映画:プレデターズ エヴォリューション

「プレデターズ エヴォリューション」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

プレデターズ エヴォリューションの紹介:2010年に公開されたフランスのホラー映画です。タイトルに「プレデターズ」とついてはいますが、あの「プレデター」とは一切関係がありません。そもそも原題は「La traque」なので「プレデター」要素は入っていないのです。つまり日本で公開される際、「プレデターズ」とまるでパチモン映画のようなタイトルをつけられたということです。なのでモンスターは出てこず、凶暴化したイノシシが登場する映画となっています。

あらすじ動画

プレデターズ エヴォリューションの主な出演者

ナタン(グレゴワール・コラン)、クレール(ベレニス・ベジョ)、ニコラ(フランソワ・レヴァンタル)、ダヴィッド(ジョゼフ・マレルバ)、エリック(フレッド・ユリス)、マリー(イザベル・ルノー)

プレデターズ エヴォリューションのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- プレデターズ エヴォリューションのあらすじ1

プレデターズ エヴォリューションのシーン1 寝ていたダヴィッドは父親エリックの叫び声を聞き、家の外へ飛び出します。エリックは畑の中で倒れており、肩を負傷していました。
父親に駆け寄ったとき、獣の唸り声が響き渡り、ダヴィッドは見に行きます。鹿たちが通電フェンスに突っ込んでいました。

ダヴィッドはエリックを家に帰し、ナタンに治療を任せます。エリックは数日前から湿疹に悩まされており、ナタンが調べた結果、薬品による火傷の跡だと分かりました。

ルマン社が工場を新設したという記事をエリックの孫のクレールが見ています。そこにナタンがやってきて、クレールとイチャつきました。ナタンはクレールの恋人で、彼女の実家に挨拶に来ていたのです。

クレールの両親が家に帰ってきます。ニコラは妻のマリーに父親のエリックには内緒にしろと命令し、ルマン社のトラブルについて娘のクレールと話し合いました。

ダヴィッドは猟銃を準備しています。鹿を襲ったと思われる大物のイノシシを仕留めるためでした。
ナタンはエリックから狩りに誘われますが断り、クレールの元へ行きました。

ナタンはクレールが書類を持っていることに気付きます。2人は街に引越しをする予定でしたが、仕事に追われているクレールは先延ばしにし続けていました。
ナタンはそんなに仕事や家族が大事かとイラつき、クレールの父ニコラに文句を言うため、狩りに同行することを決めます。
狩りにはナタン、ダヴィッド、エリック、ニコラが行くことになりました。

彼らは小屋に行き、狩りの準備を進めていきます。ナタンはエリックから猟銃を渡されました。

【承】- プレデターズ エヴォリューションのあらすじ2

プレデターズ エヴォリューションのシーン2 ダヴィッドとエリックを先頭に、ナタンはニコラと話をします。ナタンは引越しを半年待つように言われたこと、妊娠していることを伝えました。
しかしニコラは今は時期が悪く、娘のクレールが必要なのだと諭します。実はルマン社の業績は悪化状態にあり、ニコラは父親のエリックには何も伝えていませんでした。
そのことを知り、ナタンはエリックに伝えようとしますが、「そんなことをしたらどうなるか分かるか。娘が許さないぞ」と脅され、口を噤みます。

ナタンたちはイノシシを見つけました。みんなで取り囲み、イノシシを仕留めるという作戦に打って出ます。
しかしナタンは猟銃を撃つことができず、イノシシを取り逃がしてしまいました。ナタンは口々に文句を言われます。

その後、彼らはイノシシの巣穴を見つけ、あぶりだすことにしました。イノシシはもう1つの出口から外に出て、エリックに襲い掛かります。ダヴィッドが仕留めますが、そのイノシシは彼らが探していた大物とは別のものでした。

ナタンがイノシシを確認します。彼はイノシシが木で体をかいたことに気付きました。
ダヴィッドがイノシシには泥浴びをした後、木で体をかく習性があると言います。ナタンは泥をチェックした後、イノシシの体を再度調べました。
彼はエリックの火傷の跡、並びにダヴィッドのかゆみの原因は水源にあるのではと考えていたのです。

ナタンたちは水源地を見に行きました。彼らの目に飛び込んできたのは、水に浮いている魚たちの死骸です・
ナタンはニコラ、マリー、クレールは知っていたに違いないと考えます。彼はマリーに水源地の報告書が届き、その尻拭いをクレールにさせていたのだと推測しました。彼女が持っていた書類は農薬のデータを改ざんしたものだったのです。
ナタンに詰め寄られたニコラは競争に勝つため、家族を守るために改ざんをしたと認めます。その事実を知らされたエリックは小細工は終わりだと息子のニコラを怒鳴りました。
するとダヴィッドが水源地の近くで、動物たちの死体を発見します。その動物たちは汚染された水を飲んだことで死んだのでした。
と、そのとき、突然獣の唸り声が響き渡ります。ナタンたちは猟銃を構え、周囲に目を向けました。

