映画:ラストサマー2

「ラストサマー2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

ホラー映画

ラストサマー2の紹介:「ラストサマー」(1997年)の続編で前作で倒されたスリッカーコートの殺人鬼が失った手首をフックの義手に替え、生き残ったカップルに迫るという1998年公開のホラー映画。「CSI:科学捜査班」などTVドラマで知られるダニー・キャノン監督と脚本家トレイ・キャラウェイに加え「トラフィック」の脚本家スティーヴン・ギャガンが参加。主演は前作に続き「待ちきれなくて…」のジェニファー・ラブ・ヒューイット。「シーズ・オール・ザット」のフレディ・プリンゼ・Jr他、「ZOMBIO/死霊のしたたり」などで知られるジェフリー・コムズが出演している。

あらすじ動画

ラストサマー2の主な出演者

ジュリー・ジェームズ(ジェニファー・ラブ・ヒューイット)、レイ・ブロンソン(フレディ・プリンゼ・Jr)、カーラ・ウィルソン(ブランディ)、タイレル・マーティン(タイ/メキ・ファイファー)、ウィル・ベンソン(マシュー・セトル)、殺人鬼ベンジャミン・ウィルス(ベン/ミューズ・ワトソン)、レイの漁師仲間デイブ(ジョン・ホークス)、ホテルスタッフ/マネージャー=ブルックス(ジェフリー・コムズ)、ポーター=エステス(ビル・コッブス)、バーの女=ナンシー(ジェニファー・エスポジート)、プール係タイタス(ジャック・ブラック)など。

ラストサマー2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①前作の1年後、独立記念日間近。大学2年のジュリーは故郷で漁師となったレイと遠距離恋愛中だが、スリッカーコートの殺人鬼=ベンのトラウマに怯えている。②ラジオのクイズでバハマ旅行が当たり、ルームメイトのカーラとその彼氏タイ、ジュリーとレイの代わりの同級生ウィルの4人が向かう。レイはジュリーへのプロポーズのサプライズのため遅れて参加する予定だったが、道中件の殺人鬼に襲われ入院する。③旅行先はバハマの孤島で船以外に渡航手段が無く独立記念日のオフシーズンで他の客はおらず嵐も近づいている。ホテルでは冷遇されるがカーラはジュリーを励まそうと盛り上げる。④島に件の殺人鬼が出没。スタッフを次々と惨殺し、4人にも魔の手が迫る。一方、病院を抜け出したレイは満身創痍のまま陸路でバハマを目指すが、島では殺人鬼はベンだと言い張るジュリーとホテルのスタッフだという仲間が反目し合っていて…。

【起】– ラストサマー2のあらすじ1

ラストサマー2のシーン1

画像引用元:YouTube / ラストサマー2トレーラー映像

田舎の漁師町サウスポートで、高校生最後の7月4日独立記念祭の夜、1人の男を撥ねた事で、その1年後、スリッカーコートに手鉤という殺人鬼に追われ生き延びたカップル、ジュリー・ジェームズとレイ・ブロンソン。

殺人鬼の正体は猟師のベンジャミン・ウィリス(ベン)で、娘を事故死させた婚約者デビットを殺害、その後、ジュリーたちの車に撥ねられ海に沈められた事で若者を憎悪し殺人鬼と化した男でした。

ベンは昨年ジュリーの仲間ヘレンとバリーの他、同級生マックスやヘレンの姉エルサ、警官などを殺害した後、ジュリーを船で連れ去ろうとしてレイに阻まれ海に転落しましたが、発見されたのは千切れた片方の手首だけでした。

1年後。ジュリーはボストンの大学で2年となり、事件の舞台となった漁師町サウスポートで漁師をしているレイと遠距離恋愛の状態です。彼は事件から立ち直っていましたが、ジュリーは未だにスリッカーコートの殺人鬼のトラウマに悩まされています。

