映画:マッドダディ

「マッドダディ」のネタバレあらすじと結末

マッド・ダディの紹介:2017年製作のアメリカ映画。「ゴーストライダー2」のブライアン・テイラーがニコラス・ケイジを主演に迎えたスリラー。ある日、親が我が子を殺すニュースがテレビで次々と報じられる。心配して会社を早退したブレントは、2人の子の顔を見た瞬間、正体不明の殺意に突き動かされる…。

あらすじ動画

マッドダディの主な出演者

ブレント・ライアン(ニコラス・ケイジ)、ケンダル・ライアン(セルマ・ブレア)、カーリー・ライアン(アン・ウィンターズ)、ジョシュ・ライアン(ザカリー・アーサー)、デーモン(ロバート・T・カニンガム)、ライリー(オリヴィア・クロチッチア)、タナー(ブリオン・デイヴィス)、ジェンナ(サマンサ・ルモール)、メル(ランス・ヘンリクセン)、専門家(グラント・モリソン)、保護者(ボキーム・ウッドバイン)、メフメト・オズ(メフメト・オズ 本人)

マッドダディのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①平凡で幸福そうなブレントの家族。ある日超常現象が起き、結果、親が子を殺したくなる衝動を抑えられなくなった。 ②ブレント&ケンダル夫婦と、カーリー&ジョシュ姉弟は戦う。祖父母が登場し、子であるブレントを攻撃。両親は捕縛された。

【起】- マッドダディのあらすじ1

マッドダディのシーン1 アメリカ。

中年男性・ブレントは、ごく平凡な家族の父親です。
サラリーマンをするブレントは、2人の子どもを持ち、一軒家で暮らしています。


・ブレント…一家の父。サラリーマン。
・ケンダル…一家の母。専業主婦だが、そろそろ復職したい。
・カーリー…高校生の娘。
・ジョシュ…10代前半の息子。

・スン・イー…中国人女性。ブレントの家を助けるお手伝いさん。
・リサ…スン・イーの娘。


その日の朝も、これといった変化はなく、ブレントの家族たちはそれぞれ、出かける支度に追われています。
テレビニュースでは、「わが子を車に置き去りにしたまま、車を線路上に放置して去った母親」の報道が流れており、それを聞いたケンダルは顔をしかめます。

ブレントは娘のカーリーが、黒人系の彼氏・デイモンと交際しているのが、ちょっぴり許せません。
今日はブレントの両親が家にやってくる日なのですが、カーリーはデイモンと映画デートすると言い出しました。
学校へ送る登校の車中で、母・ケンダルはカーリーと口論になります。
ケンダルは、祖父母と会うために家にいろと言いますが、カーリーは恋人とデートに行きたいと言い、両者ともに譲りませんでした。


ブレントは息子・ジョシュをあやし、出勤の準備を始めました。
ジョシュは家で遊んでいる時に、カラスがついばむ弱った小動物を見つけ、箱に入れて持ち帰ります。
餌を入れた後、ガレージに持って行ったジョシュは、置き場に悩み、父の車のなかに入れようとしました。
そこへブレントが現れます。

ジョシュが箱を隠そうとした父・ブレントの車は、実はブレントにとって非常に思い入れの深い車です。
学生時代にヤンチャした際、父から買い取って修理した車で、愛着があります。
(ヤンチャ…学生時代、運転しつつ女性とイチャイチャしたため、事故を起こして車を駄目にした)
そのために、ジョシュが車をいじっているのを見つけたブレントは、きつめに叱りました。


娘のカーリーを送った後、母・ケンダルはジムへ行きます。
ケンダルと一緒にジムでエクササイズするのは、ママ友です。
カーリーの親友・ライリーの母としゃべっている際、ケンダルは財布の札が減っていると気付きました。
ライリーの母から「子どもが抜いたのだ。わが子でも腹が立つことがある」と指摘され、ケンダルは複雑な顔をします。
ケンダルとしては、子どもを大事に思ってほしいからです。

