映画:ハングマンズノット

「ハングマンズノット」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

ハングマンズ・ノットの紹介:カナザワ映画祭2017で、「期待の新人賞」を獲得した阪元裕吾監督の、容赦ないバイオレンス描写に満ちた受賞作です。気に入らない人間や邪魔な人物を問答無用でブン殴り殺してしまう凶悪ヤンキー・影山兄弟と、コミュ障をこじらせたサイコパス大学生・柴田が出会った時、恐るべきバイオレンス劇の幕が上がるのだった・・・!という物語で、人の命をこれっぽっちも大事に思わない登場人物たちの行動に、寒気を覚えるような快作になっています。

あらすじ動画

ハングマンズノットの主な出演者

影山シノブ(安田ユウ)、影山アキラ(松本卓也)、柴田(吉井健吾)

ハングマンズノットのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ハングマンズノットのあらすじ1

ハングマンズノットのシーン1 舞台は、京都にある田舎町。ニコ生の配信で仲睦まじく「結婚報告」をしていたカップルの部屋に、3人の暴漢が強引に入り込んで来ます。「俺が大金をつぎ込んだパチンコの台で、お前が大当たりを出した。分け前を払え」と理不尽な要求をする暴漢は、カップルの男を容赦なくバットで殴り、女を犯し始めます。その模様はそのまま生で配信されており、暴漢たちは当然の如く逮捕されるのでした。

それから、数ヵ月後。カップルを襲った主犯である2人組・影山兄弟が出所してきます。兄弟の出所を出迎え、盛り上がるチンピラの仲間たち。仲間の1人の家にある離れに陣取り、通りすがりに拉致してきた女子高生を、早速レイプし始める影山兄弟。
そこへ家主である父親が「何の騒ぎだ」と離れに入ってきますが、影山兄弟はこの父親にも容赦なく暴力を振るいます。そして実の息子である仲間に、父親の「とどめ」を刺させるのでした。

一方同じ町で、ドーナツショップでバイトをしているコミュ障の大学生・柴田は、町中でたまたま見つけた女性に恋をしていました。その想いは柴田の中で妄想となって膨らみ、「自分と彼女は付き合っている」とまで考えるようになります。
柴田は彼女の誕生日に、彼女のアパートに勝手に上がりこみ。勝手に料理を作って彼女を「お祝い」しようとします。部屋に戻り、「知らない男が上がりこんでいる」のを見て唖然とする彼女と彼女の「本当の彼氏」に、柴田は「ハッピーバースデー!」と笑顔で語りかけます。

【承】- ハングマンズノットのあらすじ2

ハングマンズノットのシーン2 ある日柴田は、ドーナツショップでクレームを付けてきた客に、自分のミスを棚に上げて逆上。客の顔を店のカウンターに打ちつけ始めます。当然のように通報され、交番へ連れて行かれる柴田。「俺が悪いんですか?」と警官に問いただす柴田は、交番に入る直前、警官の拳銃を奪い、警官に発砲します。アブない男が、「アブない凶器」を手に入れてしまったのでした。

拳銃を手に入れた柴田は、「妄想の彼女」の部屋に戻ります。柴田はここで彼女を殺害し、死体の彼女と「2人だけの暮らし」をしていたのです。そして、風呂場に監禁していた彼女の本当の彼氏を、「もう、用済みだよ」と拳銃で撃ち殺します。

影山兄弟とその仲間たちは、殺した家主の離れに住み着き、拉致した女子高生にクスリを売って犯し続け、やりたい放題の生活を送っていました。そんな時、自転車に乗っていた仲間の1人が、街角で柴田とぶつかってしまいます。当然、「オタクっぽく、ひ弱に見える」柴田を殴りつける影山の仲間。柴田はここで拳銃を取り出し、その仲間を撃ち殺します。

【転】- ハングマンズノットのあらすじ3

ハングマンズノットのシーン3 仲間の突然の死に、愕然とする柴田たち。お坊さんをさらってきて仲間の弔いを済ませたあと、武器調達人にして拷問のプロでもある後醍醐親子をさそって、仲間の復讐を開始します。実は柴田は以前、影山兄弟たちに脅され、カツアゲされていたことがあったのです。後醍醐親子はまず、柴田の大学の数少ない友人、しかし決して仲がいいとは言えない2人を拉致し、柴田に「友人を殺されたくなかったら、すぐに来い」と連絡します。

連絡を受け、友人を拉致した現場にノコノコとやって来る柴田。まるで無警戒に現れた柴田に驚きながらも、後醍醐親子は柴田を「処分」しようとしますが、逆に拳銃で殺されてしまいます。現場にいた影山兄弟の仲間たちも、柴田に皆殺しにされ、柴田の友人は「おかげで助かった。けど、これはやり過ぎでは・・・?」と、大量殺戮をした柴田に苦言を呈します。

それを聞いた柴田は逆上し、思わず友人の首を絞めてしまいます。我に返り、数少ない友人を殺してしまったことを嘆く柴田。拳銃をこめかみに当て自殺しようとしますが、拳銃はすでに弾切れになっていました。

【結】- ハングマンズノットのあらすじ4

ハングマンズノットのシーン2 仲間たちを次々に殺され、怒りが頂点に達する影山兄弟。マシンガンなど強力な武器を仕入れて、柴田の「抹殺」を決意します。その一方、1人残っていた影山の仲間が、拳銃を所持している知り合いに柴田を殺すように依頼しますが、仲間とその知り合いも柴田に殺され、拳銃を奪われてしまうのでした。

そして、柴田がたまたま知り合ったボランティア団体の会合に出席しているところへ、武装した影山兄弟が乗り込んで来ます。人相の悪い男2人が急に現れ発砲し始め、わけもわからず逃げ惑うボランティアの人々。影山兄弟は、柴田を追ってボランティアの人々をも容赦なく撃ち殺していきます。

応戦した柴田は、影山兄弟も返り討ちにして、生き残ります。そして、この様子を動画で撮影していた女子に近づくと、動画のカメラに向かって血だらけの顔で、満面の笑みでピースサインを出すのでした。

みんなの感想

ライターの感想

1992年に公開された松村克哉監督の「オールナイトロング」のように、邦画のインディーズ界で数年に一度、突然変異の如く現れる「バイオレンスに突出した異様な作品」のひとつと言えるでしょうか。冒頭の「ニコ生配信」を用いたワンカット画面でのバイオレンス&レイプには、「現代的要素も取り入れて、なかなか上手いなあ」と感心させられました。

しかし驚いたのは、その後の「女子高生拉致からの、家主殺害」に至る、10分近くに渡るロングのワンカット撮影!移動する車の中から家の「離れ」に入り、女子高生を犯し、そこへ入り込んで来た家主を撲殺するまで。このワンカットの「リアルバイオレンス加減」は、かなりグっと来ました!正直、「カメとめ」のワンカットより興奮しましたね!

「コミュ障」というより、ただ単に「完全にいっちゃってるヤツ」な柴田がヤンキー軍団を皆殺しにしちゃうのは「オタク最強過ぎでしょ!」という声もありますが、確かにその通りなんですけど、柴田のようなヤツは影山兄弟とは違った意味で「容赦ない」んですね。相手を「痛めつけよう」などと、思わない。ただ無心に、相手の命を奪う。だから、「コワい」んです。

ラスト、公会堂みたいなところに影山兄弟が乗り込んでいくところは、もっと「大量殺戮」して欲しかったなあ!とも思いましたし、後醍醐親子、結局なんだったのよ?的な思いもありますが。胡散臭いボランティアの皆さんが、わけもわからず巻き添えを食うという構図もなかなか凶悪でありました。こういったインパクトのある「衝撃作」を作ってくれる新人監督さんは、これからも注目したいですね!

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ハングマンズノット」の商品はこちら