「ラストナイト」のネタバレあらすじと結末の感想

ラスト/ナイトの紹介:2016年製作のイタリア映画。スリルあるシチュエーションで繰り広げられるゾンビホラー。深夜の森で車の中に閉じ込められたホープ。隣の席には見知らぬ女の死体があり、車の周りをゾンビの群れが取り囲んでいた。いったい何がどうなっているのか、彼女は記憶を失くしていて…。

予告動画

ラストナイトの主な出演者

ホープ・ウォルシュ(アイリーン・プランディ)、ドナルド・ドーソン(ショーン・ジェームス・サットン)、クレア・スティーブンス(バレンティーナ・フェランテ)、サム(ゲオ・ジョンソン)

ラストナイトのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①世界中で謎のウイルスが大発生、感染者はゾンビ化。ホープは記憶をなくした状態で車の助手席で拘束されており、何が何だか分からない。電話で事情を聞いて、世界に起きた大感染のことを知る。CDCの職員のホープは解毒剤を完成させたのだが、それ欲しさに誘拐されていた。 ②場所の手がかりは得られず、発症したクレアに噛まれて感染したホープは、発症。

【起】- ラストナイトのあらすじ1

海辺で女性が笑顔で振り返る夢を見て目覚めた女性は、自分が車の助手席に拘束され、口にガムテープを貼られていることに気付きます。
車は森の中の樹木に衝突し、運転席では女性が重傷で倒れていました。クラクションが鳴っていますが、しばらくすると消えます。どうやら交通事故を起こしたようです。
なによりも女性は、自分自身の記憶がありませんでした。
(後で分かるのですが、先に名前を出しておきます。記憶喪失の女性はホープ・ウォルシュで、運転席の女性はクレア・スティーブンスです)
(しゃべっているのは英語なので舞台はアメリカなのだと思うのですが、イタリア映画なので自信がありません。またどの国かはさほど重要ではありません)

後部座席に工具箱を見つけたホープは、あおむけで動いて後部座席に移動し、腕の拘束を解いて口のガムテープを取り、足の拘束も解きました。工具箱の中に、懐中電灯も見つけます。
車を降りたホープは、膝をケガしていることに気付きました。どうやら交通事故の時に痛めたようです。
外は真っ暗で、森の中だということしか分かりませんでした。ケガした足をひきずりつつ進むと、足元に手首が落ちており、驚きます。
血痕が続いており、それを灯りでたどってみると、腐敗した男性の遺体がありました。
恐ろしいと思ったホープは、車へ戻ってエンジンをかけようとします。
その時、運転席の女性・クレアが意識を取り戻すと「あんたのせいで、みんな死ぬはめになった」とホープに言いました。その後、クレアは死にます。
何が起きているのか分からないまま、ホープはパニック状態です。

携帯に着信があり、出ると変な電子音がしました。こちらから911番に電話しても、回線が込み合っているというアナウンスが流れます。
男の声で着信がありました。男性は州兵のジョエル・シェパード軍曹と名乗り、あなたかサム博士に連絡を取れという指示を受けていると話しました。
電話の途中で銃撃が始まり、ジョエルの電話は切れます。
サム博士を履歴から探し、電話してみました。記憶がないことを告げると、車道に出てみろと言われます。
ホープが懐中電灯の灯りを頼りに移動すると、君のライトが見えたというサムの声が聞こえました。近くにいるようです。

【承】- ラストナイトのあらすじ2

サムは左ひざをケガしており、近寄ってきました。
その時サムの背後から、大勢の人間が襲ってきます。
驚いたホープはその男性を信じ切ることができず、サムを車中に入れるのを拒みました。
サムは外で襲われ、大勢の人間たちに食われます。

続いて姉のサラを名乗る女性から電話を受けたホープは、頭を打ったので記憶がないと答えました。
その女性は、あなたはホープ・ウォルシュで私は姉のサラだと言います。サムは夫で、ジョエルという警護の軍曹を捜索のために派遣したいと言いました。
どこにいるのという問いに、ホープは答えられず、電話を切って泣きます。
サムという相手に電話をかけてみると、先ほどの相手にかかったようで、近くから着信音が聞こえました。助けを求めた相手は、サムで間違いなかったのです。信じなかったホープは、悪いことをしたと悔います。
自分が持っていた財布を確認すると、電話のとおり自分はホープ・ウォルシュという博士でした。CDC(疾病予防管理センター)の職員です。
サラに電話をしたホープは、気付いたら縛られていて車に拘束されており、車外には気味の悪い者たちが大勢いて、車から出られないと訴えました。
そこでホープはサラから、恐るべき事態を知らされます。

半年前に、コロンビアで新種のウイルスが発見されました。
そのウイルスは驚異的な速さで、世界中に伝播しました。感染はヨーロッパやアジアを瞬く間に広がります。
ホープやサム、サラはCDCの博士で、ウイルスの特効薬を作るために研究所に詰めていました。そして3日前にやっと解毒剤ができたのです。
しかし市民に知られてしまい、暴動が起きました。ホープは数時間前に市民に誘拐されて拉致され、それで車中にいるのだと知ります。
運転手の名が分かっているのは、捕らえた市民から聞いたのだとサラは言います。
娘のアナが待っていると言われ、ホープは生きて帰ると、やる気を起こしました。
見つけた銃を持っていると、背後から物音がします。

