映画:ドントブリーズ

「ドントブリーズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(12件)

ドント・ブリーズの紹介:2016年公開のアメリカ映画。盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが体験する、恐怖と脱出劇を描くサスペンスホラー。伝説的ホラー『死霊のはらわた』のリメイク版で監督を務めたフェデ・アルバレスが監督を、サム・ライミがプロデューサーを担当。

あらすじ動画

ドントブリーズの主な出演者

ロッキー(ジェーン・レヴィ)、アレックス(ディラン・ミネット)、マネー(ダニエル・ゾヴァット)、盲目の老人(スティーヴン・ラング)、ディディ(エマ・ベルコヴィシ)、シンディ(フランシスカ・トローチック)、ラウル(クリスティアン・ザヒア)、ジンジャー(カティア・ボーカー)、トレヴァー(セルゲイ・オノプコ)

ドントブリーズのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①若い女性・ロッキー、若い男性・マネーとアレックスは3人でチャチな空き巣をしていた。ある日最後の大仕事として金持ちの老人宅の現金を盗もうとマネーが提案、カリフォルニアで新生活を始めたいロッキーとアレックスは受けるが、老人は視覚障害者の元軍人だった。 ②老人は盲目の代わりに聴覚が発達しており、また怪力の持ち主。娘を事故で殺した相手からの示談金で大金を得ていた。老人は娘を殺した相手・シンディを地下に監禁していることも判明。 ③老人と戦ってマネーとアレックスは死亡。ロッキーは命からがら金を持って逃亡。のちに老人がロッキーの存在を黙っている代わりに、シンディのことも黙っておけという暗黙のメッセージをロッキーはニュースから受けとった。

【起】– ドントブリーズのあらすじ1

ドントブリーズのシーン1

画像引用元:YouTube / ドントブリーズトレーラー映像

アメリカ・ミシガン州、デトロイト。

早朝の住宅街の路上の中央に、線を引く男がいました。

よく見るとそれは、老人が女性を引きずっているものでした。線と思われたのは、女性から出ている血の染みでした…(このシーンは後で出てきます)。

・ロッキー…金髪の若い女性。年齢の離れた妹・ディディを持つ。母と不仲で母が男と同棲しているのも不満。家を出て行きたいと思っている。マネーと恋人同士だが、マネーの身勝手さにうんざりしている。アレックスに好意を持っている。

・アレックス…黒髪の若い男性。短髪。まじめそうな印象を受けるので、マネーからはふざけて〝判事〟というあだ名をつけられている。ロッキーのことが好きなのだが、3人の関係を壊してまで得たいとは思っていない。アレックスの父のホームセキュリティ会社の鍵を使い、空き巣を行っている。

・マネー…黒髪の若い男性。ヒゲを生やし頭の両サイドを刈り込んでいる。ロッキーとは恋人同士だが、最近うまくいっていないのはアレックスのせいかと疑っている。3人の中では最もノリがよくムードメーカーだが、悪ふざけが行き過ぎるところがある。

若い女性・ロッキーと、若い男性・アレックスとマネーは、結託して空き巣を働く3人組でした。

空き巣をする時には、アレックスが「盗むのは最高でも合計1万ドル(約108万円)まで」というルールを決めています。その額を超えると、捕まった時の罪の重さが変わってくるからです。毎回アレックスが念押しをするので、うるさいと思っているマネーはふざけてアレックスのことを「判事」と呼びます。

アレックスの父は、リミナル・ホームセキュリティという会社を経営していました。そのため、顧客の家の鍵を職場に保管しています。

アレックスが家の鍵を持ち出して、その鍵を使って3人は目当ての家に忍び込むのです。

盗むのは家の中の小物が多く、悪ふざけをして家の中もついでに荒らすので、若者たちが遊び半分で侵入したと思われているのでしょう。目下のところ、ロッキーたちは捕まったことがありませんでした。

小物を盗むとマネーはラウルという男のところへ持ち込むのですが、いつも安く買い叩かれていました。「盗品だから」と言われ、さらに4割の取り分を徴収されます。ラウルは「金が欲しけりゃ、現金を盗みな」と言いますが、現金に手をつけないというのがアレックスが課したルールで、それもできません。

ちびちびと小銭を稼ぐのにうんざりしたマネーは、次のターゲットとしてブエナビスタ通りにある陸軍の退役軍人の家を狙おうと言いました。アレックスの父の顧客です。

その通りは過疎地域で、住宅はあるのですが周辺には人が住んでいませんでした。

退役軍人は老人の男です。

マネーは、老人が多額の現金を持っていると知っていました。数年前その老人の娘が、金持ちの娘の運転する車に撥ねられて死亡したのです。

相手の女性は多額の示談金を老人に渡し、その金額は最低でも30万ドル(約3260万円)はいくだろうと、マネーは言います。それを老人は自宅に隠しているというのです。

アレックスは「重窃盗罪にあたる」と反対しますが、マネーはそれを「最後の仕事」にしようと言いました。その代わり、金は山分けにしようと付け足します。

周辺に人が住んでおらず、老人の独り暮らしということで、なし崩しにその家を狙うことが決まります…。

帰宅したロッキーは、その日も母とケンカしました。男と暮らす母との衝突は激化していく一方で、ロッキーは早く家を出たいと思っています。

その日の母とのケンカは、いつになく大きなものでした。

今度の仕事がうまくいけば、家を出てカリフォルニア州へ行こうとロッキーは考えます。幼い妹・ディディにも、一緒に行こうと言いました。ロッキーとディディは約束します。

別の日、昼間に3人は車で下見に行きます。

それより先にマネーが老人宅の向かいの道に監視カメラを設置しており、1日の行動を録画していました。案の定、周囲4ブロックは無人なので人の通りは全くなく、侵入は簡単なように思われました。

さらにマネーは老人の家の周辺を見回りに行き、その間にロッキーとアレックスは話をします。

ロッキーは1回空き巣に入るたびに、小さなタトゥーを身体に入れるのが常でした。直径2cmほどのタトゥーです。今回新たに入れたタトゥーはテントウ虫です。

ロッキーの幼い頃、父が家を出ました。それから母が酒を飲み始め、父が家を出たのはロッキーのせいだと言って、車のトランクにロッキーを閉じ込めたことが何度かあるそうです。

ある時、トランクにテントウ虫が入ってきて、孤独なロッキーを慰めました。以来、ロッキーはテントウ虫を幸福の象徴のように捉えています。

ロッキーがアレックスにカリフォルニアへ行くと告げると、アレックスも一緒に行くといいました。

マネーが戻ってくると、老人が5日間外出していないと告げます。

そこへ犬がやってきて吠えました。標的である老人の飼い犬です。

老人が犬を呼び戻しますが、ロッキーとアレックスは、老人が盲目だと初めて知りました。マネーは「イラクで盲目になった」と言います。そして今夜決行すると決めます。

ロッキーとアレックスは、盲目の老人から金を奪うことに罪悪感を抱きました。老人が盲目であることをマネーが言わなかったのは、2人がそのことで決行をためらうだろうと気づいていたからでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドントブリーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