映画:ホステル

「ホステル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ホステルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたホラー&スプラッター映画。異国の地でおぞましい犯罪に巻き込まれた観光客の若者たちの運命を、衝撃的な拷問シーンと共に描く。三池崇史監督がチョイ役で出ているのも注目。

ホステルの主な出演者

パクストン(ジェイ・ヘルナンデス)、ジョッシュ(デレク・リチャードソン)、オリー(エイゾール・グジョンソン)、オランダ人ビジネスマン(ヤン・ヴラサーク)、ナターリア(バルバラ・ネデルヤコーヴァ)、スベトラーニャ(ヤナ・カデラブコーヴァ)、カナ(ジェニファー・リム)、ユキ(ケイコ・セイコ)、ヴァーラ(ヤナ・ハヴリコヴァ)、アレックス(ルボミール・バコビイ)、アメリカ人(リック・ホフマン)、三池崇史(三池崇史)

ホステルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①アメリカ人大学生・パクストンとジョッシュは、気ままなヨーロッパ旅行を楽しむ。オリーという男性も加わり3人で女あさりをしていると、アレックスという男性からうってつけの町があると言う。情報を頼りにスロバキアのプラティスラバのホステルへ。噂は本当で、3人は夢のようなひと時を味わう。 ②オリーが、次いでジョッシュが消えた。パクストンはジョッシュを追って廃墟に案内された。そこは殺人を楽しむところで、町ぐるみで経営していた。指2本を失いながらもパクストンは逃げた。

【起】– ホステルのあらすじ1

ホステルのシーン1

画像引用元:YouTube / ホステルトレーラー映像

オランダ、アムステルダム。

ジョッシュとパクストンはアメリカ人の男子大学生です。カリフォルニアから来た2人は気ままなヨーロッパ旅行をしており、途中で意気投合したオリーというアイスランド人の男性が加わって、3人で遊びました。

遊びはもっぱら女性をナンパすることで、大麻もキメていい気分です。

その日も夜遊びをしていた3人は、帰り着いた時にはホステル(ホテル)の門限を過ぎてしまっており、閉め出しを食らいました。外で騒いでいると警察に通報され慌てた3人は、ホステルの窓から呼ぶ男性の部屋まで電信柱でのぼり、ホステルに入れてもらいました。

その男性はアレックスと自己紹介すると、ジョッシュ、パクストン、オリーの3人に旅をしているのかと聞きます。彼らは問われるまま、スイス経由でオランダに入り、これから先はバルセロナに行く予定だと答えました。

ヨーロッパ旅行を「女目当てか?」とアレックスに聞かれたパクストンは「そうだ」と答えます。するとアレックスはいい町があると言いますが、3人はポン引き(売春に顧客を集めるため、路上などで勧誘する行為)かと一瞬警戒します。

ポン引きだとしても「おいしい話」は転がってないだろうと踏んだジョッシュらに対し、アレックスは自分が寝た女性の写真を見せました。

携帯で撮影した画像は、アレックスと女性3人のショットで、女性はみんな美人でナイスバディの持ち主です。

スロバキアのプラティスラバのホステルにいると、アレックスは言いました。そこへ行くと信じられないほどホットな女性たちがおり、アメリカ人が好きなのだと言います。

そこは旅行案内書には載っていない町で、戦争で男が減っていて女が余っている状態だと言われたのが決定打でした。ジョッシュ、パクストン、オリーはそこへ行くことにしました。

翌日、3人はスロバキア行きの列車に乗ります。車中で居眠りするジョッシュの横で、脱毛した尻にマジックで目鼻口を書いたオリーがツーショット写真(?)を求め、パクストンが撮影する悪ふざけをしました。

途中で乗車したオランダ人の中年男性ビジネスマンが、ジョッシュの横に座ります。ビジネスマンはどこに行くのかと3人に聞き、スロバキアと聞いて「金があれば何でもできる町だ。女性は綺麗だし」と言いました。3人の期待は高まります。

ビジネスマンにはサスキアという娘がおり、写真を3人に見せました。オリーが「僕にも6歳になる娘がいる」と言い、独身だと思い込んでいたパクストンとジョッシュは吃驚します。

ビジネスマンは手づかみでチキンサラダを食べ始め、その手は微かに震えていました。食器がないのかとパクストンが聞きますが、そうではなく、手づかみで食べることに意味があるのだとビジネスマンは答えると、「食べるという行為は他の生き物の命を奪っているのだ」と一説ぶちます。

ビジネスマンは最後にジョッシュのふとももを触って去り、ジョッシュはビジネスマンがゲイだったのかと訝り、パクストンとオリーは「サラダハンドに触られた」と茶化しました。

目的地に到着し列車からおりた3人は、タクシーを使ってプラティスラバの町へ行きました。

赤レンガの屋根が並ぶ綺麗な町です。目当てのホステルは豪華な広いロビーでした。オリーは冗談で「夜の帝王」という名で宿泊予約をしていました。

チェックイン時に個室を希望しますが、フロントの女性に「全部相部屋なので、ルームメイトがいる」と言われます。

相部屋は窮屈だと思いながら237号室の部屋へ行くと、なんと若い女性2人との相部屋でした。女性2人は臆面もなく着替えをすると、スパへ行くと言って去ります。

嬉しくなった3人は追うようにスパへ行きました。

同じ部屋の女性はサウナ部分にいました。金髪女性はプラハから来たスベトラニャと名乗り、黒髪の女性はイタリアから来た、両親はロシア人のナターリアと名乗ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホステル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×