映画:ビッグフットUMA確認。

「ビッグフットUMA確認。」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

【承】– ビッグフットUMA確認。のあらすじ2

ビッグフットUMA確認。のシーン2

画像引用元:YouTube / ビッグフットUMA確認。トレーラー映像

話を聞いたジェニファーは同情し、犯人は捕まったのかと尋ねます。ダスティンは犯人は人間ではないと断言しました。

不思議がるジェニファーに対し、ダスティンは「父親から森の話を聞いていないのか」と問いかけます。ジェニファーは原住民の言い伝えの話を聞いたことはありますが、化け物がいるなんて言う話は一切信じていませんでした。

しかしダスティンはこの30年間、森に入った人間や動物が惨殺されている事実を伝え、化け物が殺すのは男性のみで女性は攫われているという法則を話します。ダスティンは化け物が人間の女性を利用して、繁殖していると考えていました。

だからこそダスティンは猟銃を持ち歩き、いまだに未解決の事件をなんとかしようとしているのです。彼は森には何かがいると確信しており、この場所から早く去ったほうが良いとジェニファーに警告し、帰っていきました。

深夜、ジェニファーは父から女の子は森に入っていけないと言われる夢を見ました。夢の中に恐ろしい怪物の姿が出てきたことで、彼女はパッと目覚めます。

何か音がしたと思った瞬間、窓に影が張り付き、ジェニファーと隣で一緒に寝ていたマヤは驚きました。

謎の影はマヤの彼氏トミーで、近くで仕事をしていたため別荘に勝手に来たのです。マヤは翌朝には帰らせるからとジェニファーに謝り、その日はトミーも泊まって、みんな寝ることにしました。

その頃、森にてテントに泊まっているカップルがビッグフットに襲われていました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビッグフットUMA確認。」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×