映画:ファンハウス

「ファンハウス」のネタバレあらすじと結末

ファンハウスの紹介:2015年に公開されたホラー映画です。1981年公開のホラー映画「ファンハウス/恐怖の館」をリメイクした作品となります。殺人鬼たちに襲われる若者たちという内容の映画で、個性的なサイコパスが数多く登場します。さらに本作には「エルム街の悪夢」でフレディ・クルーガー役を務めたロバート・イングランド氏も出演しています。とはいえメインキャストではなく、序盤に登場するだけの端役です。ロバート氏を主役と謳っているところもありますが、実際はそうではないのでご注意ください。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ファンハウスの主な出演者

ケート保安官(スコッティー・トンプソン)、ドイル副保安官(ペン・ペグリー)、モーガン(マット・エンジェル)、ローリー(レニー・ドリアン)、マニュエル・ダイアー(ジェレ・バーンズ)、クイン(キャンディス・デ・ヴィッサー)、ウォルター・ハリス(クリント・ハワード)、ピエロのロッコ(マーズ・クレイン)、ジェフリー・ラムジーズ(E・E・ベル)、ブラッドフォード・ヤング(セバスティアン・シーゲル)、ケーン院長(ロバート・イングランド)

ファンハウスのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ファンハウスのあらすじ1

ファンハウスのシーン1 ハロウィンの日、クインという女性記者がステーツビル精神病院にやってきました。この精神病院には凶悪な犯罪者たちが入院しています。
ケーン院長がクインの案内を買って出ました。人権はどうなっているのかというクインの問いかけに、ケーン院長は人権はないと返します。というのも彼は患者たちに憎悪の感情を抱いていたのです。

ケーン院長は患者をクインに紹介します。
1人目のジェフリー・ラムジーズことアニマル・ザ・カニバルは元コックで、人の肉を客に出していました。
2人目のブラッドフォード・ヤングことイケメン先生は元歯科医で、患者の口に機械を入れて歯をすべて抜いていました。
3人目のウォルター・ハリスこと剥製師は異国風の女をターゲットに選び、殺害後に剥製にしています。
4人目のピエロのロッコは元地下プロレスの選手で相手レスラーを殺害してしまったことを機に、殺人鬼の道を歩んでいます。
そして5人目のマニュエル・ダイアーこと知性のマニーは自称予言師であり、史上最大と言われる集団自殺の首謀者です。

話を聞いていたクインは気分を害し、ケーン院長は休める部屋に案内します。クインはケーン院長に色仕掛けを仕掛け、あろうことか殺してしまいました。
駆けつけてきた警備員も殺し、クインは凶悪な犯罪者たちを外に出します。彼女は知性のマニーとの再会を喜びました。実はクインはマニーの娘だったのです。

【承】- ファンハウスのあらすじ2

ファンハウスのシーン2 飲食店店員のモーガンはハロウィンの日、仕事をしていました。
テレビから「ファンハウス」というマニーの集団自殺をモチーフにした展示場のニュースが流れます。モーガンは同僚らと一緒にファンハウスに向かうことになりました。その同僚の中には、モーガンが惚れているローリーもいます。

精神病院を脱走したクインたちはファンハウスに足を運んでいました。ファンハウスにはマニーの他、アニマルらのブースも存在しています。
何を隠そうこのファンハウスは、マニーとその娘クインが作り上げたものだったのです。ファンハウスのオーナーはクインの操り人形に過ぎず、彼女はステッチ・フェイス・キラーという殺人鬼でした。

ケート保安官はステッチ・フェイス・キラーの事件について調べています。スイッチの被害者たちは皆、口と目を縫われていました。

ボブとロブのDJコンビが仕事のため、ファンハウスにやってきます。ファンハウスにたくさんの客が訪れました。
凶悪な犯罪者たちはすでにスタンバイオーケーです。何も知らない客たちは展示場を見て周り、クインたち殺人鬼に次々と殺されていきました。

モーガン一行はファンハウスに入りました。しかしジェラルドだけは怖がり、1人だけ車で待つことになります。
ジェラルドを除いた6人でファンハウスを楽しみますが、彼らは誰も死体が本物だとは思っていませんでした。
モーガンたちは眼前で堂々と繰り広げられる殺人をショーだと勘違いしています。彼らは2組に分かれ、モーガンはローリーと行動を共にすることになりました。

