映画:ミューズ悪に堕ちた女神の魂

「ミューズ悪に堕ちた女神の魂」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ミューズ 悪に堕ちた女神の魂の紹介:2017年製作のアイルランド&スペイン&フランス&ベルギー合作映画。『REC/レック』のジャウマ・バラゲロ監督が贈るサスペンスホラー。大学教授のサミュエルは教え子と交際していたが、ある日彼女が自殺してしまう。その後、女性が殺される夢を見るようになった彼は、夢に出て来た人物が犠牲となった事件を知る。

あらすじ動画

ミューズ悪に堕ちた女神の魂の主な出演者

スーザン・ジラルド(フランカ・ポテンテ)、ベルナルド・ラーセン(クリストファー・ロイド)、サミュエル・ソロモン(エリオット・コーワン)、レイチェル(アナ・ウラル)、ジャクリーン(ジョアンヌ・ウォーリー)、ベアトリス(マヌエラ・ベレス)

ミューズ悪に堕ちた女神の魂のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①恋人・ベアトリスに自殺された作家兼大学教授のサミュエルは1年後、見知らぬ女性が死ぬ悪夢を連日見るように。ある日その女性・リディアが実際に殺害され、サミュエルは殺害現場で同じく夢を見た女性・レイチェルと出会う。レイチェルとサミュエルは謎を解くことに。 ②7人の女神(ミューズ)が存在し、うち1人はレイチェル(情熱)だった。サミュエルの恋人・ベアトリスは秘匿という女神、自殺することでサミュエルの身体に隠れていた。レイチェルはサミュエルから秘匿を引き剥がし、サミュエルは女神を一掃した。

【起】– ミューズ悪に堕ちた女神の魂のあらすじ1

ミューズ悪に堕ちた女神の魂のシーン1

画像引用元:YouTube / ミューズ悪に堕ちた女神の魂トレーラー映像

〔ダブリン大学 トリニティカレッジ〕

サミュエル・ソロモンは大学教授ですが、作家でもありました。

大学では詩の講義をするサミュエルは、教え子の女子大学生・ベアトリスと交際しています。

講義の後、ベアトリスを家に招いたサミュエルは、ベアトリスから「愛している?」と聞かれ、永遠の愛を誓いました。

交際して13か月が経過していますので、サミュエルとしては本気のつもりです。

それを聞いたベアトリスは、洗面所に行きました。

シャワーを浴びに行ったものとサミュエルは思いましたが、しばらくして見に行くと、ベアトリスはバスタブで、手首を切って自殺していました。

順調であると思っていた恋人・ベアトリスの自殺に、サミュエルは嘆きます。

(注:ベアトリスの自殺には理由がある。それが分かるのは終盤)

〔1年後〕

恋人を亡くしたサミュエルは、まだ失意の底にありました。

恋人の自殺はサミュエル自身の文筆業に大いに差し支えが生じており、サミュエルは新作を書けずにいます。

この3週間ずっとサミュエルは、妙な悪夢を見て目を覚ますということを繰り返していました。

見知らぬ女性が殺されるという、同じ内容の夢を繰り返し見るのです。

仕事仲間のスーザンはそれを聞き、「どうせだからホラー小説を書け」と、万年筆をプレゼントしました。

サミュエルはそれを皮肉にとらえます。

帰宅後にスーザンから再び電話をもらったサミュエルは、テレビをつけろと言われました。

スーザンに促されてニュースを見たサミュエルは、自分が3週間ずっと夢に見ていた女性が、現実世界で惨殺されたという事件を知り、驚きます。

ニュースでは、女性の死体の周囲には白い輪が描かれており、「典型的な儀式殺人」と警察は目しているとのことでした。

被害者はイタリア人の、リディア・ガレッティという女性です。

スーザンは「予知だ」とサミュエルに言いました。

この不思議な現象に興味を抱いたサミュエルは、後日、被害者のリディアが殺害された現場へ足を運びます。

そこは古い館でした。

現場へ行くと、サミュエルはますます混乱します。それというのも、殺害現場の間取りが夢と同じだからです。

夢の追体験をしたサミュエルは、現場となる場所へ行きました。

そこにあった写真立てを開くと、普通の女性の写真の裏側に、もう1枚写真があるのを見つけます。

それは数人の男性が写った記念写真で、裏面には〝白い輪 1968年〟と書かれていました。

人の気配がしたのでサミュエルは追いかけ、レイチェルという黒髪の女性と知り合います。

なんとレイチェルも夢を見て、この現場にやってきたと言いました。サミュエルと同じです。

レイチェルの方も、サミュエルが悪夢を見たのだと気付きました。

夢の記憶を辿りながら2人で現場を見ていると、「何かがない」とレイチェルが気付きます。

夢では棚の部分に、扉があったのでした。

棚を外して扉を見つけると、奥へ進む通路がありました。サミュエルとレイチェルは進んでみます。

部屋の奥には水槽があり、何かが沈んでいました。

サミュエルが手に取ると、石の球体でした。銘文のようなものが彫られています。

(注:先にネタバレ。石の球体のような物質は「心像(イマーゴ)」と呼ばれることが後に判明するが、説明しやすいので先に名称だけ明かす)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミューズ悪に堕ちた女神の魂」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×