーで、それを顔にかぶった途端、2人は拉致されます。

車で連れられた2人は、謎の屋敷へ連れられました。

ゲストはアリソンとザッカリーだけではなく、ほかに「日本人の男女」もいました。

日本人の男女は、「パーディション」を取材に来た人たちです。

男性がプロデューサー兼カメラマンで、女性はインタビュアーでした。

日本人の男女は、うわさを聞きつけて「パーディション」に突撃取材をしていました。

(注:映画で、日本人男女はずっと日本語で話をしている。

「少し乱暴すぎやしませんかね」「どこ行くんですか」などと、外国人相手に徹頭徹尾、日本語)

彼らも事情を知らない者だということは、すぐに分かります。

アリソンとザッカリーは地下室の一室へ連れて行かれると、施設でのルールを説明されました。

「パーディション」でアリソンとザッカリーの行動はすべて、YouTube配信されるということや、日本人の男女は無関係だけれども、敬意を持って接しろということ…。

それを聞いたうえで、アリソンとザッカリーは着替えを要求されます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「トラウマゲーム恐怖体験アトラクション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×