映画:ナイトメアシャーク

「ナイトメアシャーク」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

ナイトメア・シャークの紹介:夢の中で襲い掛かってくるサメをテーマにしたパニック映画。人里離れた診療所を舞台に、サメの悪夢に苦しむ男女たちがサメと対峙する姿を描いていく。2018年アメリカ製作。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ナイトメアシャークの主な出演者

ノバク博士(トニー・アメンドーラ)、エヴァ(キャロライン・コール)、エンゾ(ニック・マッカラム)、ジーナ(レイチェル・ブルック・スミス)、キャプラン(ボビー・カンポ)、ロブ(トーマス・イアン・ニコラス)

ナイトメアシャークのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ナイトメアシャークのあらすじ1

物語の舞台はとある山奥の診療所。この診療所に六人の若者がやってくることから、物語は始まります。やって来たのは、エヴァとエンゾ、ジョリーンとロブ、ジーナとキャプランの三組のカップルでした。この診療所はノバクという老博士が一人で運営しており、ここで悪夢を治療するための新薬の開発が行われていました。この三組のカップルは、新薬実験のためウェブ審査によって集められた被験者だったのです。ただし、エンゾはエヴァの同行者で、実験の対象外でした。

ノバクはカップルたちを暖かく迎え入れ、早速新薬実験を開始しました。その日の食事の席で、ノバクはカップルたちに悪夢の内容について尋ねました。まず口を開いたのは、エヴァでした。エヴァが悪夢を見るようになったのは、幼い頃に家族を海の事故で失ったことがきっかけでした。エヴァが家族とともに船旅をしていると、黒ずくめの男が乗った船が近づき、エヴァたちのボートに発砲、エヴァたちは海に投げ出され、エヴァを除く家族は皆帰らぬ人となってしまったのです。エヴァは海に沈んだとき、サメのような影を見ていました。それ以来、エヴァの夢には恐ろしいサメが現れ、悪夢に苦しむようになっていきました。

このとき、エヴァの恋人エンゾを除く被験者たちが皆驚きの表情を浮かべました。他の被験者たちは皆、エヴァと同じようにサメに襲われた過去を持っており、サメに襲われる夢を見ているというのです。ここで、ノバクもエヴァと同じような経験を持ち、同じ悪夢に苦しんでいることを打ち明けました。しかし、エヴァは他の被験者たちと別の体験もしていました。エヴァは最近夢の中の行動をコントロールできるようになったというのです。ノバクはそんなエヴァに強い興味を抱くのでした。

【承】- ナイトメアシャークのあらすじ2

その後、被験者の一人ロブが恋人のジョリーンを置いて診療所を出て行ってしまいました。ロブはノバクの実験が胡散臭いと感じ、早めに手を引きたいと考えたのです。ロブは引き止めるジョリーンを振り切り、車で診療所を後にしましたが、その後思わぬ悲劇に見舞われました。帰りの運転中、ロブが少しだけ居眠りしてしまうと、次の瞬間に悪夢に出てきたサメが現れ、襲いかかってきたのです。ロブの車は横転、車から降りたロブは拳銃で応戦するも、サメに殺されてしまうのでした。

その夜、ロブが去ったことに落ち込むジョリーンを慰めようと、エヴァはジョリーンの部屋で過ごしました。エヴァと話し込んでいるうちにジョリーンは眠りにつきますが、突然目覚め、体を起こしました。その異様な光景にエヴァはひどく驚きますが、ジョリーンはまた横になり、眠りにつきました。不安になったエヴァはノバクの元を訪ねますが、ノバクはエヴァに鎮静剤を打ち眠らせてしまいます。その後、ノバクは悪夢を見ているときの脳波を見るため、エヴァをMRIの台に横たわらせました。

同じ頃、他の被験者たちにも怪奇現象が起きていました。ジョリーンは部屋に大量の水が入ってくる夢を見て、本当に水が肺に入ってくる感覚を覚え、一方、ジーナは風呂でうたた寝しているときに湯の中にサメの影が現れ、ジーナを湯の中に引き込んできました。恋人のキャプランのおかげで目覚めることができたものの、キャプランは風呂からジーナを起こすときに転倒し、気絶してしまいます。ジーナはすぐに助けを呼ぼうと外へ出ますが、その間にギャプランの体は部屋から消えてしまいました。ロブと同様、キャプランは夢の中でサメに襲われ、死んでしまったのです。

