「ヒルズハブアイズ2」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒルズ・ハブ・アイズ2の紹介:2007年公開のアメリカ映画。砂漠で孤立した家族と、体に突然変異を起こした人々との凄惨なバトルを描いた『ヒルズ・ハブ・アイズ』の成功を受けて作られた続編。前作から1年後、食人一家が住む砂漠を舞台に、彼らと米軍部隊との壮絶なバトルが繰り広げられる!

予告動画

ヒルズハブアイズ2の主な出演者

ナポレオン〔ナポリ〕(マイケル・マクミリアン)、アンバー(ジェシカ・ストループ)、ミッシー(ダニエラ・アロンソ)、クランク(ジェイコブ・バルガス)、サージ(フレックス・アレクサンダー)、パパ・ヘイズ(マイケル・ベイリー・スミス)、レディング(ジェフ・コーバー)、デルマー(リー・トンプソン・ヤング)、スピッター(エリック・エデルスタイン)、ストンプ(ベン・クローリー)、ハンセル(デヴィッド・レイノルズ)

ヒルズハブアイズ2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①かねてから多くの行方不明者を出し、2年前に旅行中の家族の一部が生還した事件を受け、政府は監視装置を設置すると決意。その科学者が行方不明に。 ②科学者に荷物を運びに来た新兵訓練隊は、捜索するうちに命を落とす。生き残ったのはナポレオン、アンバー、ミッシーの3人。

【起】- ヒルズハブアイズ2のあらすじ1

臨月の女性がベッドに拘束され、分娩の苦痛に悲鳴をあげます。ずっと監禁されていたらしく、女性の足の爪は異様長く曲がって伸びていました。
子どもを出産した直後、女性は頭部を殴られて殺されます…。
〝2年前、16区と呼ばれる砂漠の軍事地域で、旅行中の家族が失踪、翌日未明には半数が惨殺された(『ヒルズ・ハブ・アイズ』参照)。
続く数週間、陸軍は一体の掃討作戦を敢行。
最近、極秘に監視装置の設置が命令され、その設置作業が開始された…。〟
アメリカ、ニューメキシコ州の砂漠。
1950年代に閉鎖したきりの棟に入り、赤外線探査による監視装置を設置していた現場作業員4人が、何者かに襲われます。
ハンは上半身と下半身を真っ二つにされ、塔の中に入ったウィルソンは襲われ、山頂で赤外線の配線を操作していたフォスターは斧で頭を刺されました。
彼らが無線に応じなくなったことを怪しむレディング大佐も、槍で刺されて崖から突き落とされました…。
…アメリカ、ニューメキシコ州ユマ、米軍訓練試験場。
ミルストーン軍曹の指揮の下、若い男女の兵士が厳しい訓練を受けていました。容赦ない叱責を浴びせられ、射撃の訓練をした後、16区にいる科学者に荷物を届けて帰還することになります。
16区は過去にアメリカ政府が極秘裏に核実験をした場所で、3367平方キロメートルの広大な敷地面積ですが、政府は今もなお核実験の事実を認めていません。
科学者がいるキャンプ地に到着したところ、無人でした。無線にかすかに助けを呼ぶ声が入り、周囲の岩山の一つに、光の反射があります。光は、鏡で合図したものと思われました。
新兵たちは周囲の捜索を命ぜられ、ミルストーン軍曹も散らばって探し始めます。
男性
・ミルストーン軍曹
・ナポレオン
・スピッター
・クランク
・ミッキー
・デルマー
・ストンプ
女性
・ミッシー
・アンバー
軍基地に連絡しなくてもいいのかとナポレオンが指摘しますが、ミルストーン軍曹に生意気だと怒られます。アンバーが無線連絡を指示されましたが、周囲に山があって通じませんでした。
無線が通じるまで使い続けろとアンバーは指示され、ナポレオンはえらそうなことを言った罰として、仮設のトイレに行きたいと主張したにも関わらず「片足でずっとトイレを見張っていろ。トイレ使用は不可」と言い渡されました。

