映画:ヘルガール

「ヘルガール」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

ヘルガールの紹介:山奥を舞台にしたホラー映画。心霊テレビ番組の撮影班が次々と悪霊に襲われていく。物語のキーマンを「プライベート・ライアン」で知られるトム・サイズモアが演じている。2019年アメリカ製作。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ヘルガールの主な出演者

ジェディダイア(トム・サイズモア)、ローラ(タラ・ウェストウッド)、タイラー(グレッグ・ガステラム)、リンジー(カリントン・ペイン)、ニッキー(ローレン・コンプトン)

ヘルガールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ヘルガールのあらすじ1

物語の舞台は、カリフォルニアの湖に面した田舎町。この町に心霊番組「ゴーストギャング」の撮影隊がやってくることから、物語は始まります。この番組は依頼に基づいて幽霊を倒すというものでしたが、実際のところは合成画像をつなぎ合わせて幽霊をでっち上げる番組でした。

撮影クルーのリーダーはタイラーという女好きの中年男で、その下に5人のクルーがついていました。女性霊能力者のリンジー、歴史学者のエイデン、機械系を担当するスコット、警備を担当する元海軍女性兵士のゾーイ、マーケティングを担当するニッキーと、個性豊かな面々が揃っていました。その中でも、リンジーは幼少時代の記憶を失うほどのトラウマを抱えており、本物の霊能力を持つ女性でした。

今回の依頼人はレイノルズという中年男で、炭鉱時代の幽霊が出没すると主張していました。レイノルズは番組スタッフに高額の報酬を提示したものの、いざ検証を始めようとすると友好的とは言い難い態度をとってきました。その一方で、レイノルズはリンジーには興味を抱き、自分から話しかけてきました。リンジーら撮影隊はこのレイノルズという男に少しの不気味さを感じるのでした。

リンジーに興味を持ったのはレイノルズだけではありませんでした。ローラという中年の美女はリンジーのことを心配し、タイラーにこの町からすぐ出て行くよう脅してくるほどリンジーを気にかけていました。また、リンジーは湖の近くで白い服を着た少女と偶然出会いました。少女はすぐに姿をくらましてしまいましたが、後にその少女はチャリティーという名の行方不明の少女であることが判明します。すぐにリンジーは目撃情報をチャリティーの父親に電話で伝えますが、父親は情報が不確かだと言って一方的に電話を切ってしまいました。

【承】- ヘルガールのあらすじ2

リンジーたちの撮影準備が進む中で迎えたある夜のことでした。ニッキーが一人キャビンで寝ていると、目の前にチャリティーが突然現れました。ニッキーはチャリティーをまったく恐れず、その後について行きました。その先にはレイノルズが待っており、ニッキーはレイノルズが運転する車に乗せられ、行方不明になってしまうのでした。

その翌朝、リンジーたちがニッキーの心配をしていると、エイデンが驚きの情報を持ってきました。調査した結果、この町では過去に未解決殺人事件が起きていたことが判明したのです。しかも、その事件はネット上から完全に消されていました。また、リンジーたちが滞在するキャビンは炭鉱時代には売春宿だったといいます。レイノルズがなぜ番組に依頼を出したのか、その理由がわからずリンジーたちが困惑していると、さらに衝撃的な出来事が起こりました。キャビンのすぐ近くでニッキーの死体が発見されたのです。

スコットが設置していた監視カメラの映像を確認すると、そこには不明瞭な人影がニッキーに襲いかかる姿が映っていました。さらに映像を拡大すると、ニッキーを襲った犯人の顔は骸骨のように見えました。リンジーたちは本物の幽霊に遭遇してしまったことを恐れますが、ニッキーを殺した幽霊を見つけるためロケを続行しました。

そんな中、リンジーは精神が不安定になってしまいます。リンジーは幼い頃この町にいた記憶を思い出し、突然走り出しました。タイラーたちがリンジーを追いかけると、その先にはかつての炭鉱につながる入り口がありました。

その夜、リンジーたちが炭鉱の中に入ると、そこで大量の女性の遺体を発見しました。リンジーたちが炭鉱の中の光景に驚愕している間、地上で待っていたスコットは突然ローラが目の前に現れ、困惑していました。ローラがこの町から去るべきだったと責め立てると、スコットはローラに助けを求めました。しかし、ローラが少し目を離している間にスコットはチャリティーに無残に殺されてしまいました。

