映画:ミックテイラー史上最強の追跡者

「ミックテイラー史上最強の追跡者」のネタバレあらすじと結末

ミック・テイラー 史上最強の追跡者の紹介:2013年に制作されたオーストラリアの映画です。「ウルフクリーク/猟奇殺人谷」の続編に当たる作品で、原題は「ウルフクリーク2」です。とはいえ話自体は独立しているため、前作を見ていなくても問題ありません。本作はオーストラリアのウルフクリーク国立公園で実際に起きた「バックパッカー連続殺人事件」をベースにしています。多少脚色はされていますが、実話をベースにしているため、不気味な話になっています。

あらすじ動画

ミックテイラー史上最強の追跡者の主な出演者

ミック・テイラー(ジョン・ジャラット)、ポール(ライアン・コール)、カタリナ(シャノン・アシュリン)

ミックテイラー史上最強の追跡者のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ミックテイラー史上最強の追跡者のあらすじ1

ミックテイラー史上最強の追跡者のシーン1 オーストラリアでは毎年3万人が行方不明になり、その9割は1ヶ月以内で見つかっています。しかし何割かは行方不明のままでした。

2人組の警察官が点数稼ぎのため、法定速度ギリギリのトラックを追いかけます。トラックの運転手はこっそりとナイフを取り出しました。
警察官に止められ、トラックの運転手が降ります。スピード違反の切符を取られた運転手は、パトカーで走り去る警察官たちを見つめました。
警察官たちが車内でスピード違反していないバカな運転手について話していると、運転してい男の頭が吹き飛びます。
パトカーは事故り、生きていた警察官は車内の外へ這い出ました。トラックの運転手は警察官を捕まえ、ナイフで刺します。
運転手は警察官をパトカーに戻し、ガソリンをかけて、燃やしました。

ヒッチハイクで旅をする2人組の男女ルトガーとカタリナはトラックを見つけ、停まってと合図を送ります。
一旦停まったトラックは男女が近づいた瞬間、走り出しました。2人は別の車を停め、先へと進みます。

2人は気のいいおばさんに助けられ、ウルフ・クリーク遊歩道まで3時間の場所へたどり着きます。
2人は山を登って景色を楽しみ、再びヒッチハイクに臨みました。しかし誰も停まってくれず、2人はテントで休むことにします。
ルトガーが物音に気付きました。テントの外にトラックが停まります。

トラックの運転手は国立公園でキャンプはダメだと言いました。運転手はミックと名乗ります。
ミックは国立公園の管理者に見つかってたら禁固刑になるかもしれないと言い、街まで送ろうかと申し出ます。
ルトガーはミックにうさん臭さを感じ、カタリナに向かって警察に連絡しろと言います。その瞬間、ミックはルトガーを刺し殺し、カタリナを捕まえ犯そうとしますが、まだ生きていた彼氏が殴りかかりました。
しかし結局は返り討ちにされ、首を切られてしまいます。彼氏の無残な姿を見て、カタリナは気を失いました。

【承】- ミックテイラー史上最強の追跡者のあらすじ2

ミックテイラー史上最強の追跡者のシーン2 カタリナは目を覚ましました。ミックが男の死体を切り刻んでいます。その隙を突いて、カタリナは逃げ出しました。
気付いたミックはトラックに乗って、カタリナを探します。ミックはすぐにカタリナを見つけ、追いかけました。カタリナは逃げ続けます。

その頃、1人の男が車を走らせていました。彼は恋人のベッキーから連絡を受けた直後、目の前に女が立っていることに気付きます。
カタリナは男に助けを求めました。男はカタリナを車に乗せ、ワケが分からないまま車を走らせます。ミックが追いかけてきました。
激しいカーチェイスを繰り広げ、男とカタリナは逃げようとします。その結果、ミックのトラックが木に激突しました。
トラックから降りたミックはライフルを構え、カタリナの頭をぶち抜きます。悲鳴を上げつつ、男はミックから逃げることに成功しました。

逃げ切った男は、カタリナの死体を車から降ろします。泣きながら死体を包み、車を走らせた男は車道に出ました。
車がやって来たため助けを求めますが、停まることなく走り去ります。再び車がやって来て、男は両手を振りました。
車は停まります。運転席に乗っていたのはミックでした。ミックに気付いた男は自分の車に戻り、急いでエンジンをかけました。
逃げる男を、ミックが追いかけます。ミックはトラックを何度もぶつけました。
カンガルーの集団が道を横切ります。男は避けますが、ミックは気にせず、カンガルーをひき殺していきます。
距離が空いたと思った瞬間、男の車がパンクしました。ミックがトラックをぶつけます。車は斜面を滑り降りました。
大クラッシュしましたが、男はまだ死んでおらず、「生ぬるい」とミックを挑発します。
トラックが斜面を滑り降り、車と衝突して、大爆発を起こしました。ミックは斜面の上に立っており、男は走って逃げます。