そこへ電話が入ります。
ケンダルの妹・ジーニーは臨月でした。そのジーニーが産気づいたと聞いて、ケンダルは駆け付けます。

【承】- マッドダディのあらすじ2

マッドダディのシーン2 さて、その日の昼間、不思議なことが起きました。
カーリーたちの学校で、誰も操作していないにもかかわらず、テレビやラジオのスイッチがいきなり入る珍現象が起きたのです。
これは学校だけでなく、他の場所でも起きていました。
そしてこの現象こそが、「親が子を殺したくなる」スイッチを呼び醒ましたのです。


カーリーたちの学校では、授業中なのに生徒の呼び出しが、立て続けに起こり始めました。いずれも保護者が「わが子を呼べ」というものです。
学校の門の外には、保護者が詰めかけていました。パトカーも出動しています。
カーリーたちは怪訝な面持ちで、外を見ました。
そのうちに門をくぐり抜けた男性が、自分の娘を襲います。

同じ頃。
「加害者と被害者が親子である」ニュースが、テレビで盛んに報じられるようになりました。親が子どもを襲う報道です。

カーリーの彼氏・デイモンのほうは、テストを受けて早くに帰宅していました。
デイモンは家にいましたが、自分の父親が豹変し、割れた酒瓶で殴りかかってきます。
驚いたデイモンは父と揉み合いになり、父を殺してしまいました。
デイモンは動揺します。


母・ケンダルは独身時代に勤務していた会社へ、再就職したいと考えていました。
独身の頃、一時はいいムードになりかけた男性タナー・リーに、復職のことを頼みますが、あっさりと断られて落胆します。

その後、妹・ジーニーのお産に付き添ったケンダルは、出産後にテレビや計器類にスノーノイズ表示が出るのを見ました。
その途端、無事に出産したばかりのジーニーが、赤ん坊を殺そうとします。
ケンダルは慌てて、ジーニーから赤ん坊を取り上げました。

何が起きているのか分からない事態が続きます。

ブレントは会社で「親が子を殺し始めた」というニュースを見て、家のことが心配になりました。
その頃になると、一連の殺人行為は「テロか、集団ヒステリーか」と言われるようになっています。
ブレントは急いで帰宅しました。

【転】- マッドダディのあらすじ3

マッドダディのシーン3 カーリーは、恋人のデイモンのところへ行き、デイモンが襲われて自分の父を返り討ちにしたことを知ります。
カーリーはデイモンを連れて、家に帰りました。
玄関に入って最初に目に入ったのは、お手伝いのスン・イーです。
スン・イーは何事もなかったように、床の血だまりをモップで拭いていました。

スン・イーが娘・リサを殺害するところを見たジョシュは、隠れていました。
ジョシュを見つけたカーリーは、一緒に行動しようとします。


そこへ父・ブレントが帰宅しました。
ブレントはそれまで平静でしたが、自分の子どもたちを見た瞬間に豹変します。
わが子たちを見るや否や、ブレントは「殺したい」という衝動を抑えられなくなりました。デイモンを殴り倒すと、ブレントはカーリーとジョシュを追います。
追われたカーリーとジョシュは地下室へ逃げ込みますが、地下室は一変していました。


〔3週間前〕

妻・ケンダルが深夜に地下室へ行くと、地下室は夫・ブレントによってリフォームされていました。
ブレントは地下室の中央にビリヤード台を設置し、自分の趣味と家族の憩いの部屋にしようとしていました。
高額な出費をケンダルが咎めると、ブレントは「家族のために週6日働いて、そんなことを言われるのか」と怒り、ビリヤード台を破壊します。

平凡で幸福な暮らしをしているはずのブレントも、不満を抱えていたのでした。
そしてそれは、妻のケンダルも同じようなものです。


ケンダルも家に帰宅し、子どもたちを襲おうとします。
地下室へたてこもったカーリーとジョシュに、優しく呼びかけながら、ケンダルは電動ノコギリで扉を切断しようとしました。
ブレントは銃を探しに行きますが、ありません。
その銃は、息子のジョシュがイタズラで持ち出していました。
ジョシュは扉越しに、母・ケンダルの左肩に発砲します。


