映画:ラプチャー破裂

「ラプチャー破裂」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

ラプチャー -破裂-の紹介:2016年製作のアメリカ映画。「プロメテウス」のノオミ・ラパス主演による異色ホラー。蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネーは、ある日、見知らぬ男たちに拉致され、謎の隔離施設に監禁される。そこでは、被験者にいちばん嫌いなものを与え続けるという拷問のような人体実験が行われていた…。

あらすじ動画

ラプチャー破裂の主な出演者

レネー・マリー・モーガン(ノオミ・ラパス)、スキンヘッドの男(マイケル・チクリス)、テレンス(ピーター・ストーメア)、ダイアン(ケリー・ビシェ)、ドクター・ナイマン(レスリー・マンヴィル)

ラプチャー破裂のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①離婚して息子・エヴァンをひとりで育てる女性・レネーは、エヴァンを元夫に預けた直後、何らかの組織に拉致、監禁される。謎の液体を注入された後、最も苦手なクモを近づけられる。 ②G10-12Xという遺伝子コードを持つ者が恐怖の極限に達するとラプチャー(破裂)し、新人類に生まれ変わる。レネーもラプチャーして変異した。息子・エヴァンも実験予定で、レネーは繁殖に使われる予定。

【起】– ラプチャー破裂のあらすじ1

ラプチャー破裂のシーン1

画像引用元:YouTube / ラプチャー破裂トレーラー映像

アメリカ・ミズーリ州カンザスシティ。

レネー・マリー・モーガンは、離婚してひとりで息子・エヴァンを育てています。

レネーはクモが大嫌いでした。

その日の朝、洗面所で小さなクモを見つけて悲鳴をあげたレネーは、息子のエヴァンにクモを追い出してもらいます。

「殺さず、外へ出して」という母の注文どおり、10歳ほどの息子・エヴァンは外へクモを放します。

朝食の支度をしながら、レネーはカッターナイフをポケットに入れました。電球の接触不良をみるためでしたが、時間がなくてそのままにします。

レネーの家には監視カメラが取り付けられており、レネーとエヴァンの様子が監視されていましたが、レネーもエヴァンも全くそれを知りませんでした。

週末は、エヴァンを元夫のところへ預ける日でした。レネーは元夫のところへエヴァンを連れていきます。

レネーの車の左後輪に、スキンヘッドの男性たちが装置を取りつけましたが、レネーは知りません。

レネーはエヴァンに、週末はスカイダイビングをしてくると言いました。写真を送信すると告げて別れます。

その後、車道を走るレネーの後輪がパンクしました。取りつけた装置を爆発させたからなのですが、レネーは知りません。

通りがかったトラックの運転手が手伝ってもらい、パンク修理をしようとしたレネーは、首筋にスタンガンを当てられて麻痺しました。

トラックの荷台部分から初老女性が出てくると、「痺れは15分でおさまるわ」とレネーに説明します。

トラックの運転手と助手席にいた男たちは、手際よくレネーの口に黒いガムテープを張り、さらに顔にもぐるぐる巻きにしました。

尾行していた車のスキンヘッドの男性は、これまた手際よくパンクを修理すると、レネーの車を代理で運転します。

レネーの車、尾行車、レネーを乗せたトラックの3台が、移動を開始しました。手際がよすぎたため、誰も目撃者はいませんでした。

トラックの荷台で両手を手錠で拘束されたレネーは、道中が長くなるとして、排泄はバケツで済ませるよう言い渡されます。

運搬中は、レネーはひとりきりでした。

着用した服にカッターナイフを忍ばせたことを思い出したレネーは、服をたぐりよせてカッターを取り、靴の中に隠します。

途中休憩の時に、初老女性に水を飲まされますが、そこには睡眠薬が入っていました。女性がそう説明しつつ、「長旅になって疲れるから飲みこめ」と言います。

次にレネーが目覚めると、ストレッチャー様のベッドの上に拘束されていました。首まで固定されています。

隣に同じポーズで拘束された黒人青年が「G10-12Xを忘れるな」とレネーに言いました。その青年はアジア系の男性に連れて行かれます。

レネーは忘れないように「G10-12X」と何度も繰り返しました。

レネーが入れられたところは、何かの研究所のような場所です。

奥には洗面所があり、部屋は無機質の家具もない個室でした。実験器具が並んでいます。

部屋にやってきた黒人男性はレネーに、騒ぐなと注意します。「他の実験体が動揺すると困る」という発言から、なんらかの実験施設だと判明しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラプチャー破裂」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×