【転】- ファンハウスのあらすじ3

ファンハウスのシーン3 ドイル副保安官のもとに、ファンハウスから助けを呼ぶ電話がかかってきました。しかしドイル副保安官はイタズラだと思い込み、電話を切ってしまいます。

モーガンたちは再度合流し、輪投げゲームの展示を見ていました。その途中、クリスティーンが化粧直しをするため、1人でトイレに向かいます。そこでクリスティーンはクインに殺害されました。
クリスティーンがなかなか戻ってこないため、モーガンたちは探しに行きます。

ケート保安官はとある事件現場にいました。そこにはメモがあり、1人目と3人目の犠牲者、精神病院と関係があるといった旨の内容が記されています。
部下の1人が、クインという女性記者が精神病院を調査していたという情報を手に入れます。

モーガンたちはクリスティーナの死体を見つけました。彼らはようやく遺体が本物だったと気が付きます。
モーガンたちはファンハウスの外に出ようとしますが、入り口が封鎖されているため出るに出られません。
そのときピエロのロッコが姿を現し、同僚のマイキーとランダルは無残にも殺されてしまいます。

モーガンはフェンスに近づき、そこから外に出ます。ローリーとジェイソンは逃げ遅れました。
ジェイソンが時間を稼ぐため、ピエロのロッコに無謀にも戦いを挑みます。案の定ジェイソンは殺されました。
ローリーは助けを呼んできてとモーガンに伝え、ピエロのロッコから逃げ出します。

その頃、ケート保安官とドイル副保安官が精神病院に到着しました。彼らは数々の死体を見つけます。
ドイル副保安官が電話の件について話をしました。ケート保安官はファンハウスで殺人が起こっているに違いないと感じ、現場へと向かいます。

【結】- ファンハウスのあらすじ4

ファンハウスのシーン2 現場に向かったケート保安官たちは、ファンハウスから逃げてきたモーガンに会います。モーガンから事情を聞いた保安官たちは、ファンハウスに乗り込むことにしました。そこで1人外で待っていたジェラルドが合流しました。

一方のローリーは逃げていた先で、ブラッドフォードに遭遇します。彼女は今まさに殺されそうになっている人を救出し、力を合わせてブラッドフォードを始末しました。

リーダー格である知性のマニーは、仕事で訪れていたDJコンビを殺害します。そこへモーガンたちが駆けつけました。
ケート保安官は驚きをあらわにします。実はケート保安官はマニーの娘で、集団自殺の数少ない生き残りでした。母親はケート保安官の目の前で、マニーに焼き殺されています。

モーガンたちはファンハウスに残っている客を避難させました。ピエロのロッコが襲い掛かってきたため、ドイル副保安官が発砲しますが、外してしまいます。
モーガンも引き金に手をかけますが、ローリーに話しかけられたため、誤った場所を狙ってしまいます。その銃弾は客に被弾しました。
モーガンたちはその場から逃げ出してしまいます。剥製師のウォルターに襲われたドイル副保安官は、敵を返り討ちにしました。

モーガンたちは手分けして殺人鬼を倒すことにします。ローリーとの分かれ際、モーガンは彼女と口付けを交わしました。
モーガンはジェラルドと力を合わせ、アニマル・ザ・カニバルを退治します。時を同じくしてドイル副保安官がピエロのロッコを倒しました。

その頃、ケート保安官は父親のマニーと対峙していました。彼女はマニーを撃ち殺した直後、クインの襲撃を受けます。ローリーに助けられますが、ケート保安官はクインと相打ちになりました。

ついにモーガンたちはファンハウスから脱出します。しかし死んでいなかったピエロのロッコにモーガンは殺害されました。ドイル副保安官が今度こそピエロのロッコを殺します。

救急車にケート保安官が乗せられました。同乗したローリーは、ケート保安官がナイフを取り出したことに気づきます。実はケート保安官ではなく、変装したクインでした。
クインは救急車の乗員に襲い掛かり、そのまま逃げ出します。同じ頃、死んだはずのピエロのロッコが息を吹き返し暴れだしました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

当初はモーガンが主人公だと思っていましたが、最後まで見終わってみると、実はドイル副保安官のほうが主人公なんじゃねと感じました。むしろ個性的な殺人鬼たちのほうに焦点が当たっているというか、やられ役は誰が主人公でもいいのかもしれません。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ファンハウス」の商品はこちら