映画:リーディングハウス

「リーディングハウス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

【転】– リーディングハウスのあらすじ3

リーディングハウスのシーン3

画像引用元:YouTube / リーディングハウストレーラー映像

夜、ヨセフは図書館の外で待ち伏せしていました。

ソフィーはそれを知りましたが、男子禁制の寮なので入れることはできません。

外は雨が降っていたのですが、ヨセフは濡れたままバス停のところでいます。

気になったソフィーですが、隣のローラの監視の目があり、なかなか動けません。

ソフィーの部屋を見ているだけでなく、壁の絵のところに盗聴器も仕掛けられていました。

しかしローラが居眠りした隙に、ソフィーは盗聴器を外してこっそりヨセフを部屋に入れます。

ヨセフは部屋のトロフィーに興味を示しますが、ソフィーは雨宿りをさせるために泊めます。

途中で電球が切れて、停電が起きました。ヨセフが電気を修理するといいますが、道具がないのでソフィーは制します。

翌日。

ヨセフが電気を修理すると言っていたので、ソフィーはヨセフが姿を現すのではないかと、勤務中もそわそわします。

想像どおり、ヨセフが図書館へやってきました。

ヨセフを見てローラが色仕掛けをしますが、ヨセフは全くなびかず、ソフィーだけを見ていました。

ソフィーは内心、愉快でなりません。

仕事が終わってローラと寮へ戻ったソフィーは、監視するローラのワインに睡眠薬を盛り、寝かせました。

その後、ヨセフを部屋に招きます。

ヨセフが居眠りしたので、ソフィーはひそかに計測しました。

ヨセフはパーティーで、9.75点くらいとれそうです。

(10点満点の評価。ソフィーはラツィアに、8.8点以上の男を連れてこいと言われている)

ヨセフといる時間は、あっという間に過ぎます。

ローラに飲ませた睡眠薬が切れると思ったソフィーは、ヨセフとまだ一緒にいたいので、部屋に忍び込み薬をまた飲ませようとします。

そのときに、部屋にハナの飼っていた鳩がいるのを見つけたソフィーは、ハナからの伝言を受け取ります。

ハナは「よく星を見たところへ来て」と書いていました。

ヨセフとの逢瀬は楽しいですが、親友のハナも大事なので、ソフィーはヨセフに薬を盛って眠らせると、ハナに会いに行きます。

その場所へ行くと、ハナが待っていました。

ハナはハイムという恋人ができており、ハイムと一緒に逃げたいと考えています。

航空券を買う逃亡資金を得たいと言って、ハナはソフィーに指輪を渡しました。

ソフィーは分かったと言います。

帰宅したソフィーは、ソファで眠っているヨセフにくっついて寝ました。

翌朝、ソフィーはうっかり寝坊をし、ローラに声をかけられます。

慌てたソフィーですが、ヨセフは機転を利かせて部屋に隠れていました。

ローラが怪しんで部屋を捜索しますが、誰も見つからないので、ソフィーはほっとします。

ヨセフはそのまま部屋に残りました。

ソフィーとローラはそのまま出勤し、残ったヨセフは部屋を物色します。

私物をチェックしたヨセフは、ソフィーが、男性と写っている大量のポラロイド写真を見つけました。

男性はみなちがう人で、文学クラブの入り口で撮影したものです。

ヨセフはそれを持ち、どこかへ電話をして「調べてくれ」と言っています。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リーディングハウス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×