寮のルームメイト=カーラ・ウィルソンは、そんな彼女を案じ、ジュリーに気がある優しいクラスメイト=ウィル・ベンソンをプッシュしています。

7月4日間近のある日、ジュリーは授業中、殺人鬼の悪夢を見て悲鳴を上げ退室する事になり、ウィルが心配して後を追いますがやんわりと断ります。

その様子をサウスポートの独立記念祭に誘いに来ていたレイに見られた上「まだ怖いから帰りたくない」と断ってしまい、険悪なまま分かれてとても後悔します。

けれど翌朝、カーラがラジオの視聴者参加クイズで「ブラジルの首都は?」と聞かれ「リオよ!」と答えてバハマ旅行を当て、一緒に行く事に。

カーラは彼氏のタイレル・マーティン(タイ)を、ジュリーはレイを誘おうと港に電話をしますが「一緒に行きたいのは山々だけど、大漁で行けるかどうかわからない」と言われガッカリします。

しかしそれは彼の作戦で、港では漁師仲間のデイブにジュリーに贈る結婚指輪を見せ「旅行のサプライズだ」と嬉しそうに笑っていました。

その夜、レイはデイブの車でボストンへ向かいますが、森の一本道に停まっている車と倒れた男を見つけ、事故だと思ったレイはデイブが止めるのも聞かず救助に向かいます。

しかし倒れていたのはマネキンで、車に残っていたデイブは森から現れたスリッカーコートの殺人鬼に鉤(フック)の手で殺害され、レイは車で追われて谷に転げ落ち、気を失います。

翌朝、ジュリーはギリギリまでレイを待っていましたが、カーラがウィルを呼んでジュリーにあてがい、強引に出発してしまいます。

彼らの目的地、タワーベイ島は豪華ホテルがあるビーチリゾートで、大勢の客でにぎわっていましたが、船でしか行けず、万一の時には沿岸警備隊を呼ぶしか手立てがありません。

また、彼らが到着した日は独立記念日間近でシーズンオフとなるため、客は彼らと入れ違いに帰ってしまい、ホテルのスタッフ数人と彼らだけが取り残される事に。

残ったスタッフは口が達者な世話係ダリックと、デブで大麻の栽培と売買をしているプール係タイタスで、彼らを送ってきた船長は「嵐が近づいてる」と言い、午後6時の最終便で帰ってしまいます。

ホテルにいた中年メイドは彼らを無視し、マネージャーのブルックスは、彼らをあからさまに嫌悪してイヤミを言い、ワケありらしい201と202号室のキーを投げて寄こします。

ただ1人老黒人ポーターのエステスは、「クイズでブラジルの首都はリオと答えてこの旅が当たった」とはしゃぐ彼らに「物知りだな」と感心し、「その部屋は滅多に使わないが、若者には少々贅沢かも」と話していました。

結局201号室にはカーラとタイ、202号室にはジュリーとウィルが泊まる事になり、ウィルは「ソファで寝るから」と笑っていました。

その頃、病院に運ばれたレイは「友人がベン・ウィリスに殺された。ヤツは片手がフックで、BMWに乗ってた」と証言したきりICUで意識を失っていました。

しかし現場には車も死体も無く、刑事や医者に自爆事故では?と疑われたまま、忽然と姿を消します。

夜になり彼らはホテルのバーに繰り出しますが、彼らの他に客はおらず貸切状態でした。またバーテンのナンシーはタトゥのあるイカれた感じの女で、パンチの利いたカクテルを薦め、勝手にカラオケでもしててと投げやりです。

3人はそれでもはしゃいでジュリーに歌わせますが、モニターの歌詞の最後に「去年の夏、まだ覚えているぞ」と出たのを見た彼女は、怯えて部屋に逃げ帰ってしまいます。

部屋には例の脅迫状に似た手紙があり、怯えた彼女はバラの花瓶を持って背後に立ったウィルを突き飛ばしてしまい散々な事に。それは彼のサプライズだったのです。彼女はそれでも微笑む彼に心から申し訳ない気持ちになります。

その時、201号室ではカーラが「ウォール街に就職して金持ちになる!」とハッスル、自慢の水着を披露するためジャグジーに行こうと言い出します。

同じ頃、桟橋でボートを繋いでいたダリックはタイタスに脅かされ、本土のパーティに行こうと誘われますが断り、残って作業を続けるうち、うっかり海に落ちてしまいます。

彼は慌ててタイタスを呼びますが、現れたのはスリッカーコートの殺人鬼で、桟橋に上がろうとしたところを鉤手で殺害されます。

殺人鬼はその後ホテルに侵入、中年メイドを殺害し、死体を空室に隠します。

一方、病院を抜け出したレイは、公衆電話からホテルに電話しますが、誰も出ませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラストサマー2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×