【承】- ヒルズハブアイズ2のあらすじ2

掩蔽壕を探索したミッキーは、中がコウモリだらけで驚きました。古い炭鉱の落とし穴があり、深い穴に落ちて足を挫いたミッキーは、軍曹の命令で基地に戻ります。
基地でトイレの横に立っていたナポレオンですが、便意に耐えかねてトイレに入りました。すると便器から手が出てきて、驚いたナポレオンはトイレから出て、アンバーを連れてトイレを見ます。
中から出て来た男性はウィルソンでした。ウィルソンは「奴らがここにいる」と言うと息絶えます。博士の身体には全身びっしりと浅い切り傷があり、雑菌のあるトイレに入れて感染症を起こさせ、それで死んだのだと思われました。
ウィルソンの遺体を拭いていた2人は、その間に裏手のキャンプ基地のテントが火事になり、武器を奪われます。
アンバーは先遣隊に合流しようと言いますが、ナポレオンはここに留まろうと言います。アンバーが現地人に拉致されそうになり、アンバーは蹴って石で殴ろうとしました。
ちょうど基地に戻ってきたミッキーが銃で現地人の男を撃ったので、男は去りますが、ミッキーが別の穴に引きずり込まれます。アンバーとナポレオンが必死で手を握りますが、ミッキーは連れ去られました。
同じ頃、捜索隊は岩山の上でフォスター博士の遺体を発見していました。頭に刺さっているのは、フォスター博士の国防総省の身分証入りの財布です。
警戒しながら銃を構えて移動した一行ですが、スピッターが上からの投石に驚いてミルストーン軍曹を誤射しました。
追いかけて来たアンバーとナポレオンが合流します。
救護テントに移動しようと言いますが、近道は崖になっています。ロープで降りようとし、軍曹の遺体を背中に結んだスピッターがまず降りますが、スピッターは途中で落下して墜落死しました。
ロープを結んだナポレオンが皆に責められますが、違っていました。ロープは鋭利な刃物で途中から切断されていたのです。
余りのロープもいつの間にか盗まれてなくなっており、一同は崖に近いきつい下り坂を歩いて降りました。しかしそこは行きどまりでした。
別の道を探していると何やら物音がして、音のする方へ行くとレディング大佐がいます。レディング大佐は「イラクの敵よりも恐ろしい。炭坑には奴らがいる」と言いました。
「炭坑を通れば降りられるが、命はない。女は子孫繁栄のために残される」と言ったレディング大佐は、拳銃自殺すると崖から落ちました。

【転】- ヒルズハブアイズ2のあらすじ3

レディング大佐の案を聞き、一同は女性2人をおとりにして現地人をおびきよせ、やっつけようという話になります。
アンバーとミッシーの女性2人でかたまっていると、案の定、先ほどアンバーを襲った男が現れました。近寄って来た男をミッキーの仇討ちにと殺します。
小用を足していたミッシーが顔面が岩のような大男に捕まり、炭坑の中へ連れ去られました。他のメンバーはミッシーを助けに行こうとしますが、ストンプは「降りて応援を呼ぶ」と言い出します。
ナポレオン、クランク、デルマー、アンバーはミッシーを助けに行き、ストンプは1人で別行動を取り、崖をロープなしでおり始めました。
ミッシーを助けに行った残り4人は、炭坑を進む途中でミッシーの携帯を見つけます。さらに炭坑の奥へ進み、鉄の滑り台のような穴を通って下へ移動した4人は、横穴に出ました。
真下には軍曹らの死体があり、先ほど崖からロープをここで切った者がいると一同は思います。
ストンプは上から崖から降りる途中、上から岩を落とされますが、警戒しつつ崖を降ります。ところが途中にあった炭坑に通じる穴のところ(先ほどナポレオンたちが発見した場所)で岩顔の男に腕を掴まれ、左手首をナタで切られて墜落死しました。
水が溜まった場所に出た時に、アンバーが自殺用にと銃弾を1つ抜きます。ナポレオンが注意しますが、アンバーは構わず銃弾をポケットに入れました。
水のあるところに穴があり、クランクとデルマーが落ちました。アンバーとナポレオンは取り残されます。彼らは二手に分かれて行動します。
ミッシーは舌の長い岩顔の男に拘束され、レイプされそうになっていました。舌を噛みちぎり、股間を蹴ります。
ストンプのヘッドバンドを見つけたナポレオンとアンバーは、そのすぐ先にストンプの手首も転がっているのを見つけました。
その時にアンバーが男に連れ去られそうになりますが、アンバーは砂で目つぶしをし、ナポレオンが岩を何度も頭に叩きつけ、男は死にます。
眼鏡をかけた盲目っぽい現地人が来ますが、別の「安全、味方」という現地人がハッチを閉めてナポレオンとアンバーを匿ってくれました。盲目っぽい男はクランクとデルマーに倒されますが、銃は弾切れになります。
クランクとデルマー、ナポレオンとアンバーが合流しました。かくまってくれた現地の男に導かれて行きます。

