映画:ビーチシャーク

「ビーチシャーク」のネタバレあらすじと結末

ビーチ・シャークの紹介:原題は「SAND SHARKS」です。2011年にアメリカで制作された映画で、サメ映画の金字塔にして名作「ジョーズ」のパロディと思わしきシーンや設定などがいくつか登場するのも本作の特徴です。最大の見所は砂の中を泳ぐサメという独自性のある設定でしょう。この一風変わった設定こそが本作の魅力であり、「マツコ&有吉の怒り新党」という番組の「進化したサメ映画」という特集でも紹介されているほどです。

あらすじ動画

ビーチシャークの主な出演者

ジミー・グリーン(コリン・ネメック)、サンディ・パワーズ(ブルック・ホーガン)、ブレンダ・ストーン(ヴァネッサ・リー・エヴィガン)、ジョン・ストーン(エリック・スコット・ウッズ)

ビーチシャークのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ビーチシャークのあらすじ1

ビーチシャークのシーン1 ホワイトサンドという常夏の島に1人の男がやってきました。彼の名はジミーと言います。ジミーはこの島の町長の息子で、あまりにもバカなことをしまくるため、勘当されていました。
そんなジミーが戻ってきた理由は2つあります。それは島の活性化とギャングへの借金返済でした。
そのために解決策として、ジミーはホワイトサンドの浜辺で、若者をターゲットにしたフェスを開催しようとしていたのです。その旨を父親の町長に伝えたところ、ジミーはオーケーを貰いました。目的を果たすため、ジミーは早速準備を始めます。
その話を傍らで聞いていたホワイトサンドの保安官ジョンと妹で助手のブレンダは、ジミーの提案したフェスがうまくいくだろうかと心配していました。このブレンダはバカ息子のジミーの元カノで、いまだに好意を抱いています。それはジミーも同じでした。

そんな折、浜辺で男性の死体が見つかります。どう見てもサメに食いちぎられた死体でしたが、それはありえないことでした。なぜなら男性の死体が見つかったのは浜辺だからです。サメに襲われるはずのない場所であったため、不審さを感じつつも保安官のジョンと助手のブレンダが捜査に乗り出しました。
何か異変が起きていることは明らかであったため、保安官のジョンは主催者のジミーに対してフェスを中止するように頼みました。
しかしジミーはどうしてもお金儲けがしたかったため、ジョンの警告を無視し、フェスの開催を押し切ろうとします。

【承】- ビーチシャークのあらすじ2

ビーチシャークのシーン2 ホワイトサンドの浜辺で若いカップルが遊んでいました。するとサメに襲われ、彼氏のほうが死んでしまいます。からくも助かった彼女はサメが出たと騒ぎました。
誰も浅瀬にサメが出るわけないと口々に言いましたが、突然砂の中からサメが飛び出してきたのです。カップルの女性は食べられてしまいました。
ジョンとブレンダは捕食の瞬間は見ておらず、ただ誰かが死んだということしか分かりませんでした。砂から飛び出すサメを目撃したジミーはそそくさと逃げます。

保安官のジョンとブレンダは事態の解決に乗り出します。ジョンには妻と子供をサメによって殺された過去がありました。
手始めにジョンはサメの専門家サンディに助けを求めます。島の住人にもサメに気をつけるよう注意喚起をしました。すると住民の1人である漁師が、「あれはビーチ・シャーク」だと言いました。彼は長年ビーチ・シャークを追っているハンターだったのです。ところが誰も砂を泳ぐサメの話など信じませんでした。

ジョンとブレンダ、サンディは調査を進めていきますが、その間もサメによる被害が相次ぎます。
サメの専門家サンディも初めての事態に戸惑っていました。なにせ島で見つかる死体はどれも街中のもので、サメが襲えるわけはないと考えていたからです。
ですがサンディは死体についている歯型はサメのものだと気づいていました。だからこそ余計に戸惑い、ホワイトサンドで一体何が起こっているのか見当もつきませんでした。

【転】- ビーチシャークのあらすじ3

ビーチシャークのシーン3 多くの犠牲者が出ているにも関わらず、ジミーはまだフェスの開催を諦めていませんでした。

そんな折、ビーチ・シャークは電線に噛み付き、停電が発生しました。
ジミーは手下に電線の修理を命じます。そこにジョンとブレンダも駆けつけ、ジミーの手下が停電させたのではないかと勘違いします。
ジョンとジミーの手下たちは揉めに揉めました。そこに町長やジミーもやってきて、揉め事は一段と大きくなります。

その頃、浜辺で調査を進めていたサンディは砂の中を泳ぐサメに遭遇しました。その様子をジョンとブレンダ、ジミーたちも目撃します。
ここに来て、ようやく彼らはビーチ・シャークの存在を認識します。町長はこんなサメがなんだと怒鳴りますが、ビーチ・シャークに襲われてしまい、あっさりと死にます。
騒ぎに気づかず、のんきに修理をしていた男も襲われますが、送電線のショートによる爆発が起こったため、サメも一緒に死んでしまいます。

サメが死んだことで、ジミーは安心してフェスが開けると思っていました。
しかしまだ事件は終わっていなかったのです。サンディはサメの死体を調べ、まだ赤子であると突き止めていました。赤子がいるなら母親もいるはずと、サンディはジョンに告げます。

ジミーはサメが死んだんだから問題ないだろうと勝手な判断でフェスを開催しました。浜辺には多くの若者が集まっています。
このままでは危険かもしれないと、ジョンとブレンダ、サンディも急いでフェスの会場へと向かいます。

【結】- ビーチシャークのあらすじ4

ビーチシャークのシーン2 ジョンたちの予想は当たっていました。フェスの会場に無数のビーチ・シャークが出現したのです。突然の事態に若者は逃げ惑いました。
主催者のジミーも遅まきながら非常事態に気づきます。ジミーとブレンダは共に逃げました。
保安官のジョンは住民を避難させています。ジミーとブレンダの後をビーチ・シャークが追いかけます。ブレンダはがぶりと食われ、ジミーに好きだったと最期の言葉を告げ、息絶えます。

ジョンとジミーは無線で連絡しつつ、ビーチ・シャークをどうするか話し合います。そこへビーチ・シャークハンターの漁師がやってきて、とある作戦を提案します。その作戦とはサメを採石場に誘い、火で砂を溶かしてガラスにし、封じ込めるというものでした。
その準備を始める彼らでしたが、サメを誘い出すためのスピーカーの配線を食いちぎられてしまいます。
ジミーが島の住民を守るため、囮になります。ジミーの周りにサメが集まってきました。四方八方から食われ、ジミーは死んでしまいます。ですがジミーの命がけの活躍のおかげで、漁師の作戦は功を奏し、サメを一掃することに成功しました。

終わったと安堵したのもつかの間、彼らの目の前に大きな背びれが出現し、漁師が食べられてしまいます。
サンディはガスボンベをサメの口に向かって放り投げ、ジョンと共に逃げました。サメは大爆発を起こし、肉片となって散らばります。
こうしてジョンたちとビーチ・シャークの戦いは終わりを告げたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

最初はただのいけ好かない野郎だと思っていたジミーが最後の最後で成長し、島の住民を守るためにサメに立ち向かう姿はかっこよかったです。とはいえジミーがフェスさえ開催しなければ、被害は最小限に抑えられたんですけどね。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ビーチシャーク」の商品はこちら