「レストストップデッドアヘッド」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

レストストップ デッドアヘッドの紹介:2006年のパニック・スリラー映画。休憩所に立ち寄ったカップルが、トラックに乗った殺人鬼に襲われる恐怖を描いた作品。レストストップシリーズの1作目。監督・脚本・制作総指揮はテレビドラマ等で制作に携わっているジョン・シャイバン。音楽は「10 クローバーフィールド・レーン」のべアー・マクレアリー。主演は「カイルXY」のジェイミー・アレクサンダー。

予告動画

レストストップデッドアヘッドの主な出演者

ニコール(ジェイミー・アレクサンダー)、ジェス(ジョーイ・メンディシーノ)、デアコン(ジョセフ・ローレンス)、トレイシー(ディアンナ・ルッソ)

レストストップデッドアヘッドのネタバレあらすじ

【起】- レストストップデッドアヘッドのあらすじ1

ニコールは、恋人のジェスと一緒に家出をします。あれこれ親に指図されるのが嫌になったのです。目指すはロサンゼルスです。道中、盛り上がった二人は木陰で愛し合います。
ジェスのいとこの家に住む予定でしたが、家族が病気になって住むところに困ります。ジェスが探すと言い出しますが、ニコールは不機嫌になります。
更に道に迷ってしまって、ニコールはトイレに行きたくなります。探していると黄色いトラックが逆走してきて、危うく事故になりかけます。
その後、ジェスがレストストップ(休憩所)を見つけて車を停止します。周りに人の気配はなく、トイレの汚さは凄まじいものでした。ニコールは我慢をして用を足すことにします。
トイレの壁には、様々な落書きがされていました。トイレから出ると、ジェスがいなくなっていました。
途方に暮れるニコールは、公衆電話を見つけます。しかし、壊れていました。その横には、多数の行方不明者の張り紙がされていました。
近くにキャンピングカーが止まっていて、呼びかけて見ます。しかし、反応はありませんでした。
すると、黄色いトラックがやってきて、ニコールを轢こうとしてきます。ニコールはトイレに逃げ込みます。

【承】- レストストップデッドアヘッドのあらすじ2

トイレの落書きには、トラックのナンバーが書かれていました。他にもトラックに殺されそうになった人がいたのです。
ニコールは、休憩所にある小さな小屋に侵入します。無線機があったので助けを呼びますが、反応はありませんでした。
引き出しを開けると、お菓子と酒がありました。酒を飲みながら、テレビの電源をつけます。するとニコールとジェスが愛し合った映像が流れます。
無線機から応答が返ってきて、ニコールは警察に連絡を頼みます。その相手の男性は、ジェスと同じ名前でした。実はこの男性は、トラックに乗った殺人鬼なのです。
物音がしたので、外に出るとジェスの車が戻ってきていました。助手席には血が大量についていました。
そこにトラックがやってきて激突してきます。キャンピングカーが動き出したので、ニコールは乗せてもらいます。
キャンピングカーに乗っている家族は、意味不明な事を連呼していて会話になりません。後ろの席から声が聞こえて来て、ニコールはジェスだと思って入ります。
しかしジェスではなく、その一家の子でした。見られたくなかった家族は、ニコールを休憩所に降ろしてしまいます。

【転】- レストストップデッドアヘッドのあらすじ3

ニコールは、再びトイレに逃げ込みます。壁を剥がすと、何十年も前にもトラックの事が書かれていました。この殺人鬼は長い間、このようなことを続けているのです。
トイレの用具室から、女性の声が聞こえてきます。トレイシーとい女性が、殺人鬼から逃げてきたのです。
彼女は拷問されていて、しばらく喋って血を吐きます。ニコールが助けようとすると、彼女は消えてしまっていました。
殺人鬼がドアを開けようとしてくるので、ニコールは開かないように必死に塞ぎます。しばらくして、ニコールは行方不明者の張り紙を見に行きます。
そこには、だいぶ昔の1971年に行方不明となっているトレイシーの張り紙がありました。
一人の警察官がやってきて、ニコールは助けを求めます。小屋に待機していると、殺人鬼がやってきて、警察官が尋問しに行きます。
証拠が無いため、捕まえれません。その事をニコールに伝えていると、警察官は轢かれてしまいます。何度も轢かれて、両足を潰されてしまいます。
ニコールは警察官をトイレまで引きずって立て籠もります。すると殺人鬼が、外からトイレの鍵を閉めてしまいます。
ニコールが開けようとしてると、殺人鬼は彼女の指を食いちぎります。再び立て籠もって、警察官はニコールに銃を渡します。

【結】- レストストップデッドアヘッドのあらすじ4

ニコールは、ドア越しに殺人鬼を撃ちます。すると出窓から、ビデオカメラを投げ込んできます。
カメラの映像には、ジェスが拷問されて舌を切られている場面が映っていました。そして、殺人鬼はトイレにガソリンを流し込んできます。
ニコールは屋根に繋がる扉を開けて、逃げようとします。警察官は無理なため、銃で殺してくれと頼んできます。
口に向けて発砲した後、警察官はトレイシーと同じように消えてしまいます。ニコールは屋根から逃げ出して、トイレが大爆発します。
殺人鬼のトラックが追ってきて、ニコールは逃げます。トラックが止まって、中から殺人鬼が出てきます。
ニコールが隙をついて殴り殺します。しかしそれは、殺人鬼の帽子や服を着たジェスでした。ニコールは泣き崩れます。
朝になり、ニコールはジェスの車からガソリンを抜き取ります。瓶につめて、火炎瓶ににします。
殺人鬼がやってきて、トラックに向けて火炎瓶を投げつけます。倒したと思いますが、後ろには殺人鬼が立っていました。
トイレは新しく建て替えられて、ある女性がトイレに行きます。用具室から声が聞こえて来て、保安官を呼びます。
しかし、中には誰もいませんでした。その後、用具室の中から血まみれのニコールが助けを求めて来てエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ニコールが殺人鬼を倒したと思ったら、後ろに殺人鬼が立っていた場面です。このシーンには体がビクッとなってしまいました。
また、トイレの汚さが恐怖を掻き立てている作品でもあります。このトイレで用を足すには、かなりの勇気がいるほどの荒れっぷりです。日本のトイレの綺麗さの素晴らしさが分かる場面でもあります。
グロい場面も中々あります。トレイシーとジェスの拷問のシーンには目を背けてしまいました。ドリルで体に穴を開けたり、舌を切る場面は直視できませんでした。
最後まで見終わって、休憩所に立ち寄るのが怖くなってしまいました。トレイシーや警察官、ニコールは幽霊になってしまったのかと色々と考えさせられる映画でもあります。ニコールがどうなったのか気になって、続編も見たくなる作品です。

映画の感想を投稿する

映画「レストストップデッドアヘッド」の商品はこちら