【結】- ヒルズハブアイズ2のあらすじ4

ミッシーはパパと呼ばれる男にレイプされていました。4人はくじけそうになりながらも、ミッシーを助けに行きます。
途中の道に私物や死体があり、食用らしき人間の死体が吊られているのを見た一同は吐き気を催します。その中にミッキーの死体もあり、ナポレオンはショックを受けました。
先の現地人との戦いで胸と腹を撃たれ、深手を負っていたデルマーが亡くなります。デルマーは負傷したことを隠していました。
ナポレオンとアンバーはミッシーを助けに、一旦戻ります。
クランクは味方の現地人に出口まで案内されましたが、待避壕なので内側からは開きません(外からしか開かない仕組み)。
出口に近いところまで来ながら出られないことに半狂乱のクランクは、やけくそとばかりに光の差す板張りを剥がし、ダイナマイトを見つけました。
運んでいてスイッチを落とし、爆発させてしまいます。クランクと味方っぽい現地人は爆死しますが、爆発の衝撃で先ほどの退避壕の入り口が開きました。
ナポレオンとアンバーはマネキンが座る作戦会議室のような部屋に行きますが、1人はマネキンではなく現地人の変装でした。襲ってきた現地人を、銃剣でアンバーがやっつけます。
奥にパパと呼ばれる男とミッシーを見つけた2人は、ミッシーの携帯の録音音声を流して男を惹きつけ、その間に拘束されたミッシーを救出しました。
ナポレオン、アンバー、ミッシーは逃げようとしますが、「静かすぎる」とナポレオンが警戒します。横からパパが現れ、襲ってきました。アンバーはポケットに残した銃弾をこめ、パパの頭を撃ちますが、致命傷には到りません。
怒ってアンバーを持ちあげて首を絞め始めたパパをナポレオンはヤリで刺し、アンバーは持ちあげられながらも頭の傷をぐりぐりして痛めつけます。
倒れたパパはまだ死なず、アンバーの足首を掴みますが、ミッシーがハンマーで股間を叩き、ナポレオンが銃剣を口の中に刺しました。パパは死にました。
〝訓練生たちの失踪は家族に何の説明もされず、公式には無断離隊者として扱われた。
政府は16区の存在を否定している。〟
外に出たナポレオン、アンバー、ミッシーの赤外線探知映像を眺め、そのノートパソコンの画面を閉じる人物の手が映ります(生き残りの現地人がいそうな余韻を残しつつ終わる)…。

みんなの感想

ライターの感想

『ヒルズ・ハブ・アイズ』第2弾ですが、せっかくアレクサンドル・アジャ監督が作り上げたワールドを、台無しにしちゃった感。
そもそも16区(セクター16)ってなによ!? それっぽい感じの名称にしてるけど、1のあの何とも言えない不気味な印象は、見事なまでに消えてます。
韓国人のハンさんはなぜか日の丸のTシャツ着てますし、炭坑に入ってからのシーンは暗すぎて見えません。
登場人物(犠牲者)多くすればいいってものでもないだろうに…。
…えと、単体で見ればそれなりに楽しめる作品だと思う。『ヒルズ・ハブ・アイズ』の続編だと思って見るから、ついつい辛い採点になってしまうんだよね。
個人的には最後のパパに脳みそぐりぐりのアンバーがツボでした。

映画の感想を投稿する

映画「ヒルズハブアイズ2」の商品はこちら