【転】- プレデターズ エヴォリューションのあらすじ3

プレデターズ エヴォリューションのシーン3 ナタンたちが周囲を警戒していたとき、突然真っ暗な闇の中から凶暴なイノシシが襲い掛かってきます。イノシシに捕まり、エリックが引きずられていきました。
ダヴィッドは父親を助けようとしますが時すでに遅く、エリックは死んでしまいます。父親が襲われているとき、ニコラは助けようともせず、1人だけ木の上に避難していました。
ナタンやダヴィッドも木の上に上ります。ダヴィッドは先に逃げたニコラに怒りをあらわにし、殴りかかりました。
抵抗したニコラが蹴りを入れた瞬間、ダヴィッドは落下してしまいます。ナタンはダヴィッドの元に行きますが、首の骨が折れて死んでいました。
突然電話の着信音が鳴り響きます。ナタンはイノシシに襲われたときに落とした電話を取りにいくため、ダヴィッドの死体を囮に使いました。
電話を手に入れたナタンはニコラの元に戻り、ひとまず小屋へと向かいます。

ナタンたちは小屋にたどり着きます。クレールに電話しようとしたとき、イノシシが小屋に突撃して来ました。
ニコラは銃を寄越せと叫び、ナタンが投げ渡します。そのままナタンは床を壊し始めました。
その間にニコラが娘のクレールに電話し、エリックとダヴィッドが死んだことを伝え、早く応援を呼ぶようにと頼みました。
電話を切り、ナタンとニコラは床下に避難します。その際、ナタンは床にガソリンを振りまいていました。
イノシシたちが小屋の中に入ってきます。ナタンたちは床下で息を潜めました。しかしイノシシたちはなかなかガソリンの罠にかかりません。
そこでナタンは自分の手のひらを切り、血の匂いでイノシシを誘い出すことにしました。まんまと誘い出されたイノシシは小屋ごと燃やされます。
床下にいるナタンとニコラは壁を必死で壊し、小屋が全焼する前に外へと脱出することができました。

【結】- プレデターズ エヴォリューションのあらすじ4

プレデターズ エヴォリューションのシーン2 小屋の外に出た瞬間、ナタンはニコラに頭を殴られ、地面に倒れ付しました。ニコラは兄ダヴィッドの殺害を目撃したナタンを始末する気でいたのです。
ニコラは銃を向けますが、弾は出ません。実はナタンは弾の入っていない銃を渡していたのです。つまりナタンはニコラを信用していませんでした。
ナタンは猟銃を構え、ニコラを殺害します。次の瞬間、再びイノシシの唸り声が聞こえました。

ナタンは周囲を警戒しつつ、その場を離れます。そこへクレールとマリーの乗る車がやってきました。
ナタンはすぐに車の元へと向かい、早く逃げるんだと指示をします。何があったのかと聞くクレールらに、彼はニコラが死んだことを伝えました。
マリーは元夫のニコラを心配し、車の外に出てしまいます。その結果、マリーはイノシシに襲われ、死んでしまいました。
イノシシの猛攻は留まることを知らず、ついには車を横転させます。その衝撃で、ナタンは木の枝に体を貫かれました。
クレールはナタンを助けようとします。ですがイノシシに襲われてしまい、危機的状況に陥りました。
愛する恋人を守るため、ナタンは車の外に這いずり出て、なんとかイノシシを倒します。クレールは恋人の元に駆け寄りました。
ナタンはもはや虫の息です。救急車を呼ぼうとしたクレールの目に衝撃的な光景が飛び込んできました。それは父親ニコラの死体です。
ニコラを殺したのがナタンだと気づき、クレールは彼の目の前で電話を切ります。ナタンは帰らぬ人になりました。
たった1人残されたクレールは涙を流します。

みんなの感想

ライターの感想

なんで「プレデターズ」という一文がタイトルについているのか不明です。ただ単に凶暴化したイノシシが襲ってくるだけの話なのに、どこにプレデター要素があるというのか、日本の配給会社は何を思って、こんなタイトルをつけたのでしょう。まったくもって分かりません。
  • らたーさんの感想

    プレデターの意味は捕食者という意味で肉食動物のことをいってるのでは?

  • トレルチさんの感想

    イノシシ…ほっこりするアイテムやなぁ…
    人間どもの醜さよ

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「プレデターズ エヴォリューション」の商品はこちら