映画:マンディ地獄のロードウォリアー

「マンディ地獄のロードウォリアー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

マンディ 地獄のロード・ウォリアーの紹介:2017年製作のベルギー映画。ニコラス・ケイジ主演によるリベンジ・アクション。人里離れた場所で、愛する女性マンディと暮らすレッド。だがある日、狂気のカルト集団によって彼女は炎に包まれ惨殺されてしまう。復讐を誓ったレッドは、オリジナルの武器を携え、敵のアジトへ向かうが……。

あらすじ動画

マンディ地獄のロードウォリアーの主な出演者

レッド・ミラー(ニコラス・ケイジ)、マンディ・ブルーム(アンドレア・ライズボロー)、ジェレマイア・サンド(ライナス・ローチ)、ブラザー・スワン(ネッド・デネヒー)、マザー・マルレーネ(オルウェン・フエレ)、ザ・ケミスト(リチャード・ブレイク)、カルザース(ビル・デューク)

マンディ地獄のロードウォリアーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①カルト教団の教祖・ジェレマイアに見初められたマンディは、拒んだために殺された。マンディの夫・レッドは復讐を誓う。 ②教団に協力したブラック・スカルズというバイク集団を血祭りにあげた後、レッドはカルト教団を全滅させた。

【起】– マンディ地獄のロードウォリアーのあらすじ1

マンディ地獄のロードウォリアーのシーン1

画像引用元:YouTube / マンディ地獄のロードウォリアートレーラー映像

〝俺が死んだら

深く埋めてくれ

足元に1対のスピーカーを並べ

俺の頭にヘッドフォンをつけろ

ロックで揺さぶってくれ

俺が死んだらな〟

〔1983年 シャドウ・マウンテンズ〕

レッド・ミラーは愛する女性マンディ・ブルームと2人で、人里離れた湖畔で暮らしていました。

マンディは絵を描き、レッドはマンディを守るようにしています。

2人は何かに傷ついており、寄り添って生きていました。

レッドはマンディを守っていますが、レッドがうなされていた時、マンディも起こしてなだめます。

〔新しき夜明けの子どもたち〕

小さなカルト教団がありました。そのカルト教団の名前は、『新しき夜明けの子どもたち』といいます。

その教団は、ジェレマイア・サンドという男性を教祖として、あがめています。

ある日。

ジェレマイアがマンディを見て「あの女だ」と言います。

マンディこそが自分と教団にとって理想的な女性だと主張したジェレマイアは、老女マザー・マルレーネにそれを告げ、ブラザー・スワンに「彼女を連れて来い」と命じました。

マザー・マルレーネはマンディがいる雑貨店に行って話しかけ、様子を観察します。

ブラザー・スワンはジェレマイアの指示どおり、太った信者のひとりを生贄にし、アブラクの笛を使って悪魔のバイカー集団を呼び寄せて、味方につけました。

レッドとマンディは、寝ているところを襲われました。

目が覚めると、レッドは家の外につながれています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マンディ地獄のロードウォリアー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×