映画:フレーム危険動画サイト

「フレーム危険動画サイト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

フレーム 危険動画サイトの紹介:2017年製作のスペイン映画。いまや当たり前となった動画配信サービスを題材に、徹底した批判精神と突き抜けた娯楽精神を併せ持つ究極のビジュアル・ショックホラーが登場。『時計じかけのオレンジ』や『ファニーゲーム』を彷彿させる容赦のないビジター・ヴァイオレンスがあなたの目を釘付けにする…!

あらすじ動画

フレーム危険動画サイトの主な出演者

モーリス(ダニエル・ホルヴァース)、侵入者1(アレックス・マルニー)、アレックス(ジョー・マンジョン)、ベア(ジュリア・モリンズ)、トマス(ビール・モントロ)、ハビ(エンリック・オーカー)、サラ(リンダ・カサノヴァ)、クラウディア(クラウディア・ポンズ)、侵入者2(ジョゼ・ガルシア・ルイズ)、フアン・ナバロ(ペップ・サイズ)、マリ・カルメン(メルセ・モンターラ)

フレーム危険動画サイトのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①動画配信サイト・フレームで、閲覧する視聴者の数をかせぎたい若者たちが、殺人の実況中継を始める。アレックスとクラウディア兄妹が参加した送別会に、殺人者の若者たちが乗り込んできた。 ②生きたまま残酷なことをされ、仲間たちは中継される。生き残りはクラウディアだが、トラウマは残ったまま。

【起】– フレーム危険動画サイトのあらすじ1

フレーム危険動画サイトのシーン1

画像引用元:YouTube / フレーム危険動画サイトトレーラー映像

スペイン。

車中で初老男性フアン・ナバロと中年女性秘書が、いちゃいちゃしていました。

女性秘書は人目を気にしています。というのも、フアンが既婚者だからです。

フアンは、今度自分が社長になることを告げて、秘書の気を惹きました。

社長になったらバハマへ連れて行ってやるという話をしていると、フラッシュが焚かれます。

秘書は警戒し、フアンは車のエンジンをかけようとしますが、動きません。

車の周囲に人の気配がするので、フアンは警察に電話をしようとします。

ところが車の窓ガラスを割られ、電話を取り上げられました。

フアンと女性秘書の前に、若者2人が現れます。

若者2人は髪を黄色に染めた侵入者1と、青色に染めた侵入者2でした。

2人とも鼻から下はスカーフで顔を隠しています。

若者2人は録画をしつつ、「ネタをくれ」とフアンに詰め寄りました。

若者たちはフアンの不倫を知っており、その場にフアンの妻マリ・カルメンを呼んでいました。

不倫現場を見せられて、マリは逆上します。

マリは持っていた金属バットで、フアンに殴りかかりました。

それを若者たちは、にやにやしながら録画しています…。

…最近ではスマホひとつあれば、一般人でも簡単に動画を録画できます。

しかもどこからでもライブ動画配信できます。

動画配信サイト〝フレーム〟が、まさしくそうでした。

お手軽に画像をアップロードして、他者に画像を配信できます。

画面の右下には視聴者数が表示され、見ている人の数が分かるようになっています。

しかしそういった世間の流れが、犯罪を助長することも問題視されていました。

フレームという動画サイトで、フアンが妻に殺される、殺害映像がとうとう流れたのも、ひとつの時代の流れだろうと、女性ニュースキャスターは解説します。

(冒頭のシーンのこと)

警察は、投稿された動画をもとに捜査をしていますが、犯人はまだ見つかっていません…。

・侵入者1…黄色い髪の男性。名前は出てこない。(海外のサイトでも「Invasor」=「侵略者(スペイン語)」となっている)。主犯格。

・侵入者2…青い髪の男性。侵入者1が指示を出し、侵入者2とブッバが従っている。

・ブッバ…髪の長い初老男性。人肉を食べる傾向がある。

アレックスは、スペインを出てベルリンへ働きに行く予定でした。

送別会を開いてもらうことになり、アレックスは妹のクラウディアとともに、女友だち・リサの実家へ行きます。

(登場順)

・アレックス…黒髪の若い男性。クラウディアの兄。

・クラウディア…黒髪の若い女性。アレックスの妹。

・ハビ…濃い顔の男性。動画を撮りたがる。

・トム…若い男性。本名はジョナサン。

・ベア…トムの従姉妹。

・モリス…金髪の男性。

・サラ…アレックスの知人女性。

アレックスとクラウディアが屋敷へ行くと、入って最初の部屋に、ソファとテレビがあります。

ソファには男の後頭部が見えました。

ついているテレビを見ているようですが、アレックスとクラウディアには無関心です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フレーム危険動画サイト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×