トランクに男性が乗っていました。男性も手錠で拘束されており、ホープは手錠を外します。

【転】- ラストナイトのあらすじ3

男性はドナルド・ドーソンで、この車の持ち主でした。工具箱の中に名刺が入っています。
帰宅途中でクレアに車を奪われ、ドナルドはトランクに入れられたと告げました。
ドナルドを車中に残し、ホープは目印となりそうなものを探しに行きます。
ところが感染者に襲われたホープは、急いで車中に戻ろうとしました。ドナルドが施錠して、開かないようにします。
車の上に避難したホープは絶体絶命のピンチでしたが、たまたまほかの場所で大きな爆発音がしたため、感染者はそちらへ移動しました。
開いているわずかな窓の隙間から手を差し込み、ロック解除したホープは、自分を見捨てたドナルドを殴ります。

再びサラに電話したホープは、ウイルスが体液を通じて感染すると知りました。噛まれたり、引っかかれたりすると要注意です。
ジョエル軍曹から電話をもらったホープは、森の中だと告げました。
電話を切ると助けがくるのかと、ドナルドが質問します。
運転席にいたクレアが発症し、襲いかかってきました。2人で制止しようとして、ドナルドは首を切られて死亡します。
ホープがナイフでクレアにとどめを刺しますが、左腕を噛まれました。肘をしばったホープは腕を切断しようと、のこぎりを手にしますが、できません。
ドナルドの遺体を車外に出したホープは、サラに電話して残された時間を聞きます。
死者の場合は1日以内ですが、生きている者の場合は1時間で発症するそうです。
しかし解毒剤があるはずと言われたホープは、小さな瓶と言われました。クレアにも息子がおり、そのためにクレアは必死になって解毒剤を手に入れようとしたのです。
電話を切ったホープは、探し始めます。

クレアの死体を探ったものの、小瓶はありませんでした。
ルームミラーを見たホープは、すでに自分の左半身の静脈が浮き出ているのを見て、ショックを受けます。
アナから励ましの電話を受けたホープは、やる気を起こしました。クレアの遺体を外へ落とし、銃を手に持って移動すると、サムの遺体のそばに近寄ります。
遺体には感染者が群がり、死肉をむさぼっていました。

【結】- ラストナイトのあらすじ4

ホープは感染者とみなされるのか、今度は襲われることはありませんでした。
サムのポケットからアンプルを見つけたホープは、瓶を割って中身を飲みます。

車に戻ってサラに薬を飲んだと言ったホープは、自分の歯が抜けているのに気付き、本当に薬が効いているのか疑心暗鬼に陥りました。即効性があるのかとサラに聞きます。
新たな疑問もわいていました。
解毒剤を開発したCDCを、なぜ市民が襲わねばならないのかと質問したホープは、驚くべきことを耳にします。

解毒剤はできたのです。しかし大量生産をするには、時間がかかりました。そしてウイルスの拡大は、思ったよりも早いものでした。
政府は、できたウイルスを一部の政府関係者、上層部にのみ配布することを決断します。
そして一般市民には、効かない古い解毒剤を配ったのです。それを知った市民が暴動を起こしたのでした。
効かない古い解毒剤は透明で、効果のある本物の解毒剤は黄色です。
ホープは落胆しました。自分が飲んだのは、透明の(効果のない)解毒剤でした。

ジョエル軍曹に電話をしたホープは、子どもがいるかと質問します。
軍曹には、エドワードとジョンという2人の息子がいました。妻は感染して亡くなったそうです。
「もう来なくていい」とホープはジョエル軍曹に言います。
自分を誘拐したクレアの子どもの消息を聞こうとしましたが、そこで携帯の電池が切れました。
外を見ると、ドナルドが発症しています。
銃を口に咥えて引き金を引きましたが、弾が入っておらず、ホープは自殺できませんでした。

車の外で煙草を吸いながら、ホープはサムのスマホを拾います。
そこには夫と姉、アナとの4ショットの動画がありました。
それを見たホープは、「サムは姉・サラの夫であり、サムとサラの娘がアナ」と知りました。
(電話では記憶をなくしたホープに対して、サラはずっと「ホープとサムが夫婦で、その娘がアナ」というふうに言っていた。その意図は不明だが、よいふうに受け取ると、記憶を失ったホープにやる気を起こすためか)
サムのスマホにサラから着信があり、それを受けたホープは、サムの死を告げます。
電話を切ったホープは、自分の胸に本物の解毒剤が吊られているのに気付きました。しかし今から服用しても間に合いません。

…翌朝。
感染、発症したホープも、他の感染者と共に歩いていました。

みんなの感想

ライターの感想

…ずうっと車中の話でした。いえ、もちろん車外に出るのは出るけど、基本的にずっと車内。
すでにほかのかたも書いてますが「見ててイライラする」。なぜこんな人が博士やれてるのと疑問符だらけ。
目的もなく携帯の電池を消耗するなよ~。もっと考えて行動しようよ~。場所の把握、できないの? 携帯のGPS機能はないの?
車、スターターはダメだったけど、窓の開閉くらいはできるよね、なぜ窓閉めないの? せめてロックくらいは、しようよ。
ゾンビさん、なぜかうろうろしてるだけ~。ちなみに、遅いほうのゾンビです。
…もう、突っ込みどころが満載すぎて、むしろこれを笑い飛ばすべきなのかもしれない(コメディなのかも)と思ったよ。

映画の感想を投稿する

映画「ラストナイト」の商品はこちら