【転】- ナイトメアシャークのあらすじ3

やがて、エンゾ、ジョリーン、ジーナはこの異常事態の背景にノバクが関わっていることに感づきました。そんな中、ノバクは突然トラクターで一人出かけました。三人はこの時間を利用してエヴァを捜索、MRIの台の上で深い眠りにつくエヴァを発見しました。三人はエヴァを救出しようとしますが、部屋はロックされ侵入することは困難でした。そこで、ジーナはあえてここで眠り、エヴァの夢の中に入ることを考えつきました。

このジーナの試みは成功し、ジーナは真っ白な砂漠が広がるエヴァの夢の中に入り込みました。エヴァはジーナと合流し、夢から脱出しようとしますが、そんな二人をすぐに巨大なサメのヒレが取り囲みました。二人が夢の中で絶体絶命の危機に陥る中、現実世界ではエヴァとジーナの体は浮き始めていました。また、周囲には青白い光が現れ、そこから夢の中のサメが現れようとしていました。エンゾがなんとかそのサメを追い払ったおかげでエヴァは無傷で済みましたが、ジーナはそのままサメに襲われ、殺されてしまいました。エヴァ、エンゾ、ジョリーンは仲間の死に衝撃を受け、深い悲しみを覚えました。

この一連の出来事から、エヴァたちは夢の中のサメが現実に現れるには一定の条件があることに気づきました。その条件とは、夢を見た本人の恐怖がピークに達することでした。その後、エヴァたちはノバクの部屋を捜索、そこで驚きの事実を知りました。一つは、ノバクがエヴァの家族を殺した犯人であることでした。ノバクの家の中には、カウフフと書かれたヨットに乗るノバクの写真が飾られており、そのヨットこそがエヴァの家族を殺した男が乗っていたものだったのです。

もう一つは、カウフフという名前がハワイの言葉で現実と夢の間に存在するサメを意味していることでした。このサメを助けた者は世界を制するという伝説があり、エヴァたちは世界征服こそがノバクの目的だと確信します。そんなノバクの野望を止めるため、エヴァは再び夢に入り、サメと対峙することを決断しました。エヴァはすぐに夢の世界に入り再びサメと遭遇、強い恐怖と戦いながらサメに立ち向かっていきました。

【結】- ナイトメアシャークのあらすじ4

同じ頃、現実世界ではノバクがエンゾとジョリーンを襲撃していました。ジョリーンが麻酔銃を撃たれて悪夢に苦しむ一方、エンゾはノバクから新薬実験の真相を聞かされました。その昔、ノバクは海の事故で溺れ、巨大なサメと遭遇したといいます。後にそれが伝説のカウフフと気づいたノバクは、この世に確実にカウフフを呼び出す方法を模索しました。そんな中、ノバクは自分の脳波が他の人間とまったく違うことに気づきました。そこで、ノバクは同じ脳波を持つ患者のデータを集め、その中にまだ少女だったエヴァを見出しました。ところが、エヴァの両親はノバクの治療に反対したため、ノバクはエヴァの両親を殺害したというのです。

ノバクがすべてを白状すると、そこに青白い光が生じ始め、サメの姿が現れました。ノバクはエヴァがカウフフを呼び出すことに成功したと喜びますが、エヴァは夢の中でカウフフに銃弾を浴びせ、大怪我を負わせることに成功しました。すると、現実世界に現れたカウフフはたちまち霧状の姿になり、ノバクやエンゾを飲み込み、殺してしまいます。そんな中、現実世界に戻ったエヴァは必死に逃げ、MRIのある部屋にたどり着きました。エヴァは夢中でMRIを作動させると、カウフフの霧は装置に飲み込まれていきました。

この光景を見た直後、エヴァは同じMRIの台の上で目を覚ましました。そばには優しげな表情を浮かべるノバクや、同じ被験者の仲間の姿があり、エヴァが無事目覚めたことに安堵していました。ノバクの話によれば、新薬の実験は成功し、多くの睡眠障害患者を助けられる可能性が高いといいます。エヴァは呆然としながらMRIの部屋を出て、キッチンで水を飲みました。今まで起きた出来事はすべて夢だったかのように思われましたが、そのとき、エヴァの目の前に再びカウフフの姿が現れるのでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

悪夢に現れる鮫がやがて現実世界に現れるという設定は新鮮でした。また、後味の悪いラストも気味が悪く、不気味です。ただ、危機感の乏しい主人公たちや、恐怖をあおるはずのCG映像がどこかおもしろくも感じられました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ナイトメアシャーク」の商品はこちら