映画:マローボーン家の掟

「マローボーン家の掟」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

マローボーン家の掟の紹介:2019年4月12日公開のスペイン&アメリカ合作映画。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のJ・A・バヨナが製作総指揮を務めたサスペンス・スリラー。海沿いの森の中にたたずむ大きな屋敷に引っ越してきた4兄妹が、そこに潜む邪悪な何かによって恐怖にさらされる姿が描かれる。『はじまりへの旅』のジョージ・マッケイをはじめ、米英の新世代スターが多数共演している。

あらすじ動画

マローボーン家の掟の主な出演者

ジャック・マローボーン(ジョージ・マッケイ)、アリー(アニャ・テイラー=ジョイ)、ビリー・マローボーン(チャーリー・ヒートン)、ジェーン・マローボーン(ミア・ゴス)、サム・マローボーン(マシュー・スタッグ)、トム(カイル・ソーラー)、ローズ・マローボーン(ニコラ・ハリソン)、サイモン・フェアバーン(トム・フィッシャー)、モリー(マイラ・キャスリン・ピアース)、医者(ポール・ジェッソン)、モンスター(ロバート・ナイアン)

マローボーン家の掟のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イギリスからアメリカへ移住した一家、母・ローズは病気で他界、長男のジャックは21歳の誕生日まで死を伏せろという約束を守りつつ、ビリー、ジェーン、サムら弟妹を育てていた。屋敷の屋根裏には幽霊がおり、怪奇現象が起きる。 ②ジャックらの父は連続殺人鬼で、脱獄して半年前屋敷を襲い弟妹らを殺害。ジャックは父を屋根裏に閉じ込め、多重人格を発症。アリーはジャックを空想ごと受け入れる。

【起】– マローボーン家の掟のあらすじ1

マローボーン家の掟のシーン1

画像引用元:YouTube / マローボーン家の掟トレーラー映像

1968年、アメリカ。

イギリスに住んでいた母・ローズが、4人の子どもを連れて故郷の田舎町に戻ってきました。

ローズが去った後、30年もの間、時を止めていたお屋敷に、ローズ母子は暮らし始めます。

苗字ももうフェアバーンではなく、マローボーンだと、母は子どもたちに言いました。

お屋敷の門のところには、マローボーンという名前が鉄製の柵に掲げられています。

・ローズ…子どもたちの母親。序盤で病気にて他界する。

・ジャック…4人兄弟のいちばんうえ。長男でスタート時に20歳、映画のクライマックスではもうすぐ21歳になる。映画の主人公的な存在。

・ビリー…次男。10代半ばから後半。すぐかっとなる癖がある。

・ジェーン…長女。10代半ばから後半。弟のサムを可愛がる。

・サム…三男。まだ幼い。

屋敷に入ったローズは、子どもたちに「ここから内側に入ったら、イギリス時代の悩みを忘れて新たな生活を始める」と言い聞かせます。

幼いサムが一番乗りで部屋に入りますが、あとの兄姉は心配そうに「あいつ来ない?」と母に聞きます。

(父については一切触れられず、タブーのような雰囲気がすでに漂っている)

ジャックたちはその田舎で人目を避けて、ひっそりと暮らし始めました。

近く…とはいっても、向かい側の山のてっぺんにお屋敷がある少女・アリーと仲良くなります。

アリーはジャックたち4人兄弟と、すぐに打ち解けました。

アリーはジャックと惹かれあいます。

イギリスからアメリカへの長い旅路に疲れ、やがて母・ローズは病気で寝込みました。

長男・ジャックを病床に呼び、母は話しました。

イギリス紙幣のポンドが大量に入った箱を示した母に、ジャックは「持ってきたのか」と責めます。

(注:金については後述)

母はジャックをなだめて、言い聞かせます。

「21歳になるまで隠れていろ」

21歳というのはジャックが成年となって、法律的にも責任を取れる立場になる年齢です。

ジャックが21歳になるまでは、あと1年弱でした。ジャックは12月23日に、21歳になります。

母はジャックに、21歳になるまで自分の死は外部には伏せておくことや、兄弟が力を合わせて暮らすことを言い、亡くなりました。

4人の兄弟は悲しみに暮れます。

その時、末っ子のサムが窓に銃弾でできた割れ目を見つけます。

植込みの向こう側から、銃を持った何者かが近づいてきていました。

兄弟はパニックになります。

(注:ここで実はとんでもない事態が起きるのだが、それは最後のどんでん返しになるので今は明かさない。後述)

〔6カ月後〕

1969年の7月20日になりました。

ジャックはカレンダーを見ながら、21歳の誕生日を指折りかぞえています。

家は古いので、壁のあちこちが傷んでおり、穴からアライグマが顔を出すこともありました。

きょうだいは「ならず者」と呼び、たまにアライグマに餌をやることもあります。

母の死後、ジャックは家でケーキを作り、町におろして小銭を稼いでいました。

街では、ニール・アームストロングが月面着陸に成功したことが、ラジオニュースで流れています。

その後ジャックは図書館へ行き、司書をするアリーと逢引きをします。

ジャックとアリーは両思いでした。

そこへ弁護士のトム・ポーターがやってきたので、ジャックは隠れます。

ポーターは10歳くらい年下のアリーのことが好きで、アプローチをしていました。

ポーターはアリーに本のプレゼントをすると、大手の弁護士事務所で働くことになったと報告します。

むっとしたジャックは、わざと物音を立てて、いることをアピールしました。

近づいてきたポーターは、ジャックに屋敷の移転の手続き手数料として、200ドルの小切手を要求します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マローボーン家の掟」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