映画:パズル(2014年 山田悠介・原作)

「パズル(2014年 山田悠介・原作)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(11件)

パズル(2014年 山田悠介・原作)の紹介:2014年公開の日本映画。山田悠介の小説『パズル』を原作とするが、基本設定のみで原作とストーリーは大きく異なる。

あらすじ動画

パズル(2014年 山田悠介・原作)の主な出演者

中村梓(夏帆)、湯浅茂央(野村周平)、三留刑事(高橋和也)、湯浅ママ(八木さおり)、安田先生(佐々木心音)、高井理事長(大和田獏)

パズル(2014年 山田悠介・原作)のネタバレあらすじ

【起】– パズル(2014年 山田悠介・原作)のあらすじ1

私立徳明館高等学校で、ある日事件が起こりました。

ひまわりのお面(マスク)をかぶって顔を隠した男子生徒4人が安田先生を拉致し、大の字の形に両手足を拘束して家庭科室に監禁します。安田先生は身重の体でした。

マスクの男たちは理事長室に集まった高井理事長、校長、関先生、桜井先生の4名に校内放送でテレビをつけろと指示した後、「3時間以内に(ジグソー)パズルのピースを集めて完成させろ」とテレビ画面越しに言います。

ピースは学校内を走る無数のラジコンカーについていますが、爆弾ラジコンカーも紛れ込んでいました。

校長、関、桜井はピースを集め理事長の写真のパズルを完成させます。理事長は誘拐されました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パズル(2014年 山田悠介・原作)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×