【転】- ヘルガールのあらすじ3

炭鉱から地上に戻ったリンジーたちがスコットの行方を探していると、自分たちを詐欺師と批判していた記者のリチャードの死体を発見しました。その場に残っていたリチャードのカメラの映像から、リチャードもまた悪霊に殺された可能性が高いことが判明しました。

その後、チャリティーの画像を解析した結果、チャリティーが成長するとリンジーとほぼ同じ顔立ちになることがわかりました。タイラーたちは一連の不気味な出来事にリンジーが関わっていると考える一方で、リンジーは自暴自棄になり大量の酒を飲んで酔っ払っていました。リンジーは元恋人のタイラーに不平不満をぶつけ、タイラーをキャビンに隣接するプール跡地に突き落としました。すると、突然そこにチャリティーが現れ、タイラーを殺害してしまいます。

ゾーイは仲間を次々と殺すチャリティーに怒りを抱き、すぐにその後を追いかけました。そんなゾーイの前に突然ローラが現れ、次の標的はゾーイだと告げてきました。しかし、ローラの忠告もむなしく、ゾーイはチャリティーに殺されてしまいました。

この異常な事態を前にして、リンジーはエイデンだけロケバスに乗せ、この町から離れるよう指示しました。エイデンが去り、一人ぼっちになったリンジーは幼い頃の記憶を頼りに山奥に行き、穴を掘り始ま目ました。そこには、ローラの棺が埋まっていました。すると、リンジーの前にローラが現れ、リンジー出生の真相を語り出しました。

ローラは炭鉱時代の売春婦であり、ある日一人の男と情事に及びました。その最中、ローラは相手の男が人間ではなく、悪魔であることに気づきました。その相手の男こそが、レイノルズだというのです。レイノルズの本当の名前はジェディダイアといい、人間との間に悪魔の子孫を増やそうとしていました。ローラは自らの命を断つことでその企みを阻止しようとしました。

しかし、ローラの死から7年後、ローラの棺からリンジーとチャリティーの双子の少女が這い出してきました。ローラ自身も幽霊として蘇り、ジェディダイアが他の女との間に子孫を残そうとするのを陰ながら妨害する日々を送りました。

【結】- ヘルガールのあらすじ4

そんなある日、ローラはチャリティーがジェディダイアの邪悪な性格を受け継いでいることに気づき、チャリティーを絞め殺してしまいます。ところが、チャリティーはすぐに悪霊として蘇り、しかも、その力はさらに強大なものになっていました。チャリティーはジェディダイアに付き従うようになり、ローラはリンジーをこの町から脱出させました。チャリティーを味方につけたジェディダイアはその後も子孫を残そうと女性を襲い続けました。ニッキーやゾーイも、その犠牲になっていたのです。

リンジーはローラの語る言葉を淡々と受け入れ、ジェディダイアを倒す方法をともに考えました。その後、リンジーはローラに突然襲いかかりました。驚いたローラはリンジーを殴り倒し、気絶させました。すると、その場にジェディダイアが現れ、気絶したリンジーを運び出しました。

目覚めたとき、リンジーは裸で風呂に入れられ、その傍にはジェディダイアの姿がありました。レイノルズはテレビ番組を観てリンジーが生きていることを知り、嘘の依頼を語って呼び出したことを明かしました。さらに、レイノルズはチャリティーが恐ろしい悪魔だと罵り、リンジーとの間に子どもを作ろうとしていることを明かしました。リンジーはレイノルズの思う通りにはさせまいと、自分の手首をカミソリで切りました。すぐに風呂の湯は赤く染まり、リンジーは息を引き取りました。

ジェディダイアが困り果てていると、ローラがその場に現れました。ジェディダイアはローラの首を絞めて殺そうとしますが、そこに蘇ったリンジーがジェディダイアに襲いかかりました。さらに、チャリティーもそこに加勢しました。チャリティーは父が自分を悪魔呼ばわりしたことを聞いてショックを受け、ローラたちに味方することを決めたのです。こうして、ローラとリンジー、チャリティーの協力により、ジェディダイアは倒されました。

その後、リンジーたちは母子で仲良く暮らすようになりました。それから時が経ち、ニッキーを埋めた墓からは新たな子どもが這い出てきました。ローラとリンジーはその子どもを抱き上げ、チャリティーが待つ家へと帰って行きました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

主人公を始め、綺麗な顔立ちの女優が多数出演しており、B級ホラー映画ながら華やかな映像だったと思います。ただ、トム・サイズモアが演じた悪魔は普通の中年男性のように描いたのは驚かされました。従来の悪魔の描き方と比べると、かなり新鮮に感じられました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ヘルガール」の商品はこちら