映画:プレデター

「プレデター」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

プレデターの紹介:1987年公開のアメリカ映画。ジョン・マクティアナンが監督を、アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めた。宇宙からきた食肉獣〝プレデター(「捕食者」という意)〟とコマンドとの死闘を描くアクション映画。

プレデターの主な出演者

アラン・”ダッチ”・シェイファー少佐(アーノルド・シュワルツェネッガー)、ジョージ・ディロン(カール・ウェザース)、アンナ・ゴンザルベス(エルピディア・カリロ)、リック・ホーキンス(シェーン・ブラック)、ホーマー・フィリップス少将(R・G・アームストロング)

プレデターのネタバレあらすじ

【起】– プレデターのあらすじ1

ダッチは元アメリカ陸軍特殊部隊(グリーン・ベレー)でコマンド隊長をしていました。

フィリップス少将に呼ばれたダッチは、ゲリラ部隊に襲われて墜落したヘリに乗っていた3人の政府要人とその側近を救出せよという指令を受けます。作戦にはCIAに所属するかつての戦友・ディロンが同行します。

ほかに、黒人のマック、体格のよいブレイン、インディアンのビリー、ラテン系のポンチョ、アイルランド系のリックの5人が作戦に参加しました。

現地へ飛んだ一行は、ヘリの残骸を発見します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プレデター」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×