「ホワッツ・イン・ザ・シェッド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

2019年製作のアメリカ映画で、上手くいかない高校生活に悩む主人公が、自宅の裏にある「小屋(=シェッド)」に住み着いた「何か」によって、思わぬ惨劇に巻き込まれる・・・という、青春ホラーと言える作品です。悩める高校生たちが、自分達の力で謎の怪物に立ち向かう姿を、鮮烈に描いています。

あらすじ動画

ホワッツ・イン・ザ・シェッドの主な出演者

スタン(ジェイ・ジェイ・ウォーレン)、ドマー(コーディー・コストロー)、ロキシー(ソフィア・ハッポネン)、エリス(ティモシー・ボトムズ)、マーブル(クリス・ペトロフスキ)、ベイン(フランク・ホエーリー)

ホワッツ・イン・ザ・シェッドのネタバレあらすじ

【起】– ホワッツ・イン・ザ・シェッドのあらすじ1

ホワッツ・イン・ザ・シェッドのシーン1

画像引用元:YouTube / ホワッツ・イン・ザ・シェッドトレーラー映像

アメリカのとある田舎町で、森の中を1人の男が、猟銃を手にして逃げ回っていました。その男は、追って来た怪物に襲われ、首に噛みつかれてしまいます。しかしその怪物は、直射日光を浴びて体が崩れ落ち、消え去っていきます。噛みつかれた男も、木陰から手を伸ばすと、日に当たった手が焼けるように痛むことがわかります。

恐らく追って来た怪物は吸血鬼で、自分も吸血鬼になってしまったんだと考えた男は、落ちていたボロ布を被って日光を遮り、森から抜け出します。そして、逃げ出した先にあった木造の小屋(=SHED)に、身を隠すように入って行きます・・・。

場面は変わり、同じ田舎町に住む高校生・スタンは、優しかった両親が死んだ後は素行が悪くなり、高校の教師だけでなく地元の保安官にも、今度何かしでかしたら少年院行だぞと言われていました。スタンは祖父のエリスが保護観察者として同居することで、なんとか少年院行を免れている状態でした。

しかしそのエリスは何かにつけて軍隊時代の話を持ち出し、スタンにも厳しい規律を押しつけ、束縛していました。更に高校へ行けば、マーブルという同級生と対立関係にあり、もめ事を起こしては教師に説教を受ける毎日に、スタンは鬱憤が溜まる一方でした。

スタンは、同じ中学だったロキシーという女子と恋仲だったのですが、高校に入ってからロキシーは、高級車を乗り回すマーブルと付き合うようになり、あげくの果てに捨てられていました。そんなこともあり、スタンと友人のドマーは、マーブルと顔を合わせるごとにいがみあっていました。

家に帰ったスタンは、エリスから芝刈りを命じられ、飼い犬のアイクと共に、道具を取りに家の裏手にある小屋に向かいます。しかし小屋に近づいたとたん、アイクが小屋に向かって吠え始めます。何かと思いながらスタンが小屋に入ると、抜け落ちたような歯が何本も見つかり、そして小屋の中にいた「何者か」に襲われそうになります。

慌てて小屋を逃げ出したスタンは、小屋に泥棒が潜んでいるのだと思い、出てこないと犬をけしかけると脅します。しかし小屋から出て来る気配はなく、スタンはアイクの首に付けていた鎖を外し、実際に小屋に向かって走らせます。すると、小屋の中からアイクの悲鳴が聞こえ、そして切断されたアイクの首が、小屋の外に放り投げられます。

スタンはあまりのことに動揺しながら、犬が殺されたことをエリスに訴えます。エリスもアイクの首を見つけ、アイクを可愛がっていたこともあり、「今日がお前の命日だ!」と小屋の中に飛び込んでいきます。しばらくして、血まみれのエリスが小屋から出てきますが、スタンが助けようとする前に、小屋の中へ引きずりこまれてしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホワッツ・イン・ザ・シェッド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×