子どもたちを地下室からあぶり出すために、夫婦は一計を案じました。
ガス管に繋いだホースを地下室に送り、子どもたちをガスで苦しませ、あぶりだす作戦です。
発砲した際にできた穴にケンダルが目張りを始めたので、カーリーがガスに気付きました。
しかしなすすべがありません。

【結】- マッドダディのあらすじ4

マッドダディのシーン2 地下室は広いので、夫婦は一度上に戻り、待つつもりでした。
ガスが部屋に充満してきたので、カーリーはジョシュを連れて、逃げる決断をします。
しかしむざむざ出ていくと、両親に攻撃されるのは分かっています。
そこでカーリーはマッチの箱を細工し、ドアを開くとマッチに火がつくようにしました。
カーリーとジョシュは床下の縦穴に移動し、わざと咳をして両親の気を惹きます。

ブレントとケンダルが扉のところへやってきて、ドアを開けました。
扉が開いた瞬間、ブレントは爆発の直撃を受けて、吹き飛びます(死んでいない)。
ケンダルは開いたドアの陰にいたため、直撃は受けませんでした。
ケンダルはハンマーを持ち、カーリーを追いかけ回します。

カーリーとケンダルが戦っているところへ、デイモンが気絶から目覚め、ケンダルを押さえました。
そのままケンダルを、クローゼットに閉じ込めます。
ところがジョシュがやってきて、カーリーとデイモンの気がそれた瞬間、クローゼットからケンダルが飛び出してきました。
ケンダルはハンマーで襲い、デイモンを2階から落とします。

ブレントは吹き飛んだものの、死んではいませんでした。
電動ノコギリを手にしたブレントは、再び子どもたちに向かおうとします。


その時、玄関のドアチャイムが鳴りました。
ブレントの両親が、訪ねてきたのです。

…当然のことですが、ブレントと両親は「親子関係」にあります。
ブレントが玄関扉を開いた瞬間、祖父母がブレントを襲います。
トウガラシスプレーをかけられ、腹をナイフで刺されたブレントは、苦しみました。
その隙にカーリーとジョシュは車に乗り込みます。

ケンダルはブレントの母を襲い、戦いになりました。
カーリーが車を発進させたため、奇しくも祖母を轢いてしまいます。
デイモンがケンダルを殴り、三世代にわたる親子の戦いが展開されました。


…ブレントとケンダルは、カーリーたちに負け、縛りあげられました。
気絶から目覚めた両親は、カーリーとジョシュに助けを乞いますが、カーリー、ジョシュ、デイモンは少し離れた場所から、見ているだけでした。

ケンダルは子どもたちへの愛を訴えます。
ブレントも「愛している」と言いました。
「愛しているが、時々、どうしようもなく…」

(ここで映画は終わり。
最後のひとことが、この映画のメッセージではないか。
愛憎は表裏一体。愛しているけれども、時々どうしようもなく破壊したくなる。
わが子への愛情があってもそれが100%とはかぎらず、時には憎らしくなる。
地下室にビリヤード台を作っていたブレント。
平凡な家族に満足はしているものの、「それ以外にあったかもしれないはずの人生」を望んでしまう。
そういう含みを持たせた内容)

みんなの感想

ライターの感想

えーと、うまいこと短くまとめてます。良作。
超常現象が「なぜ起きたか」というのは、あまり考えなくてよい。
大事なのは映画にこめられたメッセージ。
けっこうびっくりするシーンがあるので、はらはらどきどきさせてくれる。
ニコラス・ケイジが、「急にキレる親父」を熱演してた。
親も、親じゃない時間を持ちたいときがあるよね。
不謹慎なコメントだが「非常に面白かった」。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「マッドダディ」の商品はこちら