【転】- ミックテイラー史上最強の追跡者のあらすじ3

ミックテイラー史上最強の追跡者のシーン3 男は歩き続けました。太陽の熱にやられ、男は地面に倒れ込みます。彼の目に建物らしき影が飛び込んできました。
男は立ち上がり、建物に近づき、そのまま気を失います。建物から出てきた誰かが、男を家の中に運びました。

目を覚ました男はベッドの上で寝ていました。男は用意されていた服に着替え、部屋の外に出ます。
老夫婦が食事を用意して待っていました。男は電話を貸してほしいと頼みますが、夫はそんなものはないと返します。
老夫婦に促され、男は食卓に着きました。夫はジャック、妻はリルと名乗り、男も自分はポールだと自己紹介します。

ポールが食事を頬張り始めた瞬間、ミックの声が響きました。ミックは「巻き込む気か」と叫びます。
ポールは恐怖しました。その顔を見たジャックが話をつけにいくと言い、ライフルを持って外へ出て行きます。
ジャックは俺の建物から出て行けと、ライフルを撃って、脅しをかけます。ミックは立ち去りました。
ジャックは車があるから、それに乗って逃げるぞと言います。銃弾を取りに行ったジャックは棚が荒らされていることに気付くも、背後に立っていたミックに射殺されました。
銃声を聞いたリルがジャックの元に向かいます。死んでいる夫を見て、リルは逃げようとしました。
そんなリルの背中を、ミックが撃ちます。ミックは這いずるリルに止めを刺しました。
ポールは裏口から外に出て、走り去ります。ミックは繋がれている馬を見て、にやりと笑いました。

ポールは走り続けます。その後を馬に乗ったミックが追いかけました。
夜になり、ポールは草むらに身を潜めます。馬を走らせながら、ミックは草むらをうろつきました。
懐中電灯を顔に当てられ、ポールは見つかってしまいます。ポールは逃げますが、ミックに背中を蹴られてしまいました。
ミックはポールを捕らえます。ポールは気を失いました。

【結】- ミックテイラー史上最強の追跡者のあらすじ4

ミックテイラー史上最強の追跡者のシーン2 ポールはどこかの部屋で目を覚まします。両手両足が椅子に縛り付けられていました。
ミックの声がどこからともなく響きます。彼は「どうしてこんなことになったと思う?」と、ポールを質問攻めにしました。
ポールは「邪魔をするつもりはなかった。助けてくれ」と懇願します。ミックがナイフをちらつかせ、女を連れ去ろうとしたと責めます。
イギリス人特有の冗談はどうしたと言われ、ポールはジョークを披露しました。ミックは面白えヤツだなと笑います。
その直後、ミックは俺の国オーストラリアのことは何も知らないくせにと怒りました。
そのためポールはオーストラリアのジョークを披露し、ミックもまたその冗談に乗ります。
ミックは上機嫌になり、一緒に飲もうと言いました。ポールの右手は自由になり、一緒に乾杯を始めます。

ミックはオーストラリアの歴史クイズに5問正解することができたら、ポールを逃がしてやると言いました。
正解を出し続けたポールでしたが、途中でミックの怒りを買ってしまい、指を切断されます。
ポールはミックの隙を突いて、ハンマーを手に取ります。
するとミックが「実は生きてここから出ることはできない」と暴露しました。最初から逃がす気はなかったのです。
ポールはハンマーを使って、ミックの頭を殴り付けました。
拘束を外して、ポールは逃げます。逃げる途中、偶然にも鍵を発見しますが、結局は捕まってしまいました。

目を覚ましたポールは外にいて、警察官に助けられます。手には「負け犬」というメモが握らされていました。

ポールは観光客を狙った事件の真犯人について証言したにもかかわらず、犯行を疑われ、イギリスに強制送還されて、現在も治療を受け続けています。

みんなの感想

ライターの感想

ミック・テイラーがあまりにも不気味過ぎました。狂気的で、サイコキラーに相応しい人物です。あと最初に出てきたカタリナという女性はなんだったのでしょう。最初彼女が主人公だと思いましたが、すぐに死んだため、ただの殺され役でしかなかったんだなと感じました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ミックテイラー史上最強の追跡者」の商品はこちら