映画:バイロケーション表裏

「バイロケーション表裏」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

日本ホラー小説大賞を受賞した作品を映画化!突如生まれたもう一人の自分(バイロケーション)は本物にさまざまな影響を与え、だんだん凶暴化し、最後には本物を殺しに来る。

あらすじ動画

バイロケーション表裏の主な出演者

桐村忍/高村忍(水川あさみ)、 御手洗巧(賀健永)、 加賀美榮(高田翔)、 加納隆(滝藤賢一)、 高村勝(浅利陽介)、 門倉真由美(酒井若菜)、 飯塚誠(豊原功補)

バイロケーション表裏のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①スーパーで偽札を使ったという疑いをかけられた忍は、加納刑事からバイロケーションという現象を聞かされる。通称:バイロケはオリジナルのそばに発生するもう1人の自分。忍の身にも起きていると言われた忍は、直後にもう1人の自分を見る。 ②バイロケを持つ仲間たちが次々に死んでいく。コンクールで忍は自分がバイロケで、オリジナルは結婚せず絵に専念していると知る。オリジナルが自殺してバイロケの忍も消滅。

【起】– バイロケーション表裏のあらすじ1

フランスの奥地の教会。

少年少女の前で聖書を読んでいた女性の周囲に、不穏な空気が漂います。

床から埃のような黒いものが湧き上がると、それは聖書を読む女性の姿になりました。

白目だった女性の複製の、右目は右端下部から、左目は左端上部から黒眼が現れました。

すると女性本人と寸分たがわぬ姿になり、その場にいた少年少女と女性本人は驚きます…。

日本・山梨県甲府市。

若い女性・桐村忍(きりむら しのぶ)は画家になる夢を捨てきれず、マンションの一室で窓外の景色を木炭で描くのに夢中になっていました。コンクールに出品するつもりの作品です。

美術大学で学んだことを、この1枚に集約しよう、あきらめるわけにはいかない…そう忍は切羽詰まっていました。

ドアチャイムが何度も鳴ります。

忍は居留守を使おうとしましたが、ドアチャイムが何度も鳴るのでドアを開けました。

真下の5階に住んできた男性・高村勝(たかむら まさる)が、引っ越しの挨拶に来ていました。

気弱そうな風貌と寄り目気味の男性・勝と出会った忍は、恋に落ちます…。

勝は弱視の男性で、いつも白杖(はくじょう)をついて歩いています。寄り目気味なのも、そのせいのようです。

あっという間に勝と恋愛関係になった忍は、勝と結婚し、高村忍となっていました。

1階下にある508号室の勝の部屋に一緒に住んでいます。

勝の両親は忍との結婚に反対しており、会ってくれません。それでも根気強く、勝は良心を電話で説得しようとしていました。

勝は忍が絵を描き続けることに、協力的でした。それで忍は前の部屋も借り続け、絵を描く時だけ、上階の608号室に行きます。

結婚した忍は、今回が最後のコンクール出品と決めていました。それで受賞しなければ絵をあきらめるつもりです。

独身時代にOLの仕事で貯めた貯金を切り崩して生活していましたが、貯金も10万円を切りました。結婚もしてこれから入り用だろうから、受賞しなかった時には働こうと考えていました。

勝との生活は順風満帆でした。

「人生なんて、こんなものなのかもしれない」と忍はその平和な生活を愛します。

帰宅した勝が、忍に似た姿の女性を町で見かけたと言いますが、その日、忍が行ったのはクリーニング屋だけでした。

目が悪い勝も、自分の気のせいだろうと言います。

しかし忍は以来、町ですれ違う人にじろじろと無遠慮な視線を投げかけられるなど、不可解な体験をしました。

ある日、スーパーで買い物をした忍は、偽札を出したと店員に言われます。

奥の事務室に通された忍は、わずか10分前に同じ1万円札を出したと言われました。

目の前には確かに、自分の出した1万円札と同じ番号の札があり、しかも監視カメラでは自分と同じ人物が映っており、驚きます。

スーパーに刑事の加納隆(かのう たかし)が現れ、忍を連れて出ました。釈明をしようとする忍に、加納は「分かっている」と言い、2つの1万円札を見せます。

すると目の前で、片方の1万円札が消えました。忍は驚きます。

加納はどこかへ連絡し、忍を連れていきます。

そこは謎の洋館でした。榊(さかき)と名乗る執事風の男性が案内します。

奥の右の部屋に行くよう指示された忍は、途中、大鏡が貼ってある廊下を歩きました。

加納も忍のあとについて、入ります。

そこにいたのは、洋館の主である中年男性・飯塚誠(いいづか まこと)と、大学生の若い男性・御手洗巧(みたらい たくみ)、中年女性の主婦・門倉真由美(かどくら まゆみ)がいました。

飯塚は忍に、忍の周囲で起きている現象について説明します。

それは『バイロケーション』、通称:バイロケと呼ばれる現象でした。

自分の近くに発生するもう1人の自分ということで、同時両所存在とも呼ばれます。

19世紀初頭から世界各地でその現象が確認され、研究もなされてきました。

似た現象に『ドッペルゲンガー』というのがありますが、ドッペルゲンガーは他者と交流することはありません。

それに対し、バイロケは出現すると現実に肉体を持ち、行動をするのです。オリジナルの人間になりきって振る舞い、他者と会話もします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バイロケーション表裏」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×