映画:ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2

「ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2の紹介:23年毎に現れ人間を喰う怪物クリーパーの恐怖を描いた「ジーパーズ・クリーパーズ」(2002年公開)の続編で、息子を奪われた牧場主や高校生らとの攻防を描いた2004年公開のホラー映画。前作同様製作総指揮にはフランシス・F・コッポラが参加、監督/脚本はヴィクター・サルヴァ、特殊メイク/造形はブライアン・ペニカス。農場主を「ツイン・ピークス」のレイ・ワイズが演じている。

あらすじ動画

ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2の主な出演者

ジャック・タガート(レイ・ワイズ)、その長男ジャッキー(ルーク・エドワーズ)、次男ビリー(ショウン・フレミング)、ザ・クリーパー(ジョナサン・ブレック)、ダリー(ジャスティン・ロング)、スコット(スコッティ/エリック・ネニンジャー)、D(ディアンドレ/ギャリカイ・ムタンバーワ)、チアリーダー:ロンダ(マリー・デルフィノ)、ミンクシー(ニッキー・エイコックス)、チェルシー(リナ・カードウェル)、バス運転手:ベティ(ダイアン・デラーノ)、コーチ:チャーリー・ハナ(トム・ゴッサム・Jr)、バーンズ(トム・タランティーニ)、イジー(トラビス・シフナー)、ジェイク(ジョシュ・ハモンド)、キンボール(カサン・ブッチャー)、ダンテ(アル・サントス)、バッキー(ビリー・アーロン・ブラウン)、ジョニー(ドリュー・タイラー・ベル)など。

ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①前作の4日後、タガート親子の農場では次男のビリーがクリーパーにさらわれ、翌日キッスル郡東9号線では不可解な事故が多発し、高校のバスケチームとスタッフらを乗せたスクールバスがクリーパーに襲撃され草原で立ち往生する。②前作の事件は”ポホ郡のホラー”として報道され、タガートはクリーパーが残した奇怪なナイフと穿孔機で武器を自作し長男と共にクリーパーを追う。③バスではスタッフが次々とさらわれて消え、生徒だけとなるが、チアリーダーのミンクシーがダリーの警告を傍受しクリーパーの特性が明らかとなる。④生徒たちはバスに立てこもり抵抗するが、クリーパーはバスの車体をも易々と破壊し、一人また一人と喰らっていく…。

【起】– ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2のあらすじ1

ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2のシーン1

画像引用元:YouTube / ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2トレーラー映像

―23年ごとの春、23日間に渡り、それは食べる―

22日目の黄昏時。

トウモロコシ畑でカカシを立てていた少年ビリーは、立てた覚えのないカカシの視線を感じて近づいていきます。逆光でカカシの顔は分らず、足には鋭い爪があり、動いていました。

彼はゾッとして逃げ出しますが、カカシは大きくジャンプして彼を捕まえ、畑の中を全速力で引きずっていきます。

その悲鳴を聞いた父親タガートと兄ジャッキーが懸命に追いますが、カカシは巨大な蝙蝠のような翼を出し、ビリーを掴んで飛び去ってしまいます。

2人は愕然としますが、父親は何か思うところがあるようでした。

23日目の昼間、キッスル郡の東9号線を1台のスクールバスが走っていました。

乗っているのは、ハイスクールの州大会で優勝したバスケチームバンタムズの面々で、チームソングを合唱し、追い越して行ったデカいゴキブリの飾りがついた車にも垂れ幕を見せて盛り上がっていましたが、リーダーのスコットはなぜか最後尾の座席でむくれています。

チアリーダーのミンクシーは、彼の恋人ロンダに「慰めたら?」と言いますが「試合後は女はいらないんだって」と呆れていました。

その時、突然タイヤがパンクし、バスが急停車します。

ざわつく生徒を制して女性ドライバーのベティ、コーチのチャーリー・ハナとバーンズが見に行きますが、タイヤは不気味な手裏剣によって無惨に引き裂かれていました。それは鋭い牙が4本ハンダ付けされたような手裏剣で、中央には生々しい人間の奥歯が埋め込まれていました。

スコットは黒人のD(ディアンドレ)に絡みますが、ラジオに”ポホ郡のホラー”の続報が入り、聴き入ります。

それは4日前、火事で焼け落ちた教会の地下から、無惨な遺体がおよそ300体発見されたというニュースで(前作「ジーパーズ・クリーパーズ」参照)、「遺体は”恐怖の人間タペストリー”のようだった」「何体かは木製の義歯を嵌めていたことから200年前のモノと判明、遺体の様々な部分が欠けていた」と伝えていました。

一方、怪物が現れた場所を調べていたジャッキーは、愛犬マックが嗅いでいた不気味な投げナイフを見つけ、険しい顔で考え事をしていたタガートに見せます。

それは不気味な彫刻が施された投げナイフで、タガートが手にして間もなく勝手に飛んでスタンドに突き刺さります。

彼は、ジャッキーにトラックの荷台に頑丈な土台を作らせ、農機具を熱して叩き、鋭い武器を作っていました。

一方バスではベティとコーチらが手を尽くしていましたが、無線も携帯も繋がらず、生徒たちは思い思いに暇をつぶしていました。

女子たちは木陰で喫煙してハナ・コーチに注意され、連れションに行ったイジーはジェイクに「ダンテの記事が多すぎる。惚れてるんだろ?」と絡まれます。イジーにはゲイの噂があるのです。

また別のグループにいたキンボールは、何かが空を過ぎった事に気づきますが、鳥の群れに驚いて笑われます。

夜になり、バスは東9号線をゆっくり進んでいましたが、ほとんどの生徒がうたた寝する中、ロンダは「俺の出番が少なかった。ハナ・コーチに差別されてる」と怒るスコットをなだめ、スコットは再びDに因縁をつけます。

またミンクシーは、明るいトウモロコシ畑立つ、ヘソにバラのタトゥがある少年(前作の犠牲者ダリー)がいて、何か叫んでいる夢を見ます。

その姿は時折血まみれのビリーに変わり、畑の中からは黒い帽子とコートの不気味な男が走り出し、バスに向かって何かを投げつける夢でしたが、その瞬間、再びバスのタイヤがパンクし急停車します。

生徒たちはざわつきますが、ベティは「発煙筒をたくから生徒たちを外に出して」と指示して無線を入れ、バーンズは生徒らを外へと誘導、ハナ・コーチは発煙筒を持って外に出て、通りがかった老夫婦の車に「ハイウェイ・パトロールに通報してくれ」と頼みます。その車には”俺はバカじゃない、足りないだけさ”のプレートが付いていました。

ベティはタイヤを見に行き、バラのタトゥのヘソがついた手裏剣を見つけて事態の異様さに気づき、生徒をバスに戻しますが、ミンクシーはバラのタトゥの手裏剣を見ずに終わります。

ハナ・コーチは発煙筒を道に並べ始めますが、間もなく悲鳴を上げて空中にさらわれ、発煙筒だけが落ちてきます。

生徒たちは不安に思いながらもバスに戻り、マネージャーのバッキーは無線に張りついていましたが、続けてベティがさらわれます。

外にいたバーンズはドアを開けさせ「何が起こった?!」と聞き、唯一目撃したジェイクに「…飛んでった」と言われます。

スコットはその証言をバカにして揉め、仲裁に入ったバーンズにも文句をつけますが、バーンズはスコットの目の前で黒い鉤爪の足に捕まれ、空へと連れ去られます。

スコットの返り血を見た生徒たちは、慌ててバスの窓を閉め、彼は怯えてキレながら「デカい翼があった…」と話します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ヒューマンキャッチャーJEEPERSCREEPERS2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×