「マンハッタン・ベイビー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

【転】– マンハッタン・ベイビーのあらすじ3

マンハッタン・ベイビーのシーン3

画像引用元:YouTube / マンハッタン・ベイビートレーラー映像

エミリーは、呼んでも返事がないルークが気になり子供部屋に上がってみると、ルークの姿はすでになく、部屋の床は砂に覆われていました。エミリーは帰って来たジョージにこのことを伝えますが、ジョージはルークのことを知っており、タチの悪いイタズラかもと考えます。

次の日、スージーとトミーはジェイミーと公園に遊びに行き、ジェイミーが持っていたポラロイドカメラでスージーを撮影します。しかし取り出した写真には何も映っておらず、ジェイミーは失敗かと思って写真を投げ捨てます。しかしその後、写真には青い目のペンダントだけがくっきりと写り始めます。そしてその写真を、そこに現れた老齢の女性が大事そうに手に取ります。

そしてエミリーが町の中を歩いていると、頭上から女性の声で呼び止められます。女性は「あなたの子供たちに関することよ」と、封筒をエミリーに投げ落とします。それは公園で写真を拾った女性で、女性がいた建物には「マルカート骨董店」という看板が下がっていました。

封筒の中には女性が拾った写真が入っており、「エイドリアン・マルカート」という名前が記されていました。エミリーがそれをジョージに見せると、ジョージはワイアーにも写真を見せ、ワイラーは「少し調べてみる」と写真を預かります。そして子供部屋の床を覆っていた砂は、エジプトのナイル川近辺の砂だという鑑定結果が出ます。

その時頭上からトミーの叫ぶ声が聞こえ、エミリーとジョージは2階へ上がろうとしますが、2階への階段には何かのまじないのように、おもちゃがズラリと並べてありました。そこでジェイミーの姿が見えないことに気付いたエミリーは、どこにいるのかと子供たちに尋ねますが、トミーは「旅行に行って、まだ戻っていない」と意味ありげに笑います。

その夜トミーはベッドで、スージーに「僕は悪くないよ」と話しかけます。それに対しスージーは、「もう寝なさい」とだけ答えます。同じ夜、「青い目の写真」を持ち帰ったワイラーのオフィスに、コブラが現れます。驚くワイラーはそのままコブラに喉元を噛まれ、死亡します。

同じ時、スージーはベッドで天井を見つめて悲鳴をあげていました。そしてスージーの手には、ワイラーに渡したはずの写真が握られていました。すぐ横のベッドにいたトミーは、「スージーは”旅行”へ行くといつも叫ぶんだ。それが、スージーが考えたゲームのルールさ」と、当たり前のように言いだします。

そしてトミーは自分も旅行に行ったことがあると、小さな石像をジョージに見せます。それはエジプトの発掘現場で見た彫像で、「ここにあるはずがない」ものでした。ジョージは、非科学的なことではあるが、写真に書かれた名前が何か手がかりに繋がると考え、マルカート骨董店へ行ってみることにします。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マンハッタン